« サンバルのハシゴ、比内地鶏カレーを自作 | トップページ | ビアガーデン »

2011年8月21日 (日)

レシピ本のお手本を求めてナタラジへ

今日のお昼は、自然派インド料理・ナタラジ。レシピ本を購入したけど、ナタラジの料理は結構調理技術、タイミングなどが難しいと感じております。

Nec_0338_convert_20110821194851 サンバー。表現が著しく困難な旨さ。トマトの酸味が巧みに使われているという感じです。

Nec_0340_convert_20110821194907 ベイガンブルタと玄米。焼きナスとトマトのリッチで濃厚な、という説明書きどおりの味。ナタラジさんでは辛い部類の一品。ちょうどよい辛さでした。これは自分でも是非ってみたいけど、難しそう。

もう一品、タンドゥーリミルチという、ピーマンの肉詰めのグルテンミート版をタンドールで焼いたおいしそうなものを頼もうとしましたが、腹八分を超えて断念。次回は基本のベジタブルカレーと共に注文する予定としました。

やはりナタラジさんのカレーは高度です。肉なしで勝負している訳ですから。お値段は安くないですが、足を運ぶ価値、注文して見る価値は多大。平日のカレービュッフェに一度行ってみたいものです。

P8214335_convert_20110821194941 夜は、チキンのヨーグルトカレー。比内地鶏はやはりお肉がしっかりしています。ちょっとカレーには贅沢すぎるかも。あっさりした鶏肉のイメージでは全くありません。唐揚げで食べたらどんな感じになるんだろう?ちょっと調べてみようと思います。

それで、現在、インドのアイスクリーム、クルフィを製造中。出来上がりが楽しみです。

|
|

« サンバルのハシゴ、比内地鶏カレーを自作 | トップページ | ビアガーデン »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/52532797

この記事へのトラックバック一覧です: レシピ本のお手本を求めてナタラジへ:

« サンバルのハシゴ、比内地鶏カレーを自作 | トップページ | ビアガーデン »