« サンマの造り | トップページ | ダル・プローン »

2011年9月17日 (土)

インド家庭料理の世界を満喫

今日は、インド家庭料理Vanamさんのランチを、W氏、M氏と奈良市神功のプティカフェさんでいただいてきました。

Nec_04101 食事前後に、店主さん、Vanamさんともお話でき、本日昼の短いひとときではありますが、濃密かつ嬉しい体験になりました。これもW氏のおかげ、感謝、感激!です。香取薫大先生、万歳~!

Nec_0405_convert_20110917172232 真ん中上の中カトリから時計回りに、ココナッツ風味のキーマカレー、ジャルムーリ(パフライス入りサラダ)、サブジ(万願寺唐と里芋)、クミンライス、パーラッパム(米粉のココナッツパン)、ライムのチャツネ、スパイスピクルス、ベイガンバラタ、真ん中がグリーンチャツネ。

P9170118_convert_20110917172015 全てがあっさりしていて、スパイシーというより、素材のやさしい自然な風味がとっても豊かに感じられ、さわやか千万!う~ん、これは素晴らしいターリー、いや、私が今まで食べたインド料理で一番おいしかったかも。

パーラッパムはもっちりしていて、しつこくなく、仄かに香るココナッツの風味が素晴らしかったです。

サブジは、里芋のぬめりがいい按配に、しっとりとした食感を醸しだし、それが絶妙の加減。

ピクルスには、ビーツも使われ,ほんのり赤く染まっていて、塩気も少なく、野菜のおいしさ再発見という感じ。

キーマは、ココナッツミルクではなく、敢えてココナッツファインを使ったようで、確かにクリーミー過ぎず、キーマの食感維持にも役立っていそう。

そして、ベイガンバラタは、ぽてっと言うより、むしろあっさりした食感、そして結構辛めで、このコントラストに目から鱗が落ちるほどでした。

グリーンチャツネは、コリアンダーの香りが、とってもきっちり引き出されており、パクチー好きにはたまらない一品。少しざらっとした食感が残っているのもなおよし。このコリアンダー、奈良の農家さんが栽培したもので、根がとっても大きかったようです。

Nec_0406_convert_20110917172248 食後のチャイと焼菓子。ほっこりきます。おいしい食事のあとのおいしいお茶は格別です。

P9170123_convert_20110917172037 こちらは、ファーブルトン、ガトー・オ・フィグというプティカフェさんでテイクアウトした焼菓子。どちらも、気持ちフワッとした食べ心地が、焼菓子なのに固くない、とっても心地よい、私好みのもの。

プティカフェさんの店頭には、焼菓子が結構豊富に揃っており、これは要チェックかもしれません。ただ、私としては、焼菓子は敵、太る素であるところが悩ましいところ。

|
|

« サンマの造り | トップページ | ダル・プローン »

イベント・食事会・料理教室」カテゴリの記事

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/52755752

この記事へのトラックバック一覧です: インド家庭料理の世界を満喫:

« サンマの造り | トップページ | ダル・プローン »