« 激辛ラッサムライス、夜はまさかの・・・ | トップページ | チリ・コンカンとラッサムライス »

2011年7月26日 (火)

気が付けば海鮮三昧

今夜は、久しぶりに、ビストロ中華・へいぞうさんに。

何と訪問は、開店日以来、かんぱちのカルパッチョ風が忘れられず、以来ずっとおいしい魚料理が食べたい、行きたいと思っていて、機会を逸していました。

本日のオススメとして提供されていた魚があるかな、いや絶対にある、などと期待と不安が交錯する気持ちを持ちながらの訪問となりました。

今日はマスターと留学生の女性のお二人がお店に。何と私の顔を覚えてくださっていて感激。

Nec_0218_convert_20110726205903 メニューは不安をよそに、こんなに豪華な内容。開店初日は1品だったのに、いやいや、これにはびっくり。

Nec_0216_convert_20110726205920_2 そして、学生さん向きのサービスとして、こんな豪華で激安のセットメニューも。見ているだけで嬉しくなりますが、よく考えたら私は立派な中年。最近量をこなせなくなり、このボリュームはちょっと無理かも。

Nec_0217_convert_20110726205935 さらに、これは、ランチメニュー。メニューを見ることが好きな私の心の内がなぜ分かるのでしょう。見せてもらえて嬉しかったです。中華風キーマカレーが著しく気になります。女性の店員さん、これ大好きだそうです。中華の香辛料を使用したカレーのようです。カレーと中華のコラボは、南船場のゴヤクラさんでしか味わえないと思っていたので、これはまた嬉しい発見。マスター、料理好きなんだな、楽しんでおられる、って感じで、こちらまで嬉しくなってきてしまいました。

Nec_0213_convert_20110726205954 まず最初は、有明海名産タイラギ貝柱のカルパッチョ。ありました、イメージどおりのメニューが!蒸し暑さで疲労困憊の身体にぴったりです。

貝柱は本当に微かな弾力と、僅かなねっとり感がある、極めて上品な食感と味、そして、ベイリーフの独特の香り、トマト、モッツァレラチーズの食感、さらに仏のディジョン・マスタードのまろやかな辛みのスーパーコラボ!何も言うことはありません!

Nec_0219_convert_20110726210009 これは、鱧のトマトチリソース。実は私、鱧があまり好きではなく、おいしく鱧が食べられるお店がないかと、ずっと何年も前から何となく考えていました。今日は魚の仕入れがなく、最近よく鱧が入るようで、今日も鱧は3種類の料理法で提供されていましたが、頼むべきかどうか長考しました。

結果、長考した挙げ句、注文してよかった!鱧は天ぷらにしてから炒めることで、フワっと仕上がるようです。この鱧、後味がよろしいではありませんか。私は鱧の食後の何となくイヤな香りがダメで、あれは古い鱧のアンモニア臭とのこと。この一品は、そのようなイヤな香りが全くせず、フワフワで、しかもチリソースが旨味をぐっと引き立て、素晴らしかったです。

Nec_0220_convert_20110726210025 そして、さらに嬉しいことに、九州産の激辛唐辛子が。なぜ私が激辛好きだと知っているのでしょう?と思ったほど、タイミングがいいです。これをドバドバかけると、結構な辛みが楽しめ、風味も上がって、これでこそ私の好きなチリソースという感じになり、旨さ倍増、思わずライスを追加してしまいました。

魚好き、激辛好きの私にピッタリとくる、ビストロへいぞうさん。開店以来、長い間訪問しなかったのが、悔やまれます。

今日いただいた、貝柱のカルパッチョと鱧のチリソース、どちらも800円前後ですが、ホテルとかだったら1,800円くらいはとられるでしょう。

気が付けば海鮮三昧の中華を堪能していた私。奈良で新鮮な魚介を、しかも中華でいただけるお店があったという再発見ができ、今日は本当に嬉しい夜のひとときを過ごせました。

今度は、海鮮と汁なし担々麺、ランチで中華風キーマカレーをいただく予定。また、これから、九州直送の新鮮なお魚を堪能さえていただくために、ちょっと足を伸ばして行こうと思っています。ごちそうさまでした。

|

« 激辛ラッサムライス、夜はまさかの・・・ | トップページ | チリ・コンカンとラッサムライス »

中華料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気が付けば海鮮三昧:

« 激辛ラッサムライス、夜はまさかの・・・ | トップページ | チリ・コンカンとラッサムライス »