« アショカでローガンジョシュ | トップページ | サンバー、ラッサム、ライタ、アチャール、豆乳チャイを自作 »

2011年8月13日 (土)

キーママタール

今日のランチは、大阪・福島の亜州食堂チョウクさんへ。

Nec_0288_convert_20110813200500 お目当ては、お盆スペシャルの南インドのノンベジミールス。それに、ずっと気になっていたチリエッグをプラス。チキン、エビにはココナッツミルクが入り、ラッサムはさっぱり。ライスにはダルのカレーがかかり、ライタ、ポリヤル、アチャール、フライドパパドも添えられ、少量多種で楽しめ、私にぴったり。

チョウクさんの料理は、オイリーでなく、どの品も安心して食べられる、ホッとするおいしさが感じられます。家庭料理という感じなんです。変な細工がないので、後味が良く飽きません。

今日はお盆で、いつもどおり盛況でした。スペシャルメニュー以外にも、通常メニューも提供され、よく夫婦だけでやっているなと感心しきりでした。

食事の後は、福島から難波まで、酷暑の中、ウォーキングを敢行。バテたら地下鉄に潜り込もうと思っていたところ、思いの外体調が良く、湊町まで歩きました。

P8134291_convert_20110813195920 途中、靱公園南のタケウチに立ち寄り。いつもなら売り切れて閉店している時間帯だと思い、お盆の営業を確かめようとしたところ、何と開いてました。しかもほぼ商品が揃っているという奇跡的な状況。それで、買う必要のないパンをこんなに。しかも私が好きな太る素・ブリオッシュ系がずらり。

タルト、スコーン、紅茶(角)、栗(楕円)、カボチャ(丸)のブリオッシュの計5点を購入。これはひどすぎます。ウォーキングの成果が台無しになりそう。ムスリーヌがあれば完璧でしたが、それは手に入らず。タケウチはダイエットの敵ですな。でも買い続けます。はい。

帰宅後は、冷蔵庫にカレーのストックがなくなったので、料理をすることに。

渡辺先生のヨーグルトチキンカレーにしようかさんざん悩んだ結果、谷四・宝石さんになかなか入店できず、また、ずっと作りたいと思っていたので、キーマカレーを作ることにしました。レシピは最近よくお世話になっているナイル善己氏のもの。

P8134275_convert_20110813195214 カルダモン、クローブ、シナモン。月桂樹は、ス・マガザンのもので、レシピ外。

P8134276_convert_20110813195320 青唐、しょうがとにんにくの千切りを炒めていきます。

P8134277_convert_20110813195355 たまねぎのみじん切りを根気強く炒め終わったところ。

P8134278_convert_20110813195447 トマト、ヨーグルトを加え、水分を飛ばしてペースト状にしていく途中。

P8134281_convert_20110813195604 ペースト状になったら、パウダースパイスを投入。コリアンダーがやや多めです。

P8134283_convert_20110813195630 パウダースパイスを入れて炒めると、水分を吸収し、こんな状態に。

P8134284_convert_20110813195725 牛ひき肉を加えて炒め、水、塩、グリーンピースを加えて、煮立てて、弱火で煮込みます。その後、生クリーム、カルダモンパウダーを加えてさらに煮込みます。

P8134286_convert_20110813195752 出来上がり。キーママタールの完成!

P8134289_convert_20110813195817 キーマの上には大阪産・紫たまねぎを乗せ、自作のにんじんのアチャールを添えて、バスマティライスでいただきました。

何となく、「宝石」さんぽいキーマカレーになったような気が。キーマは、カルダモンのさわやかな風味が、酷暑で疲れた身体を癒してくれそうな雰囲気の味に仕上がりました。

明日は、今日買った、「ナタラジ」さんのレシピで、サンバー(サンバル)あたりを作ろうかと思案中。

|
|

« アショカでローガンジョシュ | トップページ | サンバー、ラッサム、ライタ、アチャール、豆乳チャイを自作 »

インド料理」カテゴリの記事

パン・スイーツ」カテゴリの記事

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/52466048

この記事へのトラックバック一覧です: キーママタール:

« アショカでローガンジョシュ | トップページ | サンバー、ラッサム、ライタ、アチャール、豆乳チャイを自作 »