« 2011年9月インド旅行6日目【シンガポール→成田】 | トップページ | 更新は週末以降かな »

2011年10月 5日 (水)

帰国後

帰国後、体調最悪で苦しい日々が続いています。

まともに食事も出来ず、ブログネタもないのですが、旅行の振り返りをしてみようと思います。

(反省点など)

・短期間で2都市を廻るのはキツい。

→欲張らず1都市滞在にする。それでスーツケース持参も可能になり、ホテルライフも楽しめる。無理なく食べ歩きができ楽しめる。

・日本発着の便の機内食は特別食をオーダーしておく。

→ベジ、ノンベジのみならず選択肢が限りなく多く、しかも大体特別食は他の客より早めに提供される。特にベジは日本でも食する機会が少ないので試してみたい。

・ホテルはレストランが多そうなエリアを選ぶ。

→チェンナイなどの大都会の場合、徒歩での移動には限界がある。慣れない土地での移動は予想以上に時間がかかり、体力の消耗も激しい。チェンナイでは、できれば朝食を摂ったり、何かと便利な「SARAVANA BHAVAN」が徒歩圏内にあるホテルが望ましい。

・スーパー「ニルギリ」は便利。

→交渉せず、ゆっくり選べ、袋入りの商品(スパイス)が手に入る。日用品の殆どが揃い、生鮮食料品も入手できる。おみやげを探すのにも適している。

・チェンナイは気候が厳しく、ケララの方が過ごしやすい。

→大陸東岸はやはり気候が厳しい。チェンナイは蒸し暑く、空気も悪いし、道路もあまりよくないので街歩きがしにくい。一方、ティルヴァナンタプラムは朝夕は涼しく過ごしやすかった。もう少し北のアレッピー、コーチン、ゴアなど、ムンバイ以南の都市、大都市では、デカン高原にあるハイデラバードもいいかもしれない。(それでもまたチェンナイに行きたい!)

・SQが最適だとは思わないが、やはりインドへはSQが便利。

→全く問題はなく、親切にしていただいたのだが、Yクラスのシートピッチは予想以上に狭かった。Cクラスの座席もあまり魅力を感じなかった。人気のある航空会社であり搭乗率が高いのもややマイナス点かも。ただし、サービスは、白ワインにドイツワインが選べること、アイスクリームのサービス、厚手のブランケットなど、Yクラスのクオリティを超えている。

 また、SQは、インドの大都市にはSQ、中小都市には子会社MIが就航しており、他社に比べて現地到着時間が早く、乗り継ぎ時間も短いので便利である。乗り換えにシンガポール・チャンギ空港を利用できるメリットもある。

|

« 2011年9月インド旅行6日目【シンガポール→成田】 | トップページ | 更新は週末以降かな »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰国後:

« 2011年9月インド旅行6日目【シンガポール→成田】 | トップページ | 更新は週末以降かな »