« エリックミールスのCPとカーランの出来に吃驚 | トップページ | ナタラジの菜食で週明け »

2011年10月23日 (日)

カーランが旨スギ

日曜の朝は、進々堂のパン「醍醐味」に、カーランとサンバルを添えました。

Pa230359 このカーラン、我ながら、良い出来映え。食事用ヨーグルトですね。ミールスにこれがあると嬉しいんですけどね。

今回のパオバジは、メークインを使いましたが、これにはやはりホクホクした男爵の方が合うかも。ねっとり系が好みならメークインでしょうか。

このあと、昨夜作った、ポークビンダルーをつまみ食い。グンドゥチリのおかげで、サンバル同様激辛です。

昼は、久しぶりに出かけず。休む時間も必要かと思い、神戸行きは来週以降の楽しみに。

Pa230362_2 やってみたかったポークビンダルー丼。激辛仕立てで濃厚なビンダルーベースが、丼にぴったり。食後はバナナとパパイヤのカーラン。口直しにもぴったりでした。

夜は、三度豆のポリヤルを作り、ちょっとしたミールス。

Pa230367 これにラッサム、チャトニーあたりがあればバランスの良いミールスになるのでしょう。やはりカーランがポイントです。酸っぱく、果実味もあり、辛み、塩気もあるけどまろやかでクリーミーなシチューは、虜になりそう。

カーランをインターネットで調べてみると、祭りの時に作るとか、通常一種類の具で作るなどと出てきました。インド料理って、同じ料理でも、様々な言語で表現されるなどして、呼び方が異なるし、作り手により定義が変わり、ややこしく、かつ面白い。調べたり、人に聞く度に、新たな発見がありますね。

来週末は実質休みがないので、今週は努めてスローペースで過ごしたいと思います。

|
|

« エリックミールスのCPとカーランの出来に吃驚 | トップページ | ナタラジの菜食で週明け »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/53060683

この記事へのトラックバック一覧です: カーランが旨スギ:

« エリックミールスのCPとカーランの出来に吃驚 | トップページ | ナタラジの菜食で週明け »