« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

暑い日にぴったりの野菜の惣菜で栄養補給

今日の昼は、いつもの萩。

Nec_0020_convert_20110630195431 昨日に引き続き、溶き卵の冷製、今日は中に白子っぽいものが。

それに柔らかい竹の子のお浸し、里芋と干し椎茸の煮付け、カレイのあんかけ、全てが激しく旨い!

溶き卵の冷製は、外のメニューを見ると、「はもの子の玉子とじ」でした。今週は猛暑に合わせ、滋養が付きそうで、かつ食べやすい夏のメニュー満載という感じ嬉しい限り。

そして夜は、シブレットのお弁当。ダッシュで帰り、何とか閉店直前に間に合いました。

Nec_0024_convert_20110630195607 お弁当「豊」のおかずは、ひじき煮、タコのマリネ、ハンバーグ、アボガドのサラダ、はちくと油揚げのお浸し、きくらげのサラダ、セロリが入った煮物?と豪華な内容。

それに、いつもの青菜のサラダ、あとは今日は特別にびわのタルトを追加しました。

ここのお惣菜、特にサラダ、マリネ系は、野菜のほのかな苦味、食感の生かし方が実に上手い。マリネやお浸し系も油っぽくなく、少量でも旨さで食べ応えを感じることができ、とても真似ができないという内容のお惣菜ばかり。

はちくは、今日のお昼のたけのこだと思っていたものであることに気が付きました。萩もシブレットも、旬が終わりかけのたけのこの類を、使うとは憎い限り。蒸し暑い日にぴったりの一品ですから。

あと、びわのタルト、私は日本系のフルーツの甘みが苦手なので、実を言うと期待半ばで購入したのですが、大当たりでした!びわの甘みがこんなにさわやかだとは知りませんでした。フレンチシェフの本領発揮って感じでした。

今日は野菜のおいしさを満喫できた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月29日 (水)

昼は萩で冷製を、夜はタリカロでマラックを満喫

それにしても今日は暑かった。

湿度は40%台ながらも,昼間などは,あたかもバンコク市内を歩いているようでした。

Nec_0013_convert_20110629205552 昼は例により谷五・萩。カレイの南蛮漬、トマトとたまごの冷製という珍しいものを即選択。トマトとたまごの冷製は、とってもさわやか。日本の中華にはないけど、中国ではよくありそうな食材の組み合わせ。お味はもちろん和風ですが、さすがは萩の女将さん、すばらしい仕上がりでした。

そして、夜は、既に週の中日にもかかわらずバテ気味なので、ホワイトアスパラとマラック狙いタリカロに。食べやすく滋養がありそうでしょ。

Nec_0014_convert_20110629205613 残念ながらホワイトアスパラはなかったものの、この間目から鱗だったズッキーニとパニールのサラダ、そしてありました、マラック!!

Nec_0015_convert_20110629205634 今日は19時30分入店時に貸切状態。まず最初にサラダを出してもらいました。店長さんのライム絞り、マサラのふりかけで気分が盛り上がります。それにしても、このサラダ、パニール、ミントの苦味のアクセント、ズッキーニの食感と風味がたまりません。今日はイエローのパプリカもおいしかった。赤よりおいしく感じたのですが、パプリカって色が違うと味が変わるのでしょうか?

Nec_0016_convert_20110629205657 そして、マラック。何も言うことはありません。素晴らしいの一言。無言でじっくり堪能させていただきました。

Nec_0017_convert_20110629205715 最後はアンドラ・マトンカリー。2種類のお肉が入っていたと思います。異なる食感が楽しめ、しかも旨味がたっぷり。しびれる旨さです。キャベツのポリヤルも完璧、トゥールー豆のカレーの甘みに溺れそうでした。久しぶりに食に感動しました。

今夜は退院後、初めてお腹が膨れるほど食べました。しかし振り返ってみると、それほどの量でもないですね。まだ体調万全ではないのか、回復に時間がかかるのは加齢の影響もあるのでしょう。

ふと思ったことですが、40歳を超えてフルコースのディナーが食べられる人ってすごいと思いました。それに酒も飲む人。私は未熟児だったので、やはり基本的に身体の器官が発達しにくく、弱いのかもしれません。

もう少し暴飲暴食は控えて体調を整え、いずれ夜タリをがっつり食べられるようになることが、今の目標です。

Nec_0018_convert_20110629212015 ・・・帰宅後、タイミング良く、こんなものが届きました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月28日 (火)

へしこ寿司

今日の昼は、いつものお店(谷五・萩)。

Nec_0011_convert_20110628193809冷たい小松菜のおひたし、柔らかいカレイの煮付けは、暑さでバテかけた身体をいやしてくれます。

そして、夜は、上六・近鉄の地下で珍しいものを見つけ、しかも半額ということで、即購入。

Nec_0012_convert_20110628193855 越前のへしこ寿司。小松菜の惣菜は、別の店で購入したもの。

へしこは予想に反し、それほど塩辛くなく、あの独特の香りが楽しめました。

8年前ころに舞鶴(京都)を担当していた頃は、現地やちょっと足を伸ばして福井県の高浜や小浜あたり、あとは京都市内でよく食べたものです。ただ、へしこ寿司は今日が初めて。こういう面白い企画は、デパ地下ならでは。

明日は週の中日。久しぶりに出張がなく、夜はどうしようか思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月26日 (日)

今日はマドラスキッチンと雨宮製麺所

今日のランチは、マドラスキッチン。ちなみに以下の写真は、全てスマートフォンで撮ったので、画質はあまりよくありませんので、あしからず。

Nec_0003_convert_20110626215009退院後初めてのヴェジミールス。

今日は、ポリヤルが2種類!上に乗っかっているのはナスっぽかった。

かなりスパイシーなラッサムはこの店ならでは、ミールスには欠かせません。今度自作する時、ブラックペッパーを多めかつ粉状のものも投入して真似してみようかと思っています。

そして、夜は、久しぶりに雨宮製麺所に。

カレー作りに忙しく、入院したこともあり、ご無沙汰していましたが、ようやく訪問が実現しました。

Nec_0008_convert_20110626215102 やはり最初は、鯖のワインビネガーマリネ。相変わらず素晴らしい仕上がり。今日は蒸し暑かったこともあり、冴えわたる旨さを感じました!

Nec_0009_convert_20110626215131 パスタは、ローストチキンのカルボナーラ風。例によって、ネギのトッピングと、ブラックペッパーが散りばめられており、この2つが味をさわやかにし、かつ引き締めてくれそうです。

Nec_0010_convert_20110626215147 メニューから想像するに、ちょっとしつこいかと思ったのですが、やはりそこは計算されていました。蒸し暑い今日のような日でも、しつこく感じられない“カルボナーラ風”は、やはりブラックペッパーがいい仕事をしてくれていたようです。

今日は、2つのお店に元気をもらいました。野菜、タンパク質共に久しぶりにきちんととれましたし。これで、明日からの1週間、何とか頑張れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝からミルフォード

今朝は、近所のミルフォードにパンを買いに行きました。

Nec_0002_convert_20110626085943 エビカツパンとピザパン。これ以外に、食パン半分も購入。

P6263925_convert_20110626082337_2 上はスマホ、下はデジカメの写真。やはりスマホはややピンぼけ気味。もう少しきちんと写ってくれると嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月24日 (金)

スマホを衝動買い

金曜日の仕事帰りに買ったスマートフォン。

ドコモショップに、スマートフォンの通信方式、料金体系などを聞きに行くだけのつもりが、偶然にも新機種の発売日に在庫あり、そして薄さが許容範囲だったので、衝動買い!

P6263928_convert_20110626082851前回買い換えは平成18年なので、約5年ぶりの機種変更。

フルブラウザでインターネットが利用でき、好きなアプリをインストールして楽しめ、殆どパソコンと同じ感覚。これがあれば、ノートPCは不要そう。

問題は電池の持ちが非常に悪く、起動に1分以上かかるのが、この機種のデメリットだとか。

NEC製は初めて携帯を買った時以来。当時はスティックタイプ全盛で、二つ折りが不人気で、皆から「パカタイプ」と言われ、バカにされたものです。

暫くはこれで遊べそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月23日 (木)

香りにつられて、谷六・伽麗伊屋に念願の初入店

夜は、谷町六丁目、谷町筋を下り、空堀商店街を少し越えたところにある、伽麗伊屋さんに初入店。いつもお店の前を通ると、欧風っぽいカレーのいい匂いがするんです!ずっと前から入りたいと思いつつ、一度行けば病みつきになりそうで、我慢していました。

P6233924_convert_20110623202456 オーダーは店外の黒板に書かれていたオススメメニューのビーフカレーセット(850円)。単品は800~1,000円とそれなりのお値段なのに、このセットは、スープ/サラダ、ドリンク/アイスが付いて850円とお値打ち。

サラダはしっかり冷やされ、キャベツのシャキシャキ感が、蒸し暑く火照った身体を冷やしてくれました。にんじんの千切り、トマト、ゆで卵のスライスも添えられ、ドレッシングの味も良く、セットのサラダとは言え、手抜き感は全く感じられませんでした。

カレーは、オーソドックスですが、見た目どおり濃厚でかつ、しつこくなかったのが印象的。見た目は欧風ですが、喫茶店で食べられるカレーの本格的なバージョンとでも言うべき、よくありそうなカレーながらも、よく考えると特に大阪においては、オリジナリティ溢れる本格的なお味でした。

当然のことながら、この手のカレーはらっきょうと福神漬がよく合います。特にらっきょうは比較的大粒で食べ応えがあり、上手くカレーのおいしさを引き立ててくれました。

最後のデザートのアイスクリームは、サラダ同様、比較的ボリュームがあり、カレーの後に食べると口がさっぱりして、いい組み合わせだと思いました。それでもカレーの後にアイスって、意外とないなあと思いました。その点、このお店はよく考えておられると、一人納得しながら感心していました。

インディアンなどの大阪風カレーではなく、ごく一般的なおいしいカレーを食べたいときには、この伽麗伊屋さんはオススメです。

古風ながらも、広めのカウンター、カウンターだけのお店ながらもゆったりとした作りも魅力です。

スパゲッティーカレー、ドライカレーなど、楽しめそうなメニューもあり、トッピング類も豊富なので、いろいろと楽しめそうです。谷六でキラッと光る老舗のカレー専門店です。

関連ランキング:カレー | 谷町六丁目駅松屋町駅谷町九丁目駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝は、富雄・ASHのレーズンパン

今日の朝は、富雄・アッシュのレーズンパン。

P6233923_convert_20110623065512 三ノ宮(北野)サ・マーシュのブリオッシュも添え、いい感じ。

それにしても、アッシュのパンは、どのパンにも共通する、この店独特の香りが感じられ、何と表現してよいのか分かりませんが、病みつきになってしまいます。

今度は、日替わり食パンでずっと気になっている、紅茶(アールグレイ?)のパンを入手したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月22日 (水)

マトン“ヒレ”ステーキ、それに・・・!

今夜は予約の客としてタリカロに。

今日は非常に蒸し暑く、疲れ果てていました。ちなみに今日は出張日だったので、お昼は、例によって、まねき食品のあなご寿司。ちょっと高いけど、もう病みつきになっています。

暑かったので、一旦帰宅してシャツを脱ぎ捨て、身体をさっときれいにしてパッと着替えてからタリカロに向かいました。

P6223911_convert_20110622195509 これは、ズッキーニとパプリカ、パニールのサラダ。店長さんが仕上げに、お皿の上からライムをギュッと絞ってくれ、さらにマサラをふりかけてくれました。サラダだけで気持ちが盛り上がるってすごいと思いませんか?

生のズッキーニは全くクセがなく、薄くスライスすることでサラダとして素晴らしい食材に。目から鱗でした。それにパプリカのほのか渋み、ミントの苦味(これがかなりポイント)、そしてパニールのコクが相まって、さっぱりした中にも食べ応えがあり、かつ後味がとてもさわやかなサラダに仕上がっていました。

このサラダ、パニールの脂肪分は別として、全くオイルが使われていないにもかかわらず、おいしかった!この手のサラダは、どうしても物足りなさを感じるのがつきものですが、このサラダは違った。旨い、上手い!

P6223914_convert_20110622195626 そして、今日のメインのヒレ・ステーキ。マトン1頭からこれだけしかとれないようで、超希少!ソースは、手前がミントチャツネ、後方がマンゴリキュールのもの。ステーキの下に敷かれたものは、ムングダルのマッシュとでも言うべきもの。

お味は、極めて上品!これがマトンだとは思えませんでした。ただ、マトンの旨味はきちんと感じられ、上品極まりないマトンの食べ心地は、至極と言えましょう。そして、ソースもおいしい!私の好みはクリーミーなものですが、マンゴリキュールのソースは思ったほどツンとしたところがなく、あっさりしたヒレの旨味を引き立てていました。それに、何気なく添えられているコリアンダーがいい仕事をしてくれます。これが1,800円。素晴らしい一皿でした。

P6223917_convert_20110622195651 最後は、豆ポリ。今日の豆はチャナでしたが、豆の形がなくなるほど、実にしっかり煮込まれており、トマトも入り、それでとってもスパイシー。これは、おいしい!!サラダとマトンもおいしかったけど、この豆カレーは尋常ではない旨さでした。あと、キャベツのポリヤルも、水っぽさが全くなく、上手い仕上がり、さすがです。

ちなみに、お隣の席には、スネの煮込みが!体調万全だったら、私も頼みたかった!!正直なところ、煮込みはモモより絶対スネの方がおいしいと思います。煮込めば煮込むほどおいしいスネ。次回は絶対ゲットしたい一品です。

以上、念願のヒレ・ステーキだけではなく、今夜は目から鱗のズッキーニのサラダ、そして、チャナダルのカレーに驚かされ、大満足のディナーになりました。

P6223922_convert_20110622202048 デザートは、出張先(姫路)で買ってきた、あなごパイ。なかなか美味でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月21日 (火)

シブレットのお弁当

今日は久しぶりに早く帰宅できたので、シブレットのお弁当を買いに。

P6213908_convert_20110621194050 前にもらった割引券は2月14日付け。約3か月ぶりで、お店の方とも顔を見合わせ、「そんな前でしたっけ?」。

それで、弁当だけのはずが、いつものように青菜のサラダを追加。そして、“トンボ節”なるびんちょうマグロの煮付けも追加。久しぶりなので、つい目移りして欲張ってしまいました。なお追加したものは、明日の朝用。

やはりシブレットのお惣菜は一級品でした。素材の味が生かされたやさしい味わい。それでいて、物足りなさを感じないのはすごいこと。青菜のサラダは微妙に使う野菜が変わり、かつお節の風味が食欲をそそります。

毎日でも買いたいお弁当。次はいつ立ち寄ることができるでしょうか。早く仕事を済ませ、予約も活用することを思案中。

P6213909_convert_20110621194114 そして、食後は、サ・マーシュのブリオッシュを焼き、デザート代わりに食べました。ちょっと食欲が戻ってきたみたいです(要注意)。さっぱりしているのが、この店のパンの魅力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月20日 (月)

今朝はブリオッシュづくし

今日の朝は、ブリオッシュ2種。

P6193904_convert_20110620013628 角ブリオッシュと手前のカスタードが入ったパンはサ・マーシュ、小袋入りはブルティガラのもの。

サ・マーシュの角ブリオッシュはあっさり目で、焼くとブリオッシュらしい甘みが出てきます。食事に合わせて使えるブリオッシュだと思いました。カナッペのように、上にいろいろトッピングを乗せて食べる楽しみがありそう。

 *

今日は週明け。

でも、ジメジメとしていて、仕事も多忙を極めて疲れました。

もうちょっと酒が強く、年が若ければ、プハーっと一杯!ってやりたいところですが、そんな楽しみ、体力もなく、トボトボ帰宅。

帰りに駅前のケータイショップとやらに数年ぶりに寄りました。実はスマートフォンに変えようか、激しく悩み中。どれもiphoneに比べると、デザインがイマイチ。iモードに代わり、どうやって通信するのかも分からず、番号札をとろうとしたけど、待つのも面倒臭く感じ、結局帰宅しました。得意の先送りの技なり。今週中に結論を出す予定です。

P6203905_convert_20110621194024_2 今夜の食事は、難波駅で買った“ご当地ロール”と、単品の柿の葉寿司(さば、穴子)。

ご当地ロールは洋風。ただ茶飯がいい按配。穴子の柿の葉寿司は、さばに比べ柿の葉の香りが立ち美味。

未だ料理する気にはなれずです。再開は週末以降かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月19日 (日)

マドラス・キッチンにも復帰

今日の昼は、2週間ぶりにマドラス・キッチン。

まだ、“フル”にミールスを食べられそうになく、久しぶりにドーサを注文。 

P6193901_convert_20110619175542 ココナッツ・ドーサは、マサラ・ドーサと違い、中にココナッツ・ロングが入っていて、これにチャトニーを付ける訳だが、まさにココナッツ三昧!

そして、サンバルが今日はいつもと違う具材。オクラ、三度豆、じゃがいもという組み合わせ。青色の野菜がこれまたいい!

P6193903_convert_20110619175622 ドーサ注文後、やっぱり我慢しきれず、タンジュール・フィッシュ・フライを追加。魚はタラだろうか?外側が微かにカリッと揚がって、スパイシー!ただ、中の身がとても柔らかく、そのコントラストを楽しめ、見た目ほどの量がないので、サイド・メニューとして頼むのにちょうどよいボリューム。

ちなみに、今日は客入りは、まあまあ。今日はBではなく、Aランチが人気の様子でした。確かにランチメニューは安く、ランチ並の値段のものを単品メニューから探すと、ドーサくらいになってしまう。ドーサは見た目食べ応えがないし、インド料理店に来たのだから、ナンとカレーという選択になるのでしょうか。ランチに、ポリヤル、サンバル、ラッサム、ライスと(サンバルおかわり1回可)いう、ミニ・ヴェジ・ミールスなるCランチなどを追加したら・・・、これじゃ肉系がないから売れないかなぁ~なんて勝手なことを考えてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月18日 (土)

ポークヴィンダルゥを追加したノン・ヴェジプレート

今日の昼、タリカロに行こうとしたら、売り切れのツイート。

少し体調が安定してきたので、夜タリは無理にしても、ランチならと思ったのですが・・・。

そして夜に仕切り直し。

大雨の土曜日ということで、空いているかと思いきや、ほぼ満席。

調子が良かったので夜タリにしようかと思ったのですが、やはり夜タリは動物性たんぱくが多く、メニューを見ていて身体が受け付けなかったので、ヴェジミールスに変更。ただ、少し動物性もつまみたい、ということで、久しぶりにポーク・ヴィンダルゥを添えることにしました。

P6183893_convert_20110618203611 まず最初は、ポークヴィンダルゥ。豚肉好きにはたまらない一品。添えられている、たまねぎのアチャール、そして今日はスナップえんどうのポリヤル、これがまたポークによく合います。素晴らしい。

P6183895_convert_20110618203651 そして、このヴェジプレートが来るまで、ヴィンダルゥを我慢して残しておきました。スナップえんどうのポリヤルがキラッと光っています。このプレートにヴィンダルーも混ぜながら食べたので、ヴェジならぬ、ノン・ヴェジプレートとなりました。

やはりタリカロのラッサムは独特です。濃厚でスパイシー。個人的にはこれとは正反対のシャバシャバ系が好きなのですが、このラッサムは濃厚・薬膳ラッサムとも言うべき、滋養に富んだ感じで、クセになります。

少しライスは多めに感じるところ、まだ本調子ではないのかも。それでも完食したことで、次回以降、夜タリを食べる自信が付きました。

また、今日の写真は、新たに手に入れた旧機種のデジカメで撮影。やはりピントがよく合っていますね。このくらいピントが合ってくれないと、料理のおいしさも表現しにくいです。

明日は体調が良ければ、久しぶりに神戸行きを考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月17日 (金)

少しずつ回復

今日は朝から病院。

診察→採血→エコーの予約→診察→会計の順に進み、所要3時間。ただ今日は、待ち時間を休養の時と考え、病院でまったりしていました。

午後は仕事。まだ本調子ではなく、時々身体がふらつきます。神経を使う仕事と、創(想)造性が必要な執筆(?)、それにいわゆる調整作業を同時にこなすのは辛いところ。それでも、何とか定時に帰れるということは、楽な仕事ってこと?

ではありません。定時退社は大変なんです。以前は持ち帰り残業派だった私も、4~5年ほど前から、定時退社派に変わりました。

セキュリティーの問題その他で、持ち帰り残業しにくくなったこと、残業していた時間に料理する習慣が付いたことが大きいかも。

だから今は残業すると、すごく疲れます。定時に帰れなかったことで自己嫌悪に陥るんですよね。

早く体力を回復させ、仕事はともかく、再びサンバル、ラッサム作り、そして新しいカレー作りに励みたいものです。

それで、今日のお昼はこれ。

P6173885_convert_20110617204347 富雄の鮨田のすしと、ブランジェリー・アッシュのパン。最近富雄界隈に行くことが多くなりました。今日は残念ながら、エメラが休みでブリオッシュはゲットできず。

夜は、鮨田の上巻寿司。相変わらずここのすしはうまくて安いです。

P6173886_convert_20110617211723 そして夜には、注文していた梅干しと、以前テンパリングしてしまったものと同じデジカメを買ったのですが、そのカメラが届きました。

どうでしょう。梅干しの写真は今届いたカメラで撮影したもの。このカメラの方が古い機種なのですが、ピントがきちんと合います。今使っているカメラは薄さ、小ささに秀でているものの、ピントが甘く、どうも気に入らなかった。これからは、旧機種をメインに、今のカメラをサブにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月15日 (水)

カレーの木が増えました

実は先週、我が家に新しく3本のカレーの木が届きました。

P6153871_convert_20110615195153 幹は細いものの、実がついていました。そして、先輩格の木にも実がつき始め、葉はふてぶてしいほど立派に。

ここに写っていないもう1本は、知り合いのインド人(?)へプレゼントする約束。

参考までに、今回入手した「育て方」のテキストをペーパーから起こしましたので、紹介させていただきます。

【カレーの木の育て方】

(明るさ)
直射日光を好みます。春から秋には戸外栽培がよいでしょう。冬期はできるだけ明るい窓際に置きましょう。日当たりを好みますが、室内に置いているものをいきなり直射日光にあてると葉焼けを起こします。

(適温)
環境によつても異なりますが、寒さには強く、耐寒温度は0℃以上で、直接霜があたらない限り冬越しします。急激な温度変化はよくありません。(関東以北では、室内管理がおすすめです。)

(水やり)
水やりは一般的な鉢物と同程度でよく、鉢土の表面が乾いたら鉢底から出るくらいたっぶりと与えます。高温期にはときどき葉水を与えます。

(肥料)
4~10月中は油かすやマグアンプなどの緩効性肥料を1ヶ月に1回与えるか、ハイポネックスなどの液体肥料を2週間に1回与えます。

(用土)
植え込み用土は特には選びませんが、通気性がよく腐植の多い土壌を好みますので、排水のよい土(赤玉土やバーミキュライト)と腐植性の土(腐葉土やピートモス)を混ぜて植えるとよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タリカロに復帰

今日は定例出張日。

P6143869_convert_20110615195113 朝食は、ミルフォードのパン、えびの高原のハム。

昼食は、出張先で、ヤマトの柿の葉寿司。何とか完食できました。

そして、夜は、ついに解禁!タリカロに。スパイスが入った料理は、病み上がりの身体にまだ早いかと思ったのですが、今日は食後の腹痛、むかつきなどもごく僅かだったので、決行しました。

P6153884_convert_20110615200316 お目当ての、マトン・コルマは、ギリギリ残っていてセーフ。コルマ以外にも、何と何と、トーレン、そして北海道アスパラまでありました。ここは勢いで全部注文!

P6153873_convert_20110615195221 最初は、「北海道のアスパラ スパイスを添えて」。アスパラは大好きなのですが、自分で料理すると、意外に期待はずれだったりすることが多く、料理が難しいと感じている野菜。しかし、このアスパラはそこらのものとは異なりました。マスタードシードのオイルソースがアスパラの旨味をよく引き立てています。シンプルながらも、大満足の一品でした。

P6153876_convert_20110615195426 次は、スナップえんどうのトーレン。私の得意料理でもあるのですが、周りに飛び散っているチャナ豆が、タリカロオリジナルのアクセント。上手い、旨い!最初にシンプルなアスパラ、その次ぎに塩味の効いたトーレンを出すという、細かい心遣いもありがたい限りでした。

P6153879_convert_20110615200058 そして、本日のメイン、マトン・クルマ(ライス付き)。予想と期待したとおりの香り、そして見栄えです。お味も期待どおり。まろやかでスパイシー。クルマ独特のおいしさを堪能させていただきました。

P6153880_convert_20110615200228 私のタリカロ復帰記念に相応しいクルマ。記念にアップで1枚。

P6153882_convert_20110615200249 クルマをライスにかけたところ。店長さんの言うとおり、ライスとよく合います。

それにしても、やはり石田めん羊牧場さんのマトンは素晴らしいです。独特の風味が病みつきになります。その旨味や風味をクルマが上手く包み込んでくれています。料理人さん、やりますね~ぇ!

食後は腹痛と吐き気を覚悟していたのですが、予想に反し何ら身体に異変は生じませんでした。タリカロの料理は油控えめで身体にやさしいと再認識。食欲が回復せず、体力が元に戻るまでかなり時間がかかると思っていましたが、何か今日は元気をもらった感じです。

そして、予約していたマトンステーキは、いよいよ来週水曜日にいただくことに決めました。今後も食事には細心の注意を払って腸炎の再発を防ぎ、来週に備えていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月14日 (火)

今夜は粗食

退院後、通常出勤2日目。

まだ何となく身体に力が入らないものの、具合が悪くなることもなく、無事に1日を終えました。

昼食は、筑前煮、小松菜のおひたし、焼きタラコにごはん小と味噌汁。

夜は、梅干しとごはん。(のみ)

食欲は相変わらずですが、体力回復のためには、もう少し食べておきたいところ。

ただ、最低でも水分補給はしておこうと思い、今日は普段飲まないスポーツドリンクをこまめに口にした次第。

明日は出張ですが、運良く仕事量はいつもより少なくできそうなので、早めに切り上げて帰宅する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月13日 (月)

職場復帰しました

金曜日1日休み、土日入院で、今日月曜から職場復帰しました。

たった3日の入院でも、足腰が弱ったようで、踏ん張りがききません。

午後からは休みを取り、病院を再訪。入院費の支払いです。請求額は予想を下回り、胸をなで下ろしました。4月に入った医療保険が使え、モトとれる!と思ったら、効力発生日が翌月・・・wobbly

ちなみに、今日の昼はいつものお店で、カレイのバター焼き。このメニューは初めて。野菜の小鉢は通常3つのところ2つに止め、ごはんも小盛りに。超低速で食べ、お茶のがぶ飲みも堪えたところ、入院以降初めて小さな腹痛も起こらず何より。明日以降、通常食に復帰できそうですが、極力刺激の少ない食事を心がけるつもりです。

P6133868_convert_20110613201332 夜は、富雄の鮨田の巻き寿司。320円なり。なかなか巻き寿司のおいしいところって少ないけど、ここのお寿司は安心。玉子、高野豆腐、かんぴょう、三つ葉だけのシンプルな内容。ただ、この具材の味付けが素晴らしいんです。

P6123853_convert_20110612143548 デザートは、昨日エメラで買って食べ忘れていた“オペラ“。これは、素晴らしかった!何と言えばいいのか、食感と味のバランスが。ここのチョコレート系は洗練されていて、落ち着きがあります。右のリンゴの焼菓子も非常に美味。甘くなく、わざと焼き加減を強めにして、ほろ苦さを“演出”しているようなところが憎いです。安価なところも非常に魅力!

それにしても、食事するのが恐くなるなんて、人生楽しみ半減というもの。早く暴飲暴食できる身体に戻りたい。しばらくは辛抱の日々が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月12日 (日)

入院~退院~退院後(まとめと報告)

先週日~月曜日あたりから腹部に膨満感があり、用を足してもスッキリせず、何となくお腹に違和感を抱えたまま仕事に出ていました。

火曜日夜に熱を測ったら、普段は36度に達しないところ37.0度もあり、翌水曜日は出張を取りやめようとしましたが、36.5~7度ほどだったので強行、事なきを得て帰宅、しかしその後も熱が36度を下回りませんでした。

木曜日は平常どおり勤務、しかし午後から腹部に張りが出てきて、週末の疲れもあり、ぐったりしていたのですが、あと1日と言い聞かせ就寝。

ところが金曜日の早朝、激しい腹痛で朝5時過ぎに目が覚め、以後2分を周期に腹痛と格闘することに。この日はひどい下痢で、朝7時以降は嘔吐すること3回。体重は何と66.2キロと通常より2キロほど減っていました。

その後も苦しみ続けていたのですが、8時過ぎに小康状態となり、一か八か出勤したところ、学園前から電車に乗った後に再び激しい激痛に見舞われ、1駅先の富雄駅で下車、再び列車に乗ろうとしたところ、我慢できない腹痛となり断念、その後必死の思いで歩いて帰宅しました。

帰宅後は再び腹痛との格闘。出るものは出尽くした感じなのに、腹痛が治まらず、一人喘ぐこと数時間、気が付くと気を失ったのか、痛みとの格闘で疲れたのか寝ていました。気が付けば昼前で、何とか歩けそうになっていたので、午前の診察時間ギリギリに近所の内科を受診しました。

病院では、食中毒の疑い、しかも私の苦しみ方からして、サルモネラ菌など強い菌の可能性があり、また、この時期ノロ・ウイルスではないとのこと。脱水症状がひどかったので点滴を受け、薬をもらって帰宅。

その後、指示どおり午後の診察前に受診、血液検査の結果、肝機能の値が異常どころか要入院のレベル(中性脂肪が正常値だったのにはビックリ!)、白血球数が1万を超え、また、急性腎不全になる可能性もあるとのことで、緊急入院となりました。

入院先の県立奈良病院まではタクシーを利用。家でタクシー会社に連絡するも、雨が降り始めたこともあり、なかなか予約が取れず、再び激しい腹痛に襲われ、その間病院からは早く入院先に行くようにと督促の電話が鳴り響き、もう大変な状態。

何とか病院に着き、最初は内科の外来に案内されました。金曜日の夕方ということで、病院も人手が不足していたり、事務方の体制もあり、この時間帯に急患を受け入れるのに苦労されていました。

P6113836 結局、内科の外来から、救急救命室に移され、人生初めての入院となりました。救急救命の病棟は、やはり大変そうな方ばかり。同室の若い男性はけがで入院されたような方で、とても礼儀正しい若者で、感心しきりでした。

入院初日の夜は絶食。生まれて初めて蓄尿なるものを体験しました。尿瓶に尿を排出し、蓄尿器に入れる。何ともイヤなものでした。翌朝も絶食。ずっと点滴したままでしたが、不思議とお腹が減ることはありませんでした。

P6113834_convert_20110612143239 翌日曜日は、救急救命から消化器内科の病棟に移りました。生まれて初めて車椅子に乗りました。歩けなくはなかったと思いますが、脱水症状と腹痛で苦しみ疲れた身体でしたし、ちょっとした刺激が加わっても腹部に激痛が走りそうだったので、ありがたかったです。

新しい部屋に到着後、排尿、排便は自室で行うよ指示され、気が滅入りました。ずっと点滴で、テレビも何もない病室で過ごすのは辛いもの。

P6113836_convert_20110612143305 日曜日の昼にようやく食事を摂り、もうこのときは、恐る恐る粥を口に運び、早食いの私ですが食べ終わるまで約40分かかりました。その後は再び腹痛に見舞われたものの、入院前よりは症状は軽く、何とか乗り切りました。

【◎豆腐のそぼろ煮:麻婆豆腐の和風版。極めて上品で美味。◎なたねあえ:炒り卵が大きいと下品だが、非常に細かくまぶされているのがポイント。菜っ葉の食感も良く美味。○茶福豆:甘い豆は苦手だが上手く煮えていて美味。】

そして、夕方に便意を催し、ポータブルトイレ(おまる)で用をたしました。いわゆる下痢のひどい状態でしたが、水まじりではなく、少し軽快したような気がしました。

その後、点滴が切れたところで、敷地内禁煙の病院から抜け出して一服することを試みるべく、病院の玄関の様子を見に行くなどしましたが、病院敷地の構造がいまいち分からず断念。

P6113838_convert_20110612143329 日曜日の夜の食事は、普通に摂ることができ、少しホッとしました。なお、主治医の私と同じ名前の先生は、土曜も日曜の夜も私の病室に来て様子を伺いに来てくれました。若い先生でしたが、大変丁寧で、かつ的確な指示、お言葉をかけていただき、助かりました。

【○ムニエル:味付けが殆どない鮭のムニエルだが、なぜだか美味。火の通り具合が絶妙。◎◎磯煮(ジャガ芋):わかめの磯味が絶妙。じゃがいもとにんじんに磯の香りがほんのり移り、非常に美味。これは真似して作りたい。◎ひじき煮:普通のひじき煮だが完璧な味。調理技術の高さが窺える。】

P6123842_convert_20110612143350 そして、本日月曜日の朝。食事を摂り、食後一瞬腹痛があったものの、すぐに治まり、便意は感じませんでしたが、ずっとなかった尿意が戻ってきました。普通に歩行することもでき、朝に先生から退院の許可が下りました。このときは嬉しかった!

【◎味噌汁:お麩と白菜の味噌汁。薄味ながら美味。○豆の煮物:普通の豆煮だが、安っぽい味がしない。◎全粥:毎回300グラム供され、若干量が多かったが、炊き加減が完璧。塩気は全くないが手本となる粥だった。】

ちなみに、病院食は非常に美味でした。私の食事は全て「軟食」で、ロビーに張ってある献立を見たら、糖尿病、心臓病食と殆ど変わらず、それらと比べると少し塩分が加えられたメニューのようでしたが、やはり通常食と比べるとかなり質素な内容でした。しかしながら、この病院食、マズイものが一つもなかった!この食事を数か月食べていたら飽きるかもしれないけど、タンパク質は豆や豆腐中心で、根菜、海藻類をきちんと取り入れ、淡色野菜も味噌汁やお浸しにすることで量が摂れるようになっており、栄養士さん管理のもとで作られている、さすがのものだと感心しました。今後の食生活、料理に非常に参考になりました。感謝しております。

そして、本日午前11時30分、晴れて退院となり、病院をあとにしました。土日は会計が閉まっているとのことで、後日適宜来院して支払って欲しいとのこと。どうぞそのままお帰りくださいとのことで、えっ、退院ってこんなに簡単なの?と思うほど、拍子抜けしてしまいました。いくら請求されるのか、給料日前でもあり、ちょっと不安です。

P6123844_convert_20110612143418 退院後、病院敷地外に出たところで、念願の喫煙。暫く吸わすにいようと思ったのですが、吸ってしまいました。案の定ひどい立ちくらみが。やはり喫煙は身体に悪いんでしょう。こんな立ちくらみするものを、平気な顔して吸っている喫煙者である私。ちょっと考えなければならないと思った次第。

P6113845 ちょうど病院前から1日1本しかない珍しいバスに乗れそうだったので、そのバスで富雄駅まで行き、富雄駅界隈で、買い物をすることに。お腹が空いていたので、エメラでブリオッシュをと思ったら売り切れ。

P6123849_convert_20110612143505 その前に臥龍坊という台湾料理のテイクアウト専門店を発見。最近、奈良グルメ図鑑の掲示板で情報を見た記憶が!

P6123847_convert_20110612143443_2 食事ができるかまだ不安だったので、とりあえず肉まん1つを購入。しょうゆも何も付けずに食べましたが、なかなかの美味でした!1個120円という価格も魅力ですし、何よりアツアツにするか、テイクアウト用にするかを聞いてくれるのが嬉しい限り。

P6123851_convert_20110612143528 そして、肉まんがおいしかったので、お腹の具合が心配でしたが、意を決して肉そぼろ弁当を購入。帰宅後食べましたが、何と申しましょうか、昔、台北の士林夜市でいろいろなものを買い食いした時の味(?)を思い出し、つまり現地っぽかったって思った次第(現地のことに通じている訳ではありませんが・・・。)。士林夜市や香港の粥麺専家っぽいローカルな雰囲気が味わえる、貴重なお店だと思いました。これからが楽しみです。

P6123855_convert_20110612200937 さらに、帰宅前に、明日の朝食用ということで、ミルフォードで食パンと、ついでに夕食用に数品を購入。最近、大阪の有名店を廻っていて、ミルフォードの食パンは久しぶり。あのパリっ、モチっとした食感、その後鼻に抜ける心地よい香りが楽しみ。手前のカスタードデニッシュは初めて。今日は左の小マフィンや、他にもいつも店頭に並んでいないパンが沢山あって、いろいろ買いたかったのですが、体調を考え控えめにしておきました。

ちょっと食べられそうになったからと言って、少々買いすぎたかもしれません。明日以降、少しずつ身体を慣らし、来週くらいには普通の食生活に戻れるよう努めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

退院しました

本日(6月12日・日曜日)正午前に何とか退院しました。

急性の腸炎だったようですが、イマイチ原因は不明。
出血性の胃腸炎ではなかったようで、脱水症状も回復。まだ身体のふらつきがあるので、ゆっくり過ごしていきたいと思います。

当面、刺激物は控える必要がありそうです。

取り急ぎ、報告申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月11日 (土)

“ER”に入院

6/10(金) に入院しました。

金曜日は救命救急センター、土曜日からは消化器内科の個室にいます。

暫く更新予定はありませんが、あまりにもヒマなので、つぶやきは続けてます。
もしよろしければ、そちらをリンクからご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 9日 (木)

牛丼って・・・

今夜の夕食はこれ。

P6093832_convert_20110609200537 職場で確か4月中旬ころ、牛丼380円って今どき高くない?という話になり、それが大盛りの値段で納得というやりとりがあり、それ以来ずっと牛丼のことが気になり、もう何年も食べていなかったのですが、ようやく実現したのです。

お味は、・・・う~ん、何と申し上げたらよろしいのか、少々食べ応えのある肉質、それでいて汁が極めて上品で、白髪ねぎはよろしいのですが、ドレッシングっぽいものがかかっており、これもちょっとマニアックなトッピング。

私、実はこの丼物の食べ方が苦手で、大きな器を手に持つこと、汁気のあるごはんを箸で食べたり、ごはんをかき込むのが下手なんです。

それで、器を手に取ると、何と器の裏側にごはんがべっちょり。・・・まあ、そういうこともあるんでしょう。でも、気になる。今思えば、紙でつまんで処理すれば良かったのですが、疲れて呆然としていたので、そのまま食べ続けたのです。何と言えばよいのか、非常に悲しいと言うか、・・・という気持ちになったのです。

回りくどい書き方をしましたが、はっきり言ってマズかったです。牛丼はオレンジ色のお店の方がいいかも。紅ショウガのクオリティも悪く、水のコップはプラスティック製、給食のようなトレイで提供されるのも嫌、もう二度と行かないでしょう。ちなみに、味噌汁はインスタントの味。だから合格点としておきましょう。

こういう日もある。自分に言い聞かせました。

今日は早く風呂に入って、ビブラート・ケアできれいに歯を磨いて、早く寝ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 8日 (水)

体調不良で

週明けから腹痛が続き、昨夜は変な寒気が。

腹に来る風邪っぽく、昨夜は37度の発熱(平熱は35.8度)、今日は出張中止を考えたものの、熱が36.5度まで下がったので強行。お昼は例によってあなご寿司。

P6073826_convert_20110608201638 これは、月曜夜の巻寿司。上六近鉄で購入。タイムセールで何と200円!デフレ(?)万歳!

P6083830_convert_20110608201717 これは、今夜の茶飯の柿の葉寿司。大阪難波駅内で購入。期待半ばでしたが、なかなかいけてました。再購入ありです。

P6083831_convert_20110608201743 回復途上で、ようやく台所に立つ気になり、ローズラッシーを初自作。さわやかさを演出するため、カルダモンのパウダーを少し混ぜてみたら、それはそれでおいしかったです。ちなみにローズウォーターはイラン産。イランはサフランや様々なスパイスの産地でもあり、魅惑の地なり。

明日、明後日はかなり精神的にしんどい仕事の予定があり、辛いところですが、何とか乗り切りたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 6日 (月)

いつもの朝食、夕食

今日の朝食は、昨日と一緒で、ラッサム、サンバル、アッシュのパン。

P6063821_convert_20110606064741 このパターンはいつまで続くのでしょうか?

お昼は、いつものお店で、いつもの鯖の煮付け。今日はすじ肉の土手煮という珍しい一品も堪能。小松菜のお浸しも、さっぱりしていて美味。相変わらず旨かったです。

そして夜は、例によってミールス。サンバルの見た目は、日曜日にいただいたマドラスキッチンさながらだと思いませんか?

P6063822_convert_20110606233933 疲れていても、シャバシャバのヴェジカレーならおいしくいただけます。シャバシャバした中に、炒め物系の野菜が入ることで、食べ応えを補えるし、しっかり緑黄色野菜も摂れるので、スタミナ対策にもなりそう。

これからこのミールスにどのような変化を付けていくべきか考え中です。とりあえず簡単にできそうなのはヨーグルトかライタ。

あとは、ミールスではありませんが、先日買ってきたローズウォーターでラッシーでも作ってみる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 5日 (日)

ダッチャン・ヤラル・クルマに脱帽

今日の昼は、例によって、マドラスキッチン。

実は、久しぶりにショナ・ルパでビリヤニを、今日はチキンなどと考えていたのですが、あまりお腹が空いていなかったので、マドキチでアラカルトと考えた訳です。

そして入店前。表通りでは、お店の方が、ビラ配りをしているではありませんか。ちょっと客の入りが悪いのでしょうか。

入店したのは、いつもより早い11時20分ころ。客ゼロ。だいたいこの時間はこんなもんです。その後12時前後までに3~4組ほどの来客が。しかし、いつも気になっていたのですが、みなさんBセット、Aセットというナン付きのメニューを頼んでおられる。そしてたまにドーサを頼む人もいる。ミールスやドーサ以外のティファン類を頼む人はあまり見たことがないんですよね。

メニューはよく見れば、南インドのものと分かります。チェンナイド・・・などと地名を冠しています。チェンナイが旧のマドラスということ、マドラスが南インドであることを知っている人は意外に少ないのかもしれません。

そして今日は、初志貫徹。ダッチャン・ヤラル・ウルマを初オーダー。ただこれだけのつもりが、メドゥ・ワダもごく自然に追加してしまいました。

P6053810_convert_20110605155330 ワダに付くサンバルの器が今日は気持ち大きめで嬉しい限り。今日のサンバルは、ヒーングの効きが良く、このクセがいい感じです。

野菜はいつものとおり大根とにんじん。にんじんは子供の頃大嫌いだったのですが、そうですね、30歳を超えた頃から好きになってきたかな。特に南インドのヴェジ料理に開眼してからは大好きになりました。また、今日はチャトニーの出来が非常に秀逸!

P6053811_convert_20110605155355 そして今日のメイン、ダッチャン・ヤラル・クルマ。タマリンドで味付けしたエビカレーと紹介されていました。エビの大きさとプリプリ度も素晴らしく、5ミリ程度に刻まれた青唐辛子、カレーリーフ、ココナッツの風味とタマリンドの酸味のバランス・・・、素晴らしいエビカレーでございました。いやいや脱帽。

食べ終わった後にシェルが感想を聞きに来てくれました。「こんなの作れますか!」と笑顔で。私「絶対無理。作れたらここに来ませんよ!」。シェフ「作れたらコックさんなれるよ!」。私「参りました。」。

自信作のようですね。それにしても、嬉しいエビカレーでした。単品だけで満足できる、素晴らしい一品。ちょっと病みつきになるかもしれません。

お店を出ようと思った頃に、なんとこんなものをシェフがサービスしてくれました。

P6053817_convert_20110605155417 「これ、今日の私の朝食ね。ウプマ。チャトニーと一緒するとおいしい!材料はスージー粉ね。」とシェフ。何と、何と、マドキチで初ウプマ!嬉しい~!

食感は卯の花のようでした。いや本当、おからみたい。こんな食感になるとは。これがチャトニーを付けると良く合うんです。主役はウプマなのでしょうが、私としてはチャトニーを楽しむのにおもしろい、などと考えてながら食べていました。ごちそうさまでした!

奈良に戻った後は、郵便やクリーニングの受け取りなど雑用を済ませ、久しぶりに何もすることがなくなり、家でゴロゴロ。18時ころから余りもののピーマンをココナッツロングではなくファインを使ってトーレンに。

P6053818_convert_20110605192930 それでこれが今夜のヴェジミールス。カトリ5つが揃い、昨日カトリ内にあったアチャールはターリーに押し出されることに。我ながら豪勢なミールスになりました。

P6063825_convert_20110606003641 夜はこれ。最近ちょっとアル中気味かも。インドグラスで飲むシャンパンがいいんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カレーリーフツリーが再び開花

昨日の良い天候の影響なのか、今朝植木鉢を見ると、一気に開花していました。

P6053803_convert_20110605073947 最初に開花した2つの花びらが落ち、新たに5つも開花。気持ち元気がないけど、これは低温のせいかも。

P6053802_convert_20110605073923_2 葉っぱはふてぶてしいまでに成長。

Cl2011050820110605 成長の軌跡です。

P6053806_convert_20110605074026 今日の朝は、富雄のブランジェリー・アッシュの食パンとラッサム(左)、サンバル(右)。サンバルにさつまいもを入れたのはどうやら正解のよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 4日 (土)

今日のミールスは会心の出来映え!

今日は午前に家事を済ませ、午後から青唐辛子を買いに鶴橋へ。

P6043795_convert_20110604211027小腹が空いたので、駅改札口横で、こんなものを買って食べました。何十年ぶりかに食べました。小豆も豆。最近豆づいているので、何だか新鮮なおいしさを感じました。

P6053797_convert_20110605075305 いつものように500円分の青唐辛子を買いました。そして帰宅前に1駅分ウォーキングし、富雄のエメラに。

P6043800_convert_20110604214827 お目当てのブリオッシュが1個残っており、それとこの焼き菓子を1つ買って帰宅しました。相変わらずエメラのブリオッシュは美味でございます。

P6043799_convert_20110604211056 帰宅後は、せっせとサンバルとラッサムを同時に作り、その後、スナップえんどうのトーレンとたまねぎとピーマンのアチャール、そして久しぶりにインディアン・バスマティを炊いて、はい、ミールスの出来上がり。

ちなみに今日のサンバルは、にんじんとさつまいも。この組み合わせは、シャバシャバ系サンバルによく合い、今のところ一番好きです。

やはり出来たてのヴェジミールスは、格別の風味が味わえ、至極幸せな気分に浸れます。混ぜて食べると、シャバシャバした中に、トーレンのスナップえんどうやにんじんなどの緑黄色野菜の少し力強い食感の野菜のおいしさが味わえ、我ながら素晴らしい!

今日はちょっと自画自賛したくなるような出来映えのミールスでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 3日 (金)

マトンネック、ショルダーを堪能!

今夜はマトンカレー目当てでタリカロに。

黒板メニューには、スナップえんどうのトーレンが!

P6033792_convert_20110603225919 しかし、トーレンは売り切れ。今日はツキがなかったかも。いや、マトンはラストをゲットできたようで、部位もネック、ショルダーだったし、サンバル、そして里芋のスパイス炒めまでいただけ、十二分に満足。

それにしても、今日は大入りと言うか、複数で来られるお客さんが多く、しかも、いろんな注文が飛び交っているようでした。盛況です。これで、あのdancyuに載るとなると・・・、何とも悩ましい限り。

帰りは、新しくできた関西スーパーで買い物。スナップえんどう、さつまいも、にんじんなどを買い込みました。淡路産たまねぎ3個68円には驚きました(もちろん買いました。)。

明日は久しぶりに晴れそうなので、ふとんが干せそう。掃除日和みたいなので、今からワクワクします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 2日 (木)

巻寿司とアワ

昨日に引き続き、カレー以外の夕食となりました。

P6023784_convert_20110602202748 上六近鉄の「すし処漁場」の上巻。本当は315円の巻寿司を買う予定だったのですが、その方が良かったかも。悪くはないけど、ちょっと上品すぎるかもしれません。ちなみに、ここの巻寿司や茄子の巻き寿司は私の好物。よく京都に近鉄があったときに買っていました。

これから疲れて料理する気がなくなる時には、酢飯を求めてお世話になることでしょう。

P6023791_convert_20110602233957 ちなみに、今夜は、私にしては珍しいものを。某大手メーカーのアワの出る飲みもの。国産のアワは初体験。安価だし、1杯で酔っぱえる私は、極めて安上がりなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月 1日 (水)

癒しのブリオッシュ

今日は夕方から加古川に出張。

途中、西明石駅で、ボーッとしていたら乗り換え損ね、約30分のロスwobbly

帰宅は21時過ぎで、食欲もなく、冷蔵庫に保管しておいた、ちょっとしたお宝を夕食代わりにしました。

P6023786_convert_20110602203156 パンデュースのブリオッシュ・ムスリーヌ。ハーフで買ったので、あっという間になくなってしまます。トースターでちょこっと焼くと、ブリオッシュの本領発揮。コーヒーとよく合います。疲れを癒してくれる、ありがたいヤツなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おススメのメニューのページを公開!

http://rikiroh.txt-nifty.com/blog/schedule.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »