« カルータラのスペシャルランチ、何かが・・・ | トップページ | 冬瓜とチキンのヨーグルトカレー »

2011年7月29日 (金)

サラダもカリーも新境地に

今夜は、久しぶりに、満を持して、タリカロに。

カメラも今日ははスマートフォンではなく、デジカメ。ちょっと気合いが入っていた私。

P7294075_convert_20110729211152 最初は、激辛サラダ。スパイスの配合を少し変えたようで、ドレッシングとしての一体感が感じられ、野菜との絡み、独特の表現し難いコクと言うか、ドロッとした食感と風味に尖ったところがなく、ちょっと濃いめで、ほどよい食べ応えが感じられ、いい仕上がりでした。目立たないところですが、パプリカ、レッドキャベツがいい按配!

P7294078_convert_20110729211353 これは、激辛アチャール。量がちょっと多め!ようやくこれを食べることができる身体、体調に戻ってきました。しかし、後から辛~っ系の最高峰ですよ、これは。

P7294077_convert_20110729211310 そして、いよいよマトンカリーの登場。豪華です。今日のマトンはモモ肉。かなりいい仕上がりとのことで、これまた期待大。

P7294082_convert_20110729211521 いつもより、少し赤みがかっています。お肉の大きさもちょうどよい切り方。モモはバランスがいいです。

そして、カリーについては、上品な酸味が感じられ、いつものようにペッパー系のみの辛みとは異なった風味。酸味が効くことで、その対比でお肉の甘みが引き立ち、さらに辛みも微かに引き立ち、それでいて、ペッパー系の辛みが後から来る。う~ん、これは新境地ですよ、新境地!

今までのマトンカリーも大好きだけど、今日のマトンカリーも素晴らしかったです。もしかしたら今日のタイプの方が一般的なのかも。

しかし、酸味を出す調理法は、インド料理ではよくあることだと思いますが、この酸味の加減は非常に難しいと感じています。トマトやタマリンドで酸味を加えることが多いのでしょうが、私はトマトが特に難しいと思っています。タマリンドは少量でも結構効くのですが、トマトって水分が多くて調整が難しいんですよね。今日の酸味加減は絶妙でした。

とにかく今日のマトンカリーはバランスが素晴らしかったです。他の追随を許さない、ありそうだけど、ここにしかない、「スタンダード」な一品を作り上げてしまったような気がしますよ、私は。何か老舗ホテルの定番って雰囲気さえ感じた、今日のマトンカリー。気品ある一品に酔い、惚れました。

Nec_0239_convert_20110729212145 帰り際に買ったのは、「翌ケロ」。沖縄製で、成分は春ウコン、夏ウコン。かなり効くようで、あの店長さんの一押しとなれば、買うしかありません。300円です。ん、しかし手許にない。。。お店に忘れてきたかもしれません。

|
|

« カルータラのスペシャルランチ、何かが・・・ | トップページ | 冬瓜とチキンのヨーグルトカレー »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/52340731

この記事へのトラックバック一覧です: サラダもカリーも新境地に:

« カルータラのスペシャルランチ、何かが・・・ | トップページ | 冬瓜とチキンのヨーグルトカレー »