« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

穴子と夜タリの日

今日は定例出張日。結局8月は毎週行ったことに。

P8314455_convert_20110831200205 いつもは高くて手が出ない、焼き穴子を買って帰りました。

実は今日、穴子のおいしい料理のしかたを教えてもらったんです。土鍋に出汁を取り、春菊、大根のスライス、焼き穴子を入れて軽く煮るだけ。春菊を水菜に変えてもよし、さらに(穴子に加え、)豚肉を入れてハリハリ鍋風にしてもいいようです。

これは駅の売店で買ったものですが、今度は山陽百貨店、ヤマトヤシキあたりの焼き穴子も試してみたいところ。明日は鍋で決まりです。

そして、夜は、タリカロへ。

電車でお店のブログを見ていたら、サラダ、ライタなどがあるとのことで、とってもいいタイミング!

P8314449_convert_20110831195833 最初は、ズッキーニとパニールのサラダ。パプリカ2種、それに、ココナッツロング、ミントが入っており、最後に店長さんが、ポディとライムをふりかけてくれました。

完全ノンオイルです。まあ、パニールとココナッツロングの中には油脂は入っているでしょうが、ドレッシングなしで、おいしいんです!信じられないでしょう。これは発明ですよ、発明!

簡単そうに見えますが、実際作るとなると、結構めんどくさそう。ズッキーニをスライスし、パプリカの処理、それにライム、ミントとか買ってくるのもそうだし、それにポディなんか、から煎りしてミルで挽く訳ですし。パニールなんか、なかなか作れませんしね。値段が高くても納得です。

P8314454_convert_20110831200140 そして、本当にご無沙汰していた、夜タリが登場。以前と比べて、少しコンパクトになった感がありますが、私のような「おかわり派」にとっては、むしろこの方が好都合。豆はトゥール・ダル。エビカリーも健在です。

チキンは軟骨の部分が何ともおいしく、キーマも独特の煮込み感、そしてチキンカリーのフレッシュでキリッと辛く奥深い味は、当たり前のことですが、なかなか真似できそうにないです。ノンヴェジの3品、やはり独特です。

おかわりは、いつもと異なり、全種類お願いしました。チキンに至っては3回目も。マトンのせいで、ご無沙汰していた夜タリを堪能させていただきました。1日遅れの誕生日ディナーとなった訳でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月30日 (火)

サンバルライス

今日は私の記念日。ハレて(?)大台に乗りました。

P8304447_convert_20110830070027 朝食は、サンバル・ライス、アチャール添え。健康に気を付け、これからは、見た目は諦めているので、体力年齢の若返りを図りたいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年8月29日 (月)

レンコンと大根のサンバル(直煮式)

サンバル作製中!

昨日の料理教室、今日昼の宝石さんのカレーに触発され、作らずにはいられなくなりました。

今日は、渡辺玲先生の「カレーな薬膳」のオクラとパプリカのサンバルのレシピで作っています。

ダルは、トゥールーダルを使い、サンバルパウダーも自作。タマリンドもきちんと使っています。

水加減はやや多めで、シャバシャバした感じを目指していますが、さて、出来上がりはいかに?

P8294428_convert_20110829192754 このあとテンパリングです。しかし、仕上げに入れるコリアンダーがない!!買いに行きます。。。

コリアンダーは・・・ 近商×、コープ×、万代×、いそかわ×、関西スーパー×、イズミヤ○(残1)。疲れました。

P8294435_convert_20110829215455 香菜の根を刻んで鍋に入れて煮込み、サンバルパウダーを入れて煮込み、最後にテンパリング。

P8294442_convert_20110829215348_2 レンコンと大根のサンバルの完成!今回はきちんとトゥールダルを電動ホイッパーでトロトロにしたことで、上品な仕上がりに。トマトの粗みじん切りは、昨日の料理教室を手本に、形が完全に崩れない状態で、いい感じ。最後の香菜、そして自家製カレーリーフは、やはり香りの面で外せません。

どうでしょう、見た目は、梅田ブリーゼ・ブリーゼのナタラジさんのサンバーに近いと思うのですが。自画自賛にもほどがあることは承知の上。

これをサンバル・ライスにして食べてみました。今までのサンバルで一番良い出来です!やはり、丁寧に作ったのが奏功したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

砂肝入り激辛チキンカレー

今日は有休。用事は特にありません。これこそ休暇の王道です!

それで、午前中は、堺筋本町のインド総領事館に。前回訪問は95年、何と16年ぶり。

ビザのセクションは2ブロック南のビルに分離・移転していました。う~ん。下調べ不足ですが、さすがはインド、思うように事が運びません。余裕を持って行動すべしです。

ビザ申請センターには結構な人が。以前は申請書用紙を取りにいったり、申請時、受領時に誰もいなかった記憶が。インドに行く人が増えたのでしょうか?

それと、私、他の方のそうでしたが、結構いろいろ質問されました。緊急連絡先の電話番号の記載、過去の訪問時の目的、本籍と違うところに何故住み、今の家に何年住んでいるのか、目的地の州名を記載してください・・・、などなど。写真の白黒はNGみたいで、受領時に持ってくるようにと言われ、何とか却下は免れ、ホッとしました。

00年に東京で取った時はダブルの通過ビザでしたが、通過ビザは3日しか滞在できず、ビザ代をケチる必要もないので、とりあえず今回は観光ビザにしました。しかし、まだインドに行くとは決めていません。とりあえず、ビザを申請しただけ。行き先がインド以外、若しくは国内(インド料理店巡り)になるかも。

P8294420_convert_20110829154109 ランチは、宝石。本日は、砂肝入り激辛チキンカレー。12時45分着で5人待ち、退店は13時40分ころで、その頃売り切れを免れた最後のお客さん数人が入店といった具合でした。

あっさりしていて、香り高く、お肉がおいしい!そして野菜、レンコンがいい食感です。砂肝は全く臭みなし。よく分からないけど、北インドの家庭料理的な,あっさりとしていて、まあまあ辛い、秀作カレーです。「さわやかな」ガラムマサラの風味が魅力ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年8月28日 (日)

第6回インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~

料理教室は、今年4月に引き続き2度目の参加。

前回と同じ場所ということもあり、少しは勝手も分かり、多少緊張せずといったところ。

ただ、チームプレイが苦手のは変わらず。運動神経の悪さはひどいもので、子供の頃は、サッカーやバスケの時、棒立ちのまま役立たずでございました。基本的に私って発達系で、動作性「能力」はかなり低いと思います。

同じ班のみなさま、足を引っ張ったり、不快な思いをさせたかもしれず、この場を借りてお詫び申し上げます。

P8284414_convert_20110828205932 さて、今日は南インド料理。WBには、まさやん氏力作の南インド地図が。チェンナイを擁するタミル・ナードゥ州、バンガロールを擁するカルナータカ州が基本で、コーチンを擁するケララ州はココナッツミルク多め、ハイデラバードを擁するアーンドラ・プラデシュ州はココナッツミルク少なめと勝手に理解。ゴア(州)は料理の区分において南インドには含めない、スリランカはタミル人が多い北部以外は、シンハラ人の国で、シンハラ人はアーリア系で北インドがルーツ、スリランカ料理はあっさりしていて南インドっぽいけど独特の由。

ちなみに今のところ、手配できれば、9月最終週に取る予定の夏休みで、チェンナイ、ちょっと頑張ってそれにケララ州のコーチン若しくはトリバンドラムに行こうかと考えているところでしたが、今日の説明を聞いて行きたい気持ち倍増しました!

P8284403_convert_20110828205522 食材が各調理台に並んでいます。いや~楽ですね、ここまでしてくれると。自分で作るときは、全て用意しなければいけない訳ですから。まさやん氏、班長さん、感謝です。ゴーヤは和歌山産、タマネギは泉州産!

P8284404_convert_20110828205548 「1かけ」って分かりにくい分量ですよね。親指大と解説されていることが多いですが、男性、女性で違いますし。この量が2かけ。大体、自分の感覚は間違っていないことが確認できました。

P8284405_convert_20110828205611_2 こちらは、トマトの粗みじん切り。私はもっと細かく刻んで、トマトの汁がまな板にたれるほどにしていました。そこまでする必要がないことを学習しました。

P8284406_convert_20110828205707 これは、タマリンド汁のもみ出し方。今日は本物のタマリンドが登場です。普段はタイ製のブロック状のものを使っているので勝手が違いますが、かなり濃厚な汁がとれました。

P8284407_convert_20110828205732 先生が鯛をぶつ切りに。切り身を3等分にしました。材料の大きさって結構ポイントになりますから参考になります。先生の本には、サバのコザンプが確か「カレーな薬膳」に載っていたので、今度復習を併せて作ってみようかと思います。それともエビと使おうかな。

P8284408_convert_20110828205756 パウダースパイスは先生自ら入れてくれます。私はまだきちんと小さじ、大さじを使わないとダメです。感覚でパラパラと入れられるようになるには、まだまだ修行が必要です。

P8284409_convert_20110828205819 今日は南インド料理ということで、コリアンダーは少なめ、カイエンペッパーは多め、でも料理教室なので辛さは少し控えめということで、激辛好きの私としては、我慢が必要な場面でした。

P8284410_convert_20110828205840 タミル風の魚カレーの完成です。ふりかけられたコリアンダーもいい感じ。これがないと嬉しさ半減ですからね~。同じ班の方でコリアンダー大好きな方と意気投合!また、全員コリアンダーOKで良かった!あと、今気が付いたのですが、今までこのブログで私「香草」と書いていましたが、「香菜」の間違いです(恥っ~!!)。

P8284412_convert_20110828205904 カボチャのポリヤル、フェンネル風味の完成。少し水分が多めに出た感じでしたが、大丈夫そう。中華鍋を使い、最初真ん中部分に沢山かぼちゃが盛られていたので、水分が多めに出たようです。鍋の面に同じ厚さで広げて蒸し煮する必要があるとのことで、通常家で作るときは、丸い底の中華鍋は使わないので、まあ、なるほどって感じです。でも、家では、結構水分が出ないことがあるんですよね。そのときは、逆に今日の失敗しかけた部分が参考になりそうです。

Nec_0347_convert_20110829024633 予定外のショッキングな紫色のヨーグルト、それと実は、今日私が目から鱗を期待していたトマトとタマネギのカレーが完成。

P8284415_convert_20110828205956 私の属した班は、周りより少し遅めの出来上がり。周りの班は既に盛りつけを始めています。

なお、紫色のヨーグルト、何だか分かりますか?そう、「ケララの風」でおなじみ(?)の、ビーツのパチャディです。一時閉店前に行ったときは、これがなかったのですが、一度食べてみたかった一品。今日は予定外として追加の1品が、ビーツのパチャディだった訳です。

P8284418_convert_20110828210044 南インドのノンヴェジ・ミールスの完成です。ゴーヤのマサラフライはわたくしが鍋を振りましたが、もう少しカリカリにした方が良かったかも。かぼちゃのポリヤルは、フェンネル風味、最後にココナッツファインをふりかける、フェンネル風味トーレンといった感じです。

Nec_0348_convert_20110829024654 スマートフォンのショット。ピンぼけでも旨そう!

P8284416_convert_20110828210018_2 こちらは、まさやん氏による盛りつけの見本。やはり、私のターリーより美しいですね。見栄えもおいしさの一要素。美的感覚は生まれつき悪いからな~。と言うより、私は盛りつけの時点で、食欲が絶頂に達してしまい、もう食べられたらどうでもいいって思っちゃうんですよね。以後反省、我慢が必要です。

肝心の出来映えですが、私がカットし揚げたゴーヤ以外は、どの料理も丁寧に食材がカットされ、加減もバッチリでした。

鯛のカレーは、タマリンドの酸味とココナッツミルクのバランス、勉強になりました。

ポリヤルは、パウダースパイスの使いすぎはダメ、塩も私の自作は少し多すぎると思いました。

ビーツは是非入手したいです。ロシアではボルシチに使うもので、インドではコロッケにも入ることがあり、炒め物にすることが多いようです。さとう大根とも言い、また、生では使わず茹でてから使うのが通常、利尿作用がある由。このビーツのパチャディにバナナのカーランを加えて作れば、まさに「ケララの風」を自宅で再現できそうなので、このあたりも調べていきたいと思いました。

あと、南インド風トマトとタマネギのカレーは、dancyu8月号に載っている冷製カレーの本格版とのことでしたが、簡単で、しかも旨い!これは日常の料理として、かなり使えそうです。

Nec_0350_convert_20110829024714 今回は最近よくお世話になっている、こちらの本にいただきました。青唐辛子に関する質問にも快く御回答いただき、感激!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

洋風惣菜の朝食

昨日は帰宅が遅かったのに、なぜか朝早くから目が覚めてしまうのは、明後日年齢が大台に乗るからなのか?

P8284401_convert_20110828065510 朝食は、ラタトゥユ、青菜の鰹節入りサラダ、スモークサーモン、ブリオッシュ。

昨夜に引き続き、カツオの風味、旨味が嬉しい一品が。昨夜のカルータラのポルサンボル、自分で作ってみたいけど、カツオの入手が課題かも。西口鰹節店に相談してみるか、インターネットで調べてみるか、ちょっと作るまでに時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月27日 (土)

第6回インド料理食事会in大阪~渡辺玲さんを囲んで~

今夜は渡辺玲先生を囲んでの食事会。

しかもお店は、肥後橋のスリランカ料理店・KALUTARA(カルータラ)。

P8274365_convert_20110827215628 サラダ: ドレッシングがスパイシーと言うか、一ひねり。表現しにくい旨さ!ほどよいコクと言うか、香りと言うか・・・、とにかく表現困難なさわやかさ。

P8274368_convert_20110827215652 デビルマトン: マトンと野菜の炒めもの。マトンはしっかり辛く、大きめ野菜の新鮮さとのハーモニーがさわやか!

P8274369_convert_20110827215715 オクラの炒めもの: バンダッカ・テルダーラと云うみたい。表現困難な食感と風味。何かに混ぜれば旨いに決まっている!

P8274371_convert_20110827215741 パリップ: 何度食べても飽きそうにない、シンプルな料理。でも味は実に複雑。独特の苦味と風味は、ローストされたスパイスや豆、ランペなどのスパイス使いにあるのかよく分かりませんが、これだけでも食べに来る価値はある!!

P8274377_convert_20110827215813 ナスの炒め物、シュリンプ・カリー:確かにこの二品、不思議とよく合います。たまにランチでシュリンプの日があるようですが、これも実に複雑な味。深みと言うのか、辛さやココナッツだけに逃げない奥深さがあるような。実に味わい深いです。

P8274383_convert_20110827215840 シーニー・サンボル:タマネギの旨味たっぷり。

P8274390_convert_20110827215911 カッタサンボル

P8274392_convert_20110827215933 ピクルス

P8274394_convert_20110827220017 ポルサンボル

P8274387_convert_20110827220044 まさに、スペシャルランチディナー!!

P8274398_convert_20110827220105 最後は、ヨーグルトのキトゥルがけ!キトゥル探しに行こう。

18時30分乾杯で、シメは20時30分ころ。2時間経過しているのに、旨すぎて20分ほどでかき込んで食べた!という印象。

正直なところ、きちんとした「量」のディナーを食べられる自信がなかったのですが、今日ばかりは20代の胃に戻ったようで、最後まで皿を舐めるように食べていました。

不思議なことに、胃がもたれません。ライスは2人前は食べているはず。野菜、汁気が多く、油分が少ないのかもしれません。

しかし、カルータラさんのお料理は、奥行きがありますね。あっさりしているのに旨い。量を食べられる。ランチは量的に物足りなさを感じることが多いですが、その方が毎日食べても飽きないし、身体にも良いと思うのです。腹一杯だったり、油っぽくて胸やけしてしまうお店だと、毎日行こうと思いませんよね。素晴らしいディナーでした。まさやんさん、マスターさん、スタッフの方、ありがとうございました。

明日は料理教室。魚のカレー、そして作ってみたかった冷やしカレー、フェンネルとメティを使ったカボチャのポリヤル、ゴーヤのマサラフライと、実に興味深い内容。渡辺先生直伝を楽しみ、学んでこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西ノ京~学園前~富雄でいろいろ

今日土曜日は、夜に食事会を控え、昼はあっさりいくことに。

Nec_0346_convert_20110827142334 天ざる(西ノ京・ふくや) ◎たまねぎの天ぷら

P8274356_convert_20110827144059 かぼちゃのプリン、青菜のサラダ、スモークサーモン(学園大和町・シブレット) ◎独特の食感とかぼちゃの風味が絶妙

P8274361_convert_20110827144628 パンオレザン、ブリオッシュ(富雄・エメラ) ◎パンと言うより焼菓子

P8274363_convert_20110827163347山のおちちプリン、りんご食(学園大和町・ピザリア・ニューエイジ)

全て今日食べた訳ではありませんが、ついいろんな店に寄ってしまい、買ってしまう悪いクセが。実はこれ以外にもあと2品あります。

明日の朝と昼は、ブリオッシュ、スモークサーモン、青菜のサラダの中から選択して組み合わせる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月25日 (木)

カオ・マン・ムーに感激

出張したり、誰かと会うのは大好き。でもその後は書類作りに追われ四苦八苦。昨日は楽しかったけど帰宅が遅くなり、今朝は廃人状態で出勤。

Nec_0341_convert_20110825211105 今朝、NHK前の公園で、クロネコが居眠りしているのを発見。じっと見ても気付きません。カメラを向けると、片眼を開け警戒。その後、知らんぷりすると、また目を閉じる。

正直ネコはあまり好きじゃないんですけど、何だか今日は初めてネコがカワイイと思いました。駆け引きがおもしろいと言うか。癒されました。

Nec_0342_convert_20110825211127 お昼の癒しはこれ。イカ大根と塩鮭。やっぱり日本人は魚ですよ、魚。土曜日はスリランカ、日曜日は南インド。どちらも魚が楽しめそう。楽しみです。

Nec_0343_convert_20110825211146 夜は、南船場・タマダーに立ち寄り。最初はカオ・ラート・ゲーン3種盛り。鱈、貝、春雨。またもや魚系。

Nec_0345_convert_20110825211215 ぶっかけ飯3種だけ帰るつもりが、やっぱり今日も追加してしまいました。奥は油揚げとミンチの入った汁、手前はパパイヤサラダ、ソムタムです。

Nec_0344_convert_20110825211201 シメは、カオ・マン・ガイならぬ、豚肉(豚足)版のカオ・マン・ムー。これ1品500円ですが、超おいしかった!たまらん!いやいや、魚もいいけど、お肉もおいしいっス。これはタイでも食べたことがなかった。ちょっと見た目がグロっぽいでしょ。見た目で判断してはいけませんね。

さて、明日金曜日は、何に癒しを求めようか?おいしいそばでも食べに行きたい気分。久しぶりにパスタってのもいいかも。考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月24日 (水)

お祝いの日のビリヤニ!

今日は定例主張日。今日は穴子の予定でしたが・・・

P8244339_convert_20110824231916 前回気になってチラ見していた、但馬牛・牛めしに。

これが、結構食べ応えがあり、味付けも、ありがちな濃いタイプではなく、なかなかおいしいお弁当でした。ごぼうなどは薄味、コンニャクは濃い目、牛はやや薄味と、味付けのコントラストが見事。こんにゃくは弾力が感じられ、これまたいい感じ。丁寧な仕事が感じられます。あり、です。

P8244350_convert_20110824232628 夜は、こちら、久しぶりの訪問となった、奈良・南魚屋町・タリカロへ。

P8244344_convert_20110824232147 ついに、マトン・ビリヤニが、キタ━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!!!!!!!!!

ライスの中には、挽き割りのチャナ豆が。この食感、風味はおもしろかった。ライスは「細め」の炊きあがりでパラパラしていてましたぞ。ハレの日にふさわしい料理!

P8244348_convert_20110824232215 これは、パニールのスパイス漬け。本当、酒のアテです。真似して作りたいです。ただ、パニールを作る余裕、自信はないので、そのときは神戸ハラールフードで買おうかな。

P8244349_convert_20110824232248 これは、チャイ・ラテ。料理人さんお気に入りのこれまた裏メニューならぬ、シェフズ・メニュー。ありですよ、これ。

P8244343_convert_20110824232112 珍しいショットを。誰でしょう?

P8244342_convert_20110824232400 今日は20時から貸し切り。私も珍しく飲んで(?)お祝いさせていただきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月22日 (月)

ビアガーデン

今日の夜は、課内の壮行会で、ビアガーデンに。

ビアガーデンに行ったのは、おそらく15年前ほどかも。梅田の阪神か阪急の上、フライドポテトをアホほど食った記憶が残っています。

行く前は、暑いかな、ああいうところは会話が聞こえにくいし、などと考えていました。

ところが、まず景色が素晴らしい!ライトアップされた大阪城が間近に見え、ちょうど日が短くなりかけている今の時期、フェードアウトしていく空の景色、雰囲気も楽しめました。でも、こういう時に限って携帯、デジカメを忘れる私。絶景を撮影、アップできず、次の機会はいつになることやら。

涼しい天気でもあり、参加者全員が期待以上の感想。ビュッフェ形式の料理も、そこそこ以上。お値段も安く、これは結構使えるかもしれません。

今日は再び頑張って通い始めた歯医者さんで、歯もキレイにしてもらい、ビアガーデンで気分転換、和やかな壮行会ともなり、まあ、仕事ではいろいろ考えさせられ、転機になりそうだという出来事もありましたが、良い日だったかも。それにしても、歯医者さんの日には仕事で何かが起こるというj困難が続いています。

明日は仕事を片付けなければ。水曜日は出張、週末は料理教室。壮行会はよかったけど、1名減はちょっとキツい。体力的にしんどい週になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月21日 (日)

レシピ本のお手本を求めてナタラジへ

今日のお昼は、自然派インド料理・ナタラジ。レシピ本を購入したけど、ナタラジの料理は結構調理技術、タイミングなどが難しいと感じております。

Nec_0338_convert_20110821194851 サンバー。表現が著しく困難な旨さ。トマトの酸味が巧みに使われているという感じです。

Nec_0340_convert_20110821194907 ベイガンブルタと玄米。焼きナスとトマトのリッチで濃厚な、という説明書きどおりの味。ナタラジさんでは辛い部類の一品。ちょうどよい辛さでした。これは自分でも是非ってみたいけど、難しそう。

もう一品、タンドゥーリミルチという、ピーマンの肉詰めのグルテンミート版をタンドールで焼いたおいしそうなものを頼もうとしましたが、腹八分を超えて断念。次回は基本のベジタブルカレーと共に注文する予定としました。

やはりナタラジさんのカレーは高度です。肉なしで勝負している訳ですから。お値段は安くないですが、足を運ぶ価値、注文して見る価値は多大。平日のカレービュッフェに一度行ってみたいものです。

P8214335_convert_20110821194941 夜は、チキンのヨーグルトカレー。比内地鶏はやはりお肉がしっかりしています。ちょっとカレーには贅沢すぎるかも。あっさりした鶏肉のイメージでは全くありません。唐揚げで食べたらどんな感じになるんだろう?ちょっと調べてみようと思います。

それで、現在、インドのアイスクリーム、クルフィを製造中。出来上がりが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月20日 (土)

サンバルのハシゴ、比内地鶏カレーを自作

今日土曜は、少し久しぶりに、マドラスキッチン。

Nec_0328_convert_20110820170201すると、元町に南インド料理店が開店した、お店の名前は、「インダス・レイ」、ここからすぐ近くとシェフ。ハイデラバードの出身の方がやっている、旨いよ!と何と、他店を強力プッシュ。

そして、注文しようとすると、「今日、向こう行く?」と聞いてくるではありませんか!そこまでプッシュする店となると、気になって仕方がないし、一度食事をしてもう一度食べることができるだけの食欲、年齢でもないので、一瞬悩みました。

ただ、頭の中は既にイドゥリでいっぱいで、それに何も食べずに席を立つのも、後味と言うか、未練が残るので、オススメを断ってイドゥリを注文しました。

イドゥリは結構腹持ちがいいんです。若い人なら物足りないかもしれないけど、私にはちょうどよい量。いや、5個は少し多いかも。存分にチャトニー、サンバルを堪能させていただきました。これで1,050円は安いですね。

マドラスキッチンを出た後は、「インダス・レイ」のチラシが置いてあるという、すぐ近くの神戸ハラールフードへ。1袋100円という破格のパウダースパイス数種類と、ホールのカルダモン、サンバルパウダーを買い、チラシもついでにもらいました。

その後は、軽く歩くことに。「インダス・レイ」でチャイをしばき、神戸駅方面へ向かうことに。

P8204329_convert_20110820211836 途中、トア・ロードを下っていくと、おいしそうなパン屋さんを発見。ブーランジェリー・ル・ディマンシュというお店です。ブリオッシュ系2種と、プレーンタイプを購入。黒っぽいのは、抹茶のブリオッシュ。右はオレンジピール入り。

Nec_0330_convert_20110820170224 南京町でプアール茶を買った後、八百屋さんでこんなものを発見!

P8204331_convert_20110820221831 国産、舶来の辛い唐辛子がこんなに沢山。思わず6種類購入してしまいました。インド・アッサム産ナガ・ジョロキア(超激辛)、インディアンペパー(強辛)、中国四川唐辛子・朝天辣椒(中辛)、ブラジル唐辛子・チューペティオ(中辛)、千葉県石下農園特別栽培青唐辛子、兵庫県産辛唐辛子。黄色のやつは、「インダス・レイ」さんでいただいたインディアンスナック。

Nec_0336_convert_20110820170404 神戸駅まで歩いて、折り返しアーケードを戻り、元町駅に向かっていくと、「インダス・レイ」さんのお店が見つかりました。ウインズの近くです。

そして、黒板メニューには、サンバールライス、レモンライスという気になるものが、本日のオススメ。

Nec_0331_convert_20110820170242 結局、チャイではなく、サンバールライスを注文。サラダとグアバジュースが運ばれてきました。メニューを見ていると、豆とじゃがいものご飯、ラッサムライス、牛ミンチのカレーライスなど、珍しく、気になるメニューが。テイクアウトもOKのようなので、今度はタッパーを持って訪問する予定。

Nec_0332_convert_20110820170259 サンバルライスです。野菜が美しい!ダルは微かに形のあるものが確認でき、けっこうサラサラしています。おいしい!サンバルパウダー、ヒーングの香りかな?香りがいいですよ、このサンバル。あまり型くずれしていない野菜もきちんと煮込まれています。旨い!!スープは洋風ですが、500円でこんなにオプションが付くとは驚きです。

Nec_0333_convert_20110820170314 お店はとっても笑顔が素敵で上品な御婦人と、息子さんぽい若い男性のコックさんが。話をしていたら、キャベツのパコラをサービスしてもらっちゃいました。嬉しかった!

Nec_0335_convert_20110820170332 帰ろうかと思っていたら、チャイが出てきました。これはチラシ持参のサービスでした。このチャイ、おいしいです。結構濃厚で、香りのバランスが良かったです。砂糖入りできちんとした味なのもなおよしです。チャイだけでも価値があると思います。本当においしいチャイでした。

Nec_0334_convert_20110820170349 店内はとても狭く、2人がけ、4人がけが2つずつ。混雑時には相席になるのかな。キャパは相当厳しそう。

なお、お会計後に、インディアンスナックまでいただいてしまいました。500円しか払っていないのに・・・。大満足の初回訪問となりました。

Nec_0337_convert_20110820170419 店外はこんな感じです。南インドの家庭料理を売りにしているようで、期待以上のお店でした。マドキチとインダス・レイさん。交互に行きたい。これで、ショナ・ルパに行く日、あのビリヤニを食べる日がまた遠のきそうで、悩ましい限り。

その後新快速で大阪に戻り、大阪駅北の伊勢丹食料品売場を覗いてきました。一言。イマイチです。生鮮食料品はお肉も野菜も種類が少なく、ハーブ類は殆どなく、国産辛唐辛子は巨大パックで売る始末。大丸地下の方がスパイス類は多いです。やはり生鮮食料品は阪神ですね。

P8204313_convert_20110820211523 その阪神地下で買ったのが秋田県産・比内地鶏。グラム600円と激高。名古屋コーチン、阿波尾鶏、大和肉鶏、三河鶏・・・種類が豊富!比内地鶏は飛び抜けて高かった。説明書きを見ていたら、名古屋コーチンは純血っぽい。次はこれかな。

P8204319_convert_20110820211607 比内地鶏をカットしたもの。皮をはいだので、500グラムあったのが、おそらく400以下になっている筈。なお、阪神の鶏肉屋さんには、ヘルシーカットなる皮をはいだ状態で売っている鶏肉もありました。

調理を始めようとしたら、タマネギがない!歩いて近くに買いに行き、途中、忘れていた散髪をすることに。所要1時間。思いっきり短くしてもらいました。

P8204323_convert_20110820211632 帰宅後は、早速調理開始。ホールスパイスを熱し、タマネギ炒めていきます。あと一歩でタマネギの炒めが終わるところ。

P8204324_convert_20110820211714 タマネギの炒め終わり。いい感じです。このあと、ショウガとニンニクのすりおろしを入れて炒め、トマト、インド産青唐辛子、ヨーグルトを投入、その後パウダースパイス4種を混ぜて、ベースが完成。

P8204325_convert_20110820211747 その後、比内鶏肉を投入。混ぜ炒め、水を足し、蓋をして弱火で煮込みます。最後に大根を入れて、大根に火が通ったらできあがり。レシピは来週お会いする渡辺玲先生の、かんたスパイスカレーのものを使いました。

P8204328_convert_20110820211813渡辺先生のレシピで作った、チキンのヨーグルトカレー、ラッサム、麦ごはんです。自作アチャールを添え忘れました。チキンカレーは明日が食べ頃になる筈。期待どおり、カルダモンの爽やかな香りがたまらん!比内地鶏は結構お肉がしっかりしていて、普通のチキンより食べ応えがありました。

今日は、サンバルをお店をはしごして食べ、神戸を歩き、買いものをし、散髪、カレー作りと、結構忙しい1日でした。唯一やり残したのは掃除。明日やります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月19日 (金)

出張の疲れを癒してくれるお惣菜の数々

今日のお昼は、出張先で、いつものようにお弁当。

P8194307_convert_20110819190746 あなご1本、丸々乗っかっている豪華なもの。1,300円はちょっと高いけど、これも月3~4回の楽しみというもの。

P8194309_convert_20110819190909 夜は、疲れて食べに行く気にならず、近所のシブレットでおそうざいを買いあさりました。手前はお弁当「香」のおかずのみ、単品でラタトゥーユ、タコのマリネ、青菜のサラダ、ブルーベリータルトを追加。右奥は鯛のアラです。

シブレットのおそうざいは、何を食べてもおいしいですね。お店で、おそうざいバイキングなんてものがあれば至福です(←妄想)。「香」のおかずの中の、左下の厚揚げとピーマン(甘青唐かも)、こんにゃくとセロリの炒め煮は、どちらも香味野菜が洋風さを感じさせ、憎い一品。ラタトゥーユは洋風そうざいの定番といったところでしょうが、さすがの仕上がりです。

迷ったらシブレットさんでいろいろ買う方が楽しめ、期待以上だと感じることができるのは嬉しい限り。閉店が早いので、これからも、出来る限り定時に仕事を切り上げ足を運びたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月18日 (木)

新サンマ、空芯菜と台湾バーガー、ブリオッシュ!

今日のお昼は、いつものお店に。

すると、カウンターの上には、新サンマが!

このお店では超弩級価格の500円。でも即ゲット!!

Nec_0327_convert_20110818201347 サンマは見た目が大切。予想どおり新鮮!はらわた部分が旨い!スダチ付きでなお旨い!最高のランチでした。

P8184304_convert_20110818201157 夜は、富雄・臥龍坊さんの空芯菜と台湾バーガーをテイクアウト。空芯菜夏季限定と書かれているのを先週見て、ずっと気になっていました。今日はもう一つ、気になっていた台湾バーガーと一緒に注文しました。

この空芯菜、台湾の家庭料理ということで、料理名はないようです。これも超弩級の980円ですが、見た目と異なりあっさりしていて、お肉とスープと相まって素晴らしい味!炒め物以外の空芯菜を食べたのは初めてかも。家庭料理と言うだけあって、あっさりしています。これはちょっと高いけど、嬉しいお料理ですね~。

奥の台湾バーガーの具は、高菜とチャーシュー。包子は持ち帰ってもフワッとしていて、本格的な造りにビックリ!これも美味です。350円と少々高めですが、その価値はあります。いや、安すぎます!

P8184305_convert_20110818201255 そして、富雄・ASHさんで、パンを大量購入。翌朝用に1~2個買おうと思っていたのですが、ついもう一つ、とトレイに乗せては、こんな状態になってしまいました。

明太フランスは初めて。パンダの柄のパンは、中にチョコクリームが。クロワッサンはハム入り。手前のアーモンドが乗っかっているのは、コーヒー入りの生地のクリームパン。明日の朝まで何個残っているかが問題です。

明日はお盆で定例の水曜からスライドした出張日。お昼は、あなご寿司確定。

夜は、久しぶりに夜タリにするか、それとも神戸で途中下車しようか思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月17日 (水)

【急募】1名様に自家製アチャール進呈します!

今日は、盆が明けたのか、平日の生活に慣れる水曜日だからなのか分からないけど、何か普通っぽい1日でした。

Nec_0326_convert_20110817193924 お昼は、今日から営業再開の谷五・萩。盆明けに相応しく?、通常メニューの定番の組み合わせ。あっさり目のカレイの煮付けは、酷暑の日であっても、こんなに大きな切り身であっても、スルッと入っていきます。

夜は、まだ懲りずに、自作合いがけカレー。さすがに写真を撮るのが面倒くさくなりました。

P8174300_convert_20110817200050 たまねぎとレモンのアチャールが食べ頃になったようで、嬉しい限り。オイリーですが、市販のものと違い、まろやか、ツンとしたところがなく美味です。結構な量を作ったので、食べてみたい方は連絡ください。都合がつけば無料でお分けします!【ただし、マズく感じたり、食中毒を起こして病気、入院しても一切責任を負いかねますので、自己責任でお願いします。】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月16日 (火)

お盆のランチ2日目

今日も職場界隈の飲食店はお盆モードで開いているお店が少なく、しかし人通りはいつもどおり。

Nec_0323_convert_20110816213525 昨日に引き続き、イタリア食堂バール・エノテカさんに。ちなみに隣の餃王さんは、今日から営業、満員御礼の盛況ぶり。

Nec_0321_convert_20110816213505 昨日、気になっていた、プレートランチの本日のメイン付きをオーダー。前菜+パスタの前菜が、メイン料理と同じ皿に盛りつけられている様子。前菜はキノコがスモークサーモンに変わっています。

メインのローストポーク、これおいしかった!これ何の肉?って感じで、ポーク独特の臭みが、ローストという魔術により、旨く変化していると実感。それにトマトとバジルの冷製ソースがベストマッチでした。これ、見た目より、結構手間がかかっていそうです。谷四交差点北東のポワレが多いお店もおいしいけど、あの店にこのような工夫と手間をかける姿勢があればいいのに、と勝手なことを考えていました。

また、今日は久しぶりに歯医者さんに行くことができ、きれいさっぱり!歯磨きのしかたにはかなり改善の余地があるようで、かなり気をつけ、丁寧にしてきたつもりだったので、これには結構ショックを受けました。ビブラート・ケア、3本所有しているんですけどね。。。

Nec_0325_convert_20110816213540 夜は、まだ続けるか!キーマ、サンバー、チャナマサラの合いがけにアチャール2種。全て自家製です。たまねぎのアチャールが次第にいい按配に。明日ころ以降が食べ頃かも。

そして、8月27日の夜のカルータラでの食事会、翌日の料理教室に参加が認められました!渡辺玲先生とカルータラのマスターが腕を振るうディナーを食べ、料理を教えてもらえることに。ちなみにその数日後、私は大台を超え・・・、でも、いや、だからこそ、いい記念になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月15日 (月)

お盆のランチ

今日は休日ダイヤ、明日も休みのお店が多いみたいです。困るのはランチなんです。

そこで、いつものお店が休みなので、その萩すぐ北隣に2か月くらい前にオープンし、ずっと気になっていた、イタリア食堂バール・エノテカさんに。

宝石さんにも行こうと思ったのですが、お盆にもかかわらず、結構サラリーマンの方々かが歩いていたし、谷四交差点もいつもと変わらない人の数だったので、初訪問を決行しました。

パスタランチは3種類のパスタから選べ、ハンバーグ、日替りもあり、種類は結構豊富かも。全てに前菜盛り合わせが付くので、選択しやすい構成です。

Nec_0319_convert_20110815201443 オーダー、エビのトマトクリームソースのパスタランチ。最初は前菜盛り合わせ。ちょうどよい量です。ラタトゥユが添えられているのが嬉しいところ。キノコはバルサミコ酢が入ったオイルマリネっぽく、いい感じ。野菜、キノコ、肉、玉子とバランスがいいです。

Nec_0320_convert_20110815201502 パスタの出来上がりまでは、微妙に時間がかかりました。少しじらされた方が、食べるときには嬉しさもひとしおというもの。

結構なボリュームで、物足りなさは感じませんでした。パスタは乾麺、エビとエリンギのスライスとぶなしめじの組み合わせは、ありそうでないかも。オーソドックスな仕上がりですが、後味が良かったです。

とびきりおいしい!という一皿ではありませんが、飽きない味かも。クリーム系は自作することもありますが、トマトを混ぜると、トマトの酸味と生クリームのバランスが意外と難しいもの。こちらのお店のものは、基準となるバランスだと感じました。これ以上トマトが勝つと、エビの旨味が失われしまいそう。クリームのまろやかさを求める人にも受けるバランスでしょう。バランスが良すぎると言えるかもしれませんが、クリームソースを謳っている限り、このバランスがやはりよい。基準の味だと思います。

P8154298_convert_20110815201554 夜は、夕方から頭痛がひどく、何もする気が起こらなかったのですが、何とか踏ん張りカレーをよそいました。ちなみにタマネギのアチャールは、あと2日ほど待つ必要がありますが、今日は味見として乗せてみました。あと、グジャラート・サンバーは、ダルが多すぎて、どうやら失敗みたい。でも、これがたまたまですが、キーマとの相性が素晴らしくよい!救われました。

そこで、カレー屋さんに一言。お肉だけのカレーってやめませんか?カレーって野菜不足になりやすい。食物繊維が摂りにくい。そこで、野菜ではないですが、豆カレーと合いがけにすれば、栄養バランスが改善すると思うのです。肥後橋のカルータラさんは、その点、パリップとお肉の組み合わせがスタンダードで、あのようなカレーが標準になると嬉しいんですけどね。以上。

話を元に戻します。鍋でサンバー、キーマを温め、チャナマサラ、アチャール2種を盛りつけ、別皿にライタを用意するのは、意外と手間なんです。

カレー屋で、「なぜライスにカレーをかけるだけなのに、こんなに待たされるんだ。」と思うことがありますが、それが結構手間暇かかる作業なんですよね。綺麗に盛りつけようと思うと、さらにもう一手間、二手間かかる。温度の調整も難しいですし。

だから私は、カレー屋さんで、いくら待たされてもじっと待ちます。よそいかたが悪く、カレーが冷めていたり、アチャールなど添え物が少なかったりしたらイヤですよね。店員さんを焦らせて、本来おいしい筈なのに、まずいカレーを食べるなんて、客もコックも不幸というもの。そのためも、たかが数分、数十分って、大したことないと思うのです。

そう考えると、インディアンはすごい!あのシステマティックなところが。ルーが微妙に少なく、じらされるような、かゆいところに手が届きそうで、届かない、でも少し届いているという、あれです。

明日も、谷五のいつものお店は休み。エノテカさんを連日攻めるか、それとも今日休みで明日は営業の餃王さんに行こうか。ここは久しぶりに大衆中華かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月14日 (日)

サンバー、ラッサム、ライタ、アチャール、豆乳チャイを自作

今日はダラダラと料理三昧の一日に。

Nec_0297_convert_20110814152723 サンバーパウダーを朝から仕込み、

Nec_0294_convert_20110814152705 ナスの素揚げをし、

Nec_0301_convert_20110814152741 ウラドダルとたかのつめを熱し、

Nec_0305_convert_20110814152759 炒めた野菜にラッサムパウダーを加え、

Nec_0307_convert_20110814152818 ラッサムパウダーを混ぜた後はこんな感じになり、

Nec_0310_convert_20110814152837 クミン、マスタードシードでテンパリングをし、

Nec_0312_convert_20110814152855 グジャラート・サンバーの完成。ナタラジのレシピによる。

Nec_0314_convert_20110814152912 次は、いつもお世話になっている渡辺玲先生「カレーな薬膳」のレシピで夏のラッサムを。最初はテンパリング。カレーリーフはベランダから摘みたて。

Nec_0318_convert_20110814152929 いつもはトマトジュースを使った「冬のラッサム」を作っていますが、今日は生トマトとホールトマトの残りがあったので、「夏のラッサム」にしました。ただし、今週数日楽しむ予定なので、敢えて酸味が日々増していくタマリンドは省略しました。あっさり、生トマトの風味がいい感じ。

P8144293_convert_20110814205122 サンバー、キーママタール、夏のラッサムの夕食。サンバーは、残りもののレンズ豆2種を使ったのですが、挽き割りでない緑色のレンズ豆があまり煮くずれず、サンバーというより、ダルのカレーっぽくなりました。

サンバーはナタラジのレシピなので、全然辛くありません。野菜臭いとも言うべき、あの店独特の菜食カリーっぽい仕上がり。これがキーマと良く合いました!ラッサムはやはり生トマトの風味、食感が美味。これが飽きないんですよね。

P8144295_convert_20110814205147 食後にたまねぎとレモンのアチャールを仕込み、豆乳チャイを作りました。アチャールはナイル氏、チャイはナタラジのレシピ。トマトのライタは食べ忘れたので、デザートとしていただきました。

アチャールは数日後が食べ頃になるようで、完成に合わせて、また何か作ろうかと思っています。

今日は酷暑の中、全5品を作り、少々疲れました。明日以降、食べ物には不自由しなさそうではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月13日 (土)

キーママタール

今日のランチは、大阪・福島の亜州食堂チョウクさんへ。

Nec_0288_convert_20110813200500 お目当ては、お盆スペシャルの南インドのノンベジミールス。それに、ずっと気になっていたチリエッグをプラス。チキン、エビにはココナッツミルクが入り、ラッサムはさっぱり。ライスにはダルのカレーがかかり、ライタ、ポリヤル、アチャール、フライドパパドも添えられ、少量多種で楽しめ、私にぴったり。

チョウクさんの料理は、オイリーでなく、どの品も安心して食べられる、ホッとするおいしさが感じられます。家庭料理という感じなんです。変な細工がないので、後味が良く飽きません。

今日はお盆で、いつもどおり盛況でした。スペシャルメニュー以外にも、通常メニューも提供され、よく夫婦だけでやっているなと感心しきりでした。

食事の後は、福島から難波まで、酷暑の中、ウォーキングを敢行。バテたら地下鉄に潜り込もうと思っていたところ、思いの外体調が良く、湊町まで歩きました。

P8134291_convert_20110813195920 途中、靱公園南のタケウチに立ち寄り。いつもなら売り切れて閉店している時間帯だと思い、お盆の営業を確かめようとしたところ、何と開いてました。しかもほぼ商品が揃っているという奇跡的な状況。それで、買う必要のないパンをこんなに。しかも私が好きな太る素・ブリオッシュ系がずらり。

タルト、スコーン、紅茶(角)、栗(楕円)、カボチャ(丸)のブリオッシュの計5点を購入。これはひどすぎます。ウォーキングの成果が台無しになりそう。ムスリーヌがあれば完璧でしたが、それは手に入らず。タケウチはダイエットの敵ですな。でも買い続けます。はい。

帰宅後は、冷蔵庫にカレーのストックがなくなったので、料理をすることに。

渡辺先生のヨーグルトチキンカレーにしようかさんざん悩んだ結果、谷四・宝石さんになかなか入店できず、また、ずっと作りたいと思っていたので、キーマカレーを作ることにしました。レシピは最近よくお世話になっているナイル善己氏のもの。

P8134275_convert_20110813195214 カルダモン、クローブ、シナモン。月桂樹は、ス・マガザンのもので、レシピ外。

P8134276_convert_20110813195320 青唐、しょうがとにんにくの千切りを炒めていきます。

P8134277_convert_20110813195355 たまねぎのみじん切りを根気強く炒め終わったところ。

P8134278_convert_20110813195447 トマト、ヨーグルトを加え、水分を飛ばしてペースト状にしていく途中。

P8134281_convert_20110813195604 ペースト状になったら、パウダースパイスを投入。コリアンダーがやや多めです。

P8134283_convert_20110813195630 パウダースパイスを入れて炒めると、水分を吸収し、こんな状態に。

P8134284_convert_20110813195725 牛ひき肉を加えて炒め、水、塩、グリーンピースを加えて、煮立てて、弱火で煮込みます。その後、生クリーム、カルダモンパウダーを加えてさらに煮込みます。

P8134286_convert_20110813195752 出来上がり。キーママタールの完成!

P8134289_convert_20110813195817 キーマの上には大阪産・紫たまねぎを乗せ、自作のにんじんのアチャールを添えて、バスマティライスでいただきました。

何となく、「宝石」さんぽいキーマカレーになったような気が。キーマは、カルダモンのさわやかな風味が、酷暑で疲れた身体を癒してくれそうな雰囲気の味に仕上がりました。

明日は、今日買った、「ナタラジ」さんのレシピで、サンバー(サンバル)あたりを作ろうかと思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アショカでローガンジョシュ

今日の昼は、いつものお店で、いつもどおり。

Nec_0280_convert_20110812224006 鮭の塩焼き。冬瓜、筑前煮、ポテトサラダ。これが一番幸せになれます。

今日は高湿度、金曜日、ハードワーク。くたびれました。しかし、節電って酷なものです。

日本って、夏は高湿、冬は乾燥という世界でも希な「最悪」な気候。緯度の割に暑く、寒い。湿度が高いので、28℃で快適な訳がないんです。しかも人口密度が高いでしょ。

都市部はヒートアイランド、大気汚染、しかもサラリーマンは革靴、スーツ。はっきり言って我々はバカだと思います。

街中を歩いても、かき氷の屋台がある訳でもなく、スイカを売っている訳でもない。こんな悪環境の中でよく仕事をしています。効率良く仕事をし、快適に過ごすためにできることって、何かありそうな気がするんですけどね。

愚痴はこのあたりで切り上げましょう。

そして、夜は、あるものを求めて、梅田・マルビル地下にある、老舗・アショカへ。

Nec_0281_convert_20110812224058 訪問は何年ぶりでしょう。もしかしたら10年以上経っているかも。思わずツイッターで「初訪問」と投稿してしまいました。

メニューをゆっくり見ていきました。種類は決して多くないものの、一通り揃っていました。やたらめったら品数が多い店が散見されますが、大抵は具を変えただけとかで、期待ハズレなところが多いです。その点、この店は絞っているという感じです。洗練された構成だと感じました。なお、「メニューに載っている以外のお好みのものがあればお申し付けください」と書かれていました。これはとても気になる一文です。

例によって長考、その末に頼んだのは、マトン・ローガンジョシュ、豆のスープ、ベジタブルサモサ、ロティ、ライス。ローガンジョシュは、辛さ追加の最高峰「ロイヤル・スパイシー」でオーダー。

Nec_0282_convert_20110812224115 最初は豆のスープ。これ、とてもいい感じ。大きな銀製のスープの「壺」からよそってくれます。ダルは完全にすり潰され、ごく微かにパセリっぽい風味が、とても上品。これはよかった!

Nec_0283_convert_20110812224137 ベジタブルサモサは、1個だけ注文。グリーンチャトニー、ケチャップ付きは、北インドのレストランでよくあるパターンかも。

Nec_0284_convert_20110812224206 サモサは揚げたてで美味。チャトニーはかなり本格的で素晴らしい味!このチャトニーで、何か別のものも食べたくなりました。

Nec_0285_convert_20110812224227 ローガンジョシュは、意外にも普通っぽいカレーという見栄え。サーブされる前に、ホットプレートが用意されました。

Nec_0286_convert_20110812224242 その後、ライス、ロティが。どちらも出来たてアツアツ。

まず最初はロティ。これは、おいしい!ローガンジョシュは、マトンは大きめで肉質がとってもやわらか、ベースは極めてふつう、辛い。ライスは日本米。ロティがおいしければ、食事は旨いという感じでした。

感想としては、ローガンジョシュのベースがイマイチ。何かのペースト若しくはトマトピューレでも使っているのか、あの手のベースはやめてもらいたいものです。決してまずくはないのですが。

料理は全て丁寧に作られている印象でした。高級店です。カレーは現地の高級ホテルで出てきそうな外国人向けの仕立てで、チャトニーなどは時折ローカルさも感じさせられる。でも洗練されていて高級。北インド料理って、家庭料理と高級店の味の差が激しい気がします。その点、南インドは、それが少ない。北インドの家庭料理を味わえる店って、日本、特に関西では、クスム以外なかなかなさそう。

洗練されているというのは、強烈な個性がないとうことでもあります。ロティは実は私はどちらかと言うと苦手。その私がおいしいと思ったので、ローカルっぽくなかったのかも。このあたりが微妙なところでしょう。今度来たときは、ビリヤニ、野菜系のカレーをいただきたい。

しかし、私も歳を取ったものです。ライスは完食できず。これだけでお腹いっぱいで死にそうでした。もう少し量が食べられたら、いろいろ楽しめるのに。まあ、一度にいろいろ食べなくても、何度か通えばいいということでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月11日 (木)

残りもののチャナマサラは便利

今日のお昼は、いつもどおり谷五・萩。

Nec_0277_convert_20110811194453 カレイの味噌漬け、大根と豚肉の煮物、小松菜の煮浸し、スパサラダ。定番です。

P8114273_convert_20110811194521 夜は残飯整理。チャナマサラをメインに、アールゴビ、浅漬け、あとから作ったにんじんのアチャールを盛り、自作インド北インド式・カオ・ラート・ゲーンとでも言えば、なかなかのもの(かも)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月10日 (水)

穴子とマトンが出張日のご褒美

今日は定例出張日。やっぱり姫路は遠いです。よって、お昼の穴子寿司が目当てということ。

電車の中で、「穴子、穴子・・・」と連呼するセルフトークが、「仕事=怠い、面倒くさい」という『信念』を、「仕事すれば、穴子が食える。」→「仕事も悪くない。」→「仕事した後の方がメシは旨い。」と変容させ、気分もマシになっていくのです。CBTは結構日常生活で使えるんですよね~。

P8104268_convert_20110810201534 さて、それで、今日のお弁当は、先週に引き続き、姫路上寿司詰め合わせ。松前寿司2貫、名代穴子寿司2貫、大名巻24貫で950円。穴子がもう1貫ほど入っていると嬉しいんですけどね。詰め合わせの良いところは、穴子が楽しめ、それに松前寿司の大きな鯖が入っているところ。でも来週は穴子堪能コースかも。選ぶ楽しみがあるのは、出張を楽しくするものです。

仕事も先週同様、5セッションこなして疲労困憊。猛暑、特に今日は蒸し暑く、クーラーが効いた部屋、電車で過ごしても、乗り換えその他で、体力の消耗は激しかった。

P8104269_convert_20110810201554 そして、夜は、くたびれた身体に鞭を打って、昨日行けなかったタリカロへ。出張日にタリカロのご褒美は、今年4月からの私の中でのトレンドと言うか、パターンになりました。

今日こそは夜タリと思ったのですが、何とマトンのネックがあるとのことで、急遽を予定変更。ダルはチャナ。今夜はサラダがなかったので、久しぶりにラッサムを追加しました。

ネックは期待どおり!そして、今日は辛く感じた!辛い!旨い!しびれます。

やはりネックは最高です。期待を裏切らない。一番好きな部位です。先週土曜にローガンジョシュをネックで作ったので、今週は昨日以外、毎日ネックを食べています。その割に首のコリは相変わらずで、今日あたりはイブプロフェンのお世話になりそう。

今日は、私が入店した後、何と東京から来られたという方がお店を出て行かれました。東京にはおいしいインド料理店が沢山あると思うので、どのように思われたのか興味があります。タリカロのようなお店は珍しいと思うので、きっと印象に残り、1年くらい経って、「奈良のあの店、何だっけ、あそこ、おいしかったね~。」って言ってくれはるのでは?と勝手なことを考えておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 9日 (火)

昼夜とも久しぶりのお店に

今日のランチは、内本町(堺筋本町と谷町三丁目の間)の老舗、洋食屋Fujiyaに。

途中、今、谷四界隈で話題の「宝石」には、とてつもない行列が。20人以上は並んでいたかも。その横にはイオンのミニ版(スーパー)が出来、ちょっとこのあたり、最近活気が感じられます。

Nec_0276_convert_20110809210825 12:15到着で3人待ち。まあまあのタイミングかな。

正直なところ、日替わりのメニューはあまり惹かれなかったけど、Fujiyaさんなら期待が持てます。だから、なかなかハンバーグなどのオーソドックスなメニューを頼む機会を逸するのが悩みどころ。

Nec_0275_convert_20110809210809 日替わりのサワラのフライと白金豚のしょうが焼き。フレッシュサラダとマッシュポテトが添えられています。

まず最初は白金豚。これはトッピングのピーマンがいい香り、洋風のしょうが焼きだ!大きめに切られたタマネギの食感もよく、さすがの一品でした。

サワラのフライは、思いの外上品。ちょうどよいサイズで、タラなどよりも淡白で、パサつき感は全くなく、これもこのお店でなければ提供できそうにないものだと思いました。

マッシュポテトはバター多めの仕立てなのか、かなり甘い仕上がり。少量です。これがおもしろいアクセントになっています。ちょっとした遊び心ってところでしょうか。このあたりが、適当に付け合わせている感がなく、料理人さんが楽しみながら調理していると勝手に想像していたのでした。

赤だしは、きちんと濃厚で、かつすっきりした味わい。サラダはやはりベイリーフがさわやか。最後にいただいたお漬物も、本当、おいしいんです。とにかく仕事が丁寧って感じです。同じ老舗でも、東船場の某店(Kたない、Aいそうが悪い、Tかい、Oそい)とはクオリティが違いますよ、本当に。いまいちなものが何一つない、素晴らしいワンプレートでした。ごちそうさまでした。

夜は、迂闊にも残業をしてしまい、明日は超ハードワークが待ちかまえていることもあり、杉ヶ町界隈のお店のマトンを、泣いて馬謖を斬るが如く諦めて、本当に久しぶりにココイチに。

P8094256_convert_20110809210633これは初めて頼んだ、サーモンサラダ。280円って高いと思いましたが、よく考えると300円でお釣りが来るんだから、結構お得かも。なかなかおいしかったです。

P8094261_convert_20110809210657カレーは、輪切り唐辛子入り・チキンと夏野菜カレー。期間限定です。ごはんは少なめの200グラム、6辛にしました。

本当は、オクラ豆腐の10辛を予定していたのですが、メニューに載っていません。一度消えて復活したのに、また消えてしまったようです。貴重なヴェジメニューなのに・・・残念。

今日頼んだカレーも最初は10辛にしようと思ったのです。汗をかきたかったから。でも、10辛だとちょっと辛すぎて、味わえないんですよね。3辛以下だと、辛さがあまり感じられず、ちょっと締まりがない。

それで、今日は、6辛にして、とびからスパイスを後でふりかける作戦。最初は味わい、後で辛さを堪能するというプランです。

P8094264_convert_20110809210720 前半辛さを我慢したせいか、思わず大量投入してしまいました。飽和状態で混ざりません。

さすがに最初の一口は、粉っぽさにむせましたが、大量投入した甲斐があり、いい按配の辛さになりました。汗も大量ではなかったもののかけた! 

肝心のお味ですが、野菜はナス、オクラ、トマトが入っています。大きめのナスは揚げられておらず、よし。オクラも同じく。トマトは大きめのプチトマトが半分にカットされ入っています。このトマトの酸っぱさがいいアクセントになっていました。ちょっとダイレクト過ぎるアクセントではありますが、これはありでしょう。

このカレー、ココイチさんにしては、ナイスです。ココイチさんのトッピングは、いまいち?と思うものが多いのですが、夏野菜ということで、無理に素揚げしたかぼちゃを入れたりせず、旬のおいしいナス、オクラという、インド料理ではよく使う素材を選んだことは大正解だと思います。そしてトマトも。酸味のアクセントという点で、生トマトを載せるのはおもしろい。

ということで、久しぶりのココイチさんで、辛さ、野菜を楽しめ、杉ヶ町のお店を裏切った甲斐がそれなりにあった夜になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 8日 (月)

にんじんのアチャールが完成

週明けの月曜日は若干蒸し暑く、苦しいスタートとなりました。

Nec_0272_convert_20110808200439 お昼はいつもの萩。オーソドックスに鯖の煮付けから。

P8084253_convert_20110808200612 夜は、ローガンジョシュ最終回。新作のにんじんのアチャール、アールゴビ、浅漬けを添えていただきました。

アチャールは少し炒め過ぎで、あと少しにんじんが固い方が好みかも。塩気も足りないような気がしたので、あとで瓶のなかにふりかけようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 7日 (日)

チャイ、にんじんのアチャールを自作

今日は何もせず、完全休養。

とは言え、食べることへの関心は薄れないもので、結局2品を料理。

Nec_0270_convert_20110807201255 午後に入れた、マサラチャイ。

チャイを作ったのは、かれこれ昨夏以来かも。

レシピは、ナイル善己氏のもの。ちなみに、昨日のローガンジョシュ、アルーゴビ、チャナマサラも同じく。私にしては珍しく渡辺先生のレシピからの浮気です。

P8074247_convert_20110807192034夕方には、これもナイル氏のレシピで、にんじんのアチャールを作ってみました。

このあと、煮沸消毒した瓶に、粗熱をとった具材などを入れました。

出来上がりは明日以降。さて、どんな仕上がりになるのか。楽しみです。

そして、夜は、1日経った、マトン(フォゲット)・ローガンジョシュ。

P8074249_convert_20110807201959 カレーライス風によそっていただきました。肉は、ネックの部分で、前回作ったスネよりも食感があり、やはり煮込みに最適な部分と再認識。油の浮き具合も申し分なく、いい感じです。

Nec_0271_convert_20110807201316 食後は、チャイをアイスにして飲みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 6日 (土)

南北インド混合ターリー

昼はエメラのキッシュとブリオッシュ

P8064183_convert_20110806165518 エメラ(ブリオッシュ、なすと挽き肉のボロネーゼ・キッシュ)

P8064190_convert_20110806165547 ASH(ブリオッシュのクリームパン、紅茶のクリームパン、バナナのクロワッサン)

P8064194_convert_20110806165818 煮込み前

P8064195_convert_20110806165842 マサラベース

P8064196_convert_20110806165919_2 チャナマサラ完成

P8064201_convert_20110806182545 フォゲット・ネック(石田めん羊牧場)

P8064200_convert_20110806182458 テンパリング(カルダモン、クローブ、ローリエ、シナモン、メース)

P8064202_convert_20110806182609 タマネギ炒め終わり

P8064204_convert_20110806182632 マリネ+タマネギ

P8064207_convert_20110806182658 トマトを入れ煮込み

P8064210_convert_20110806190934ココナッツミルクを入れ、ローガンジョシュ完成!

この後、アルーゴビを作り、バスマティ・ライス(クローブ、カルダモン、ローリエ入り)を炊いて、

P8064216_convert_20110806213623南北インド・ミックス(ごちゃ混ぜ)ターリーの完成!!

左下の中カトリはマトン(フォゲット)ローガンジョシュ、そこから反時計回りに、チャナマサラ、アルーゴビ、コザンブ、浅漬け、アチャール、ラッサム。

P8064225_convert_20110807005247

P8064226_convert_20110807010431 寝る前には、あの番組で、ナスと挽肉のカレーが。ゲストは、岡本夏生。ちなみに私もいわゆるバブル世代。

P8064236_convert_20110807005627 キーマカレーを作ろうと思っていたところなので、まさしくタイムリー。来週は、キーママタールを作るかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビア・チャンを10年ぶり?にラッパ飲み

今日のお昼は、いつものお店に。

Nec_0262_convert_20110806020633 カレイのバター焼き、ポテトサラダは久しぶり。汁気のないこの2品と筑前煮に対し、小松菜のお浸し、味噌汁が大切なのです。

夜は、南船場・タマダーに。撮影中でしたが、入店可とのことで、奥の席におじゃましました。

Nec_0263_convert_20110806021452 カオラートゲーンの置き場の撮影だったので、飲み物をいただき暫し待機。基本的に酒を飲まない人になった私ですが、今日は超ムカツクことの連続だったので、ビア・チャンをラッパ飲み。ヤケ酒ですな。

ちなみに酒に弱い私は、前回いただいたリオ(LEO)の方が飲みやすいかも。シンハは濃厚で、豪華ディナーに合う感じ。チャンは中間かな。タマダーさんでいただくには、ライトなリオが一番かも。逆にシンハをチビチビってのもいいかも。

あと、東南アジアのビールで忘れられないのが、ラオスのビア・ラオ。リオと同じく軽くて、雑味が少ないんです。暑い国ではこの手のビールを冷房の効いていないところ飲むのが一番おいしいかも。

そう考えると、またリオを飲みたくなりました。濃厚なイメージのあるシンハに慣れている人は、タイでライトなビール、リオを飲むと、えらい安っぽいビールやな~と感じるかもしれません。それでも、リオならガンガン飲めそう。そう言えば、チャンが勢いづき始めた頃は、シンハに比べて飲みやすいと思いましたね。ノーン・カイで20本ほど飲んだことがあったことを思い出しました。

今は小瓶で酔えるようになった私。安くつく人になれて幸せです。

Nec_0264_convert_20110806021517 最初のぶっかけ飯は、ラープ、ナス、カニ。肉、野菜、魚介です。意外にも、ナスがヤムウーセンぽい風味で美味!カニも手でパリパリやりましたぞ。手が汚れようが関係ねぇわ!旨い!

Nec_0265_convert_20110806021530 今日は撮影があるとのことで、準備中という麺コーナーがお店の入口のところに設置されていました。太麺と細麺があり、たまさん(昨日タイからご帰国!)のオススメは細麺。そう、私もそう思っていたのです。で、私、栄誉ある注文第1号となりました!!

シンプルに見えますが、意外と凝った作りです。平たい油条(揚げパン)ぽいもの、魚のつみれのスライス、豚肉、サニーレタス、そして欠かせないもやしが入っています。

そして、例の調味料セット!これが運ばれてきたとき、思わず声を上げてしまいました。「コレ、これ!うれし~っすねぇ!たまらん!」

最初にニョクマム、青唐を投入、粉末状の赤唐辛子をふりかけ、砂糖も入れました。つまり全部。私はニョクマムと青唐を大量投入するタイプ。本当は青唐を全部入れようと思いましたが、さすがに迷惑がかかりそうなので、思い留まりました。

砂糖については、いつも入れるかどうか迷いますが、これを入れるとコクが出るんですよね。甘みとか表現されることが多いですし、確かに砂糖を入れると甘辛になりますが、私は甘みではなく、コクを出すものだと思っています。砂糖嫌いの方も、だまされたと思って入れてみてください。味の変化に驚かれること必至です。

Nec_0266_convert_20110806021551 麺を食べて帰ろうかと思ったところで、再び撮影が再開。このときのセッションはなかなかおもしろかったです。まさに撮影現場に立ち会ったという感じ。

撮影再開前に追加で頼んだのは、この2品。タマダーさん自慢のグリーンカレー、そして、ガイヤーン。もちろんタレ付きで。

ちょっと今日は食べ過ぎましたが、撮影現場に立ち会ったこともあり、とても楽しく過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 5日 (金)

コザンブがタミル風に?

今日も朝食は、サツマイモのアーンドラ風コザンブ。

P8054181_convert_20110805071950 辛みが増してきたので、甘さが影を潜め、粗糖なしのタミル風に近づいたかも。

これに今日は、アイスの普茶を添えました。プアール茶の独特のカビ臭さがアイスになるとスッキリした感じになり、これはこれでおいしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 4日 (木)

3種のヴェジ

今日は出張で激務をこなし、得意の荒技を使い、逆にいつもより早く帰宅できました。いつもは3セッションのところ、今日は5セッションをこなしました。ちなみに来週も5セッション。夏休みで頼りの人がいないので、明日は慣れない仕事もこなす必要があります。体力と気力が持つかどうか。そのため、疲労困憊どころか、朦朧としながらの帰宅となりました。

ちなみにお昼のお弁当は、穴子寿司、松前寿司、巻寿司のセット。もちろん、例によって、まねき食品謹製。やはり姫路では穴子でしょう。

それでも、早めに帰れたので、今日は、ピザリアでアイスを買い、シブレットでお惣菜という、ヘルシーな立ち寄りが実現。いや、そんな食べ物が食べたくなるんです。

P8044176_convert_20110804215525 今回は、これでもか!というくらい沢山の種類のお惣菜が入っているお弁当ではなく、1種類の量が多めがいいなと思い、お惣菜を単品で3種類購入。

春雨サラダ、チャナ豆のトマト煮、そしていつもの青菜のサラダ。これにライスを合われば、簡素ながら立派な食事になります。

豆は便利な食べ物です。タンパク質が摂れ、食物繊維も豊富。お通じの改善に即効性があり、しかも低カロリー。それに野菜を合わせれば、ビタミンも摂れます。適度の油分、脂質も重要な要素。今日の食事は、健康的でバランスのよいものになったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

気になる料理~ツンデレなコザンブ

今朝も、さつまいものアーンドラ風コザンブ。

P8044170_convert_20110804064733 具が大きいので、大カトリに入れてみました。

作りたてのときより、さつまいもの甘み、青唐辛子の辛みも強まり、一層個性が増しました。

甘辛さ、酸っぱさ、それにさつまいもと玉ねぎのの食感など、など、食べ進むに連れ、おもしろさを感じさせてくれます。

決しておいしい!と感じる一品ではないのですが、これを食べ続けて数か月、数年経てば、「あれ食べたい。」と思うときが来るような気が。

あっ、そうだ。どこかで聞いたことのある表現を思い出しました。

「ツンデレ」なカレーなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 3日 (水)

骨付きマトンカリーとトゥールダル

今日のお昼は、いつものとおり。今日もゴーヤの煮浸しがありました。

Nec_0260_convert_20110803201019 鯖の煮付けは、まさに、ごはんの友。お昼においしい鯖の煮付けを食べられるお店って意外とないですよね。転勤したくないです。はい。

Nec_0261_convert_20110803201054 これは、仕事帰りに立ち寄った梅田で、一杯やったところ。

阪神梅田駅改札前の、元祖ミックスジュース(140円)。久しぶりに飲んだけど、やっぱおいしいわ!冷たいし、フレッシュだし、甘さがスッキリ。デパ地下などのジューススタンドで1杯数百円するのは、ちょっと高い気がしますね。

P8034157_convert_20110803200718 夜は、骨付きマトン目当てで、タリカロへ。今日はあまり混んでいなかったので、久しぶり、いや、初めて店内を撮影。この空間の虜になっている人は結構多いのでは。

P8034159_convert_20110803200743 最初は、ちょっと高いので今日はやめようと思いつつ、つい頼んでしまう、店長さんオススメの激辛サラダ。既に病みつきになっております。

P8034162_convert_20110803200917 メインの骨付きマトンカリー。骨付きなので肉の量は少なめ、それで食べるのに少し手間がかかるので、私のような早食い、ダイエット中の者にはぴったり。

やはり骨付き肉のカレーはおいしい!表現のしようがありません。私はいつもこれを食べるとき、カニを食べるときのようになってしまいます。

P8034164_convert_20110803200957 そして、今日はトゥールダルのカリーをおかわりしました。これもマトンに劣らず絶品です。甘いダルの香りとおいしさがたまりません。一度、豆カリー10人分と注文し、どんぶり茶碗でいただきたいと思っております。いつか実行しますよ。本当に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝食はコザンブ

今日の朝は、昨夜遅くに作った、さつまいものコザンブ。

P8034152_convert_20110803073222 ビンディ・マサラ、アチャール、浅漬けを添えていただきました。

コザンブは、結構辛く、酸っぱい。そして、酢豚のような甘辛さもあり、なかなかマニアックで変わった味。

甘・辛・酢のバランスとしては、食べた後に「辛」があとをひくので、甘ったるい、酸っぱ過ぎるということはなく、大きく切ったサツマイモの野暮ったさに参らず、複雑ながらも爽やかが感じられ、なかなかの出来かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 2日 (火)

さつまいものアーンドラ風コザンブを自作

今日のお昼は、いつもの萩。

Nec_0259_convert_20110802221912 ゴーヤの煮浸し、冬瓜のあんかけ、青菜と厚揚げの煮浸し、魚はカレイの煮付け。

夏にぴったりの冷製の煮物は、その食感と風味が抜群。和食ミールスって感じです。

P8024144_convert_20110802221612 夜は、余りものに、レトルトのパニール・ティッカを加えました。左からビンディ・マサラ、冬瓜とチキンのヨーグルトカレー、パニール・ティッカ、ムング豆の激辛ラッサム。

レトルトはインドMTR社のもの。最近輸入食料品店でよく見かけませんか?味は、まあ、レトルトですが、日本人向けの辛くないインド料理店の味って感じで、それなりにスパイシー。意外にも、原材料に変なものは入っていないようです。確かに後味はそれほど悪くありません。ちなみに会社はバンガロールにあるようです。

そして、今夜は、何と夜9時前から、調理開始。サツマイモが余っていたので、渡辺玲先生の「カレーな薬膳」をパラパラ捲っていたら、作れそうなレシピを発見。

サンバルパウダーやタマリンド汁を作らなければなりませんが、ニンニク、しょうがをすりおろしたり、ダルを煮る必要がなく、何とか風呂の時間までには間に合いそうだったので、思い切って野菜を切り始めました。

P8024145_convert_20110802221649 テンパリング用スパイスを熱した後、タマネギを軽く炒め、サツマイモ、トマトの粗みじん切り、青唐辛子(宇陀産)、カレーリーフを入れて炒めているところです。

P8024146_convert_20110802221709 その後、パウダースパイスと塩を入れて弱火で炒め、マサラっぽくして、タマリンド汁、そして粗糖を入れます。粗糖を入れるとアーンドラ風で甘酸っぱさがポイントになり、入れないとタミル風になるようです。入れないでおこうか迷いましたが、今日はアーンドラ風に挑戦ということにしました。

P8024151_convert_20110802221736 沸騰させて煮込んだ後、サンバルパウダーを入れて、さらに煮込んで出来上がり。意外と簡単にできてびっくり。

味見しましたが、確かに甘酸っぱい。今まで食べたことがないカレーです。ダルを入れないサンバルのようなものとのことで、早速明日の朝に食べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カレーの木の実が黒変

最近枝や葉の成長が止まり、後発の3号、4号の鉢の木の実が瞬く間に膨らみ、赤く色づいてきました。

P8024134_convert_20110802071329 そうしたら、1つの実が、昨夜赤みがかっていたのに、今朝には黒色に。これには驚きました。さて、これからどうしたらいいのでしょう?調べます。

P8024139_convert_20110802071350 朝食は、最後になった、ベジタブル・コルマ。これは、タマネギを使わず簡単にでき、失敗しにくそうなので、これから常食用として週末などに作ることになりそう。

あっ、そう言えば、羊肉が冷凍庫にあったことを思い出しました。週末はローガンジョシュに再挑戦するかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 1日 (月)

ヨーグルトチキンカレーのみが救い

今日のランチは、谷五・萩。

Nec_0258_convert_20110801213720 小鉢×4+鮭塩焼+御飯+味噌汁=900円。久しぶりの900円台。

お腹が空いていないときなどは、例えばイカ大根、青菜の煮浸しの2品で済ませば、ワンコインで済ますこともできますが、野菜不足を補いたい気持ちと、食欲抑制困難体質からついつい小鉢が増えてしまいます。

P8014131_convert_20110801213426 週明けの職場は、冷房なしの重役室で長すぎる会議(サウナで知らんおっさんと我慢比べしているみたいでした)、やっつけ仕事、非常にデリケートな相談、緊急措置等など、もう仕事てんこ盛り状態。

帰りは、電車に乗り損ね、それで自棄になって歩きまくり、いい汗かいた!と思ったら万歩計が誤動作。。。そのあと子供に正面衝突され、まあ、いろいろ踏んだり蹴ったりで、たまらん週明けで御座いました。

帰宅後は、自作のベジクルマ、チキン、ラッサム。このチキンのヨーグルトカレーは、タマネギの炒め具合が良かったのか、素晴らしい香りが楽しめて至福の極み。ちと救われました。

今週の目標:①平日に一度カレーを作る、②歯医者の予約をする。さてどうなるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »