« コザンブがタミル風に? | トップページ | 南北インド混合ターリー »

2011年8月 6日 (土)

ビア・チャンを10年ぶり?にラッパ飲み

今日のお昼は、いつものお店に。

Nec_0262_convert_20110806020633 カレイのバター焼き、ポテトサラダは久しぶり。汁気のないこの2品と筑前煮に対し、小松菜のお浸し、味噌汁が大切なのです。

夜は、南船場・タマダーに。撮影中でしたが、入店可とのことで、奥の席におじゃましました。

Nec_0263_convert_20110806021452 カオラートゲーンの置き場の撮影だったので、飲み物をいただき暫し待機。基本的に酒を飲まない人になった私ですが、今日は超ムカツクことの連続だったので、ビア・チャンをラッパ飲み。ヤケ酒ですな。

ちなみに酒に弱い私は、前回いただいたリオ(LEO)の方が飲みやすいかも。シンハは濃厚で、豪華ディナーに合う感じ。チャンは中間かな。タマダーさんでいただくには、ライトなリオが一番かも。逆にシンハをチビチビってのもいいかも。

あと、東南アジアのビールで忘れられないのが、ラオスのビア・ラオ。リオと同じく軽くて、雑味が少ないんです。暑い国ではこの手のビールを冷房の効いていないところ飲むのが一番おいしいかも。

そう考えると、またリオを飲みたくなりました。濃厚なイメージのあるシンハに慣れている人は、タイでライトなビール、リオを飲むと、えらい安っぽいビールやな~と感じるかもしれません。それでも、リオならガンガン飲めそう。そう言えば、チャンが勢いづき始めた頃は、シンハに比べて飲みやすいと思いましたね。ノーン・カイで20本ほど飲んだことがあったことを思い出しました。

今は小瓶で酔えるようになった私。安くつく人になれて幸せです。

Nec_0264_convert_20110806021517 最初のぶっかけ飯は、ラープ、ナス、カニ。肉、野菜、魚介です。意外にも、ナスがヤムウーセンぽい風味で美味!カニも手でパリパリやりましたぞ。手が汚れようが関係ねぇわ!旨い!

Nec_0265_convert_20110806021530 今日は撮影があるとのことで、準備中という麺コーナーがお店の入口のところに設置されていました。太麺と細麺があり、たまさん(昨日タイからご帰国!)のオススメは細麺。そう、私もそう思っていたのです。で、私、栄誉ある注文第1号となりました!!

シンプルに見えますが、意外と凝った作りです。平たい油条(揚げパン)ぽいもの、魚のつみれのスライス、豚肉、サニーレタス、そして欠かせないもやしが入っています。

そして、例の調味料セット!これが運ばれてきたとき、思わず声を上げてしまいました。「コレ、これ!うれし~っすねぇ!たまらん!」

最初にニョクマム、青唐を投入、粉末状の赤唐辛子をふりかけ、砂糖も入れました。つまり全部。私はニョクマムと青唐を大量投入するタイプ。本当は青唐を全部入れようと思いましたが、さすがに迷惑がかかりそうなので、思い留まりました。

砂糖については、いつも入れるかどうか迷いますが、これを入れるとコクが出るんですよね。甘みとか表現されることが多いですし、確かに砂糖を入れると甘辛になりますが、私は甘みではなく、コクを出すものだと思っています。砂糖嫌いの方も、だまされたと思って入れてみてください。味の変化に驚かれること必至です。

Nec_0266_convert_20110806021551 麺を食べて帰ろうかと思ったところで、再び撮影が再開。このときのセッションはなかなかおもしろかったです。まさに撮影現場に立ち会ったという感じ。

撮影再開前に追加で頼んだのは、この2品。タマダーさん自慢のグリーンカレー、そして、ガイヤーン。もちろんタレ付きで。

ちょっと今日は食べ過ぎましたが、撮影現場に立ち会ったこともあり、とても楽しく過ごせました。

|
|

« コザンブがタミル風に? | トップページ | 南北インド混合ターリー »

東南アジア料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/52402279

この記事へのトラックバック一覧です: ビア・チャンを10年ぶり?にラッパ飲み:

« コザンブがタミル風に? | トップページ | 南北インド混合ターリー »