« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

パン買いすぎ

今日は午後から休暇を取り、約2か月ぶりに歯科に行ってきました。

上左の2本の虫歯を削り、歯茎のチェックとおそうじをしてもらい、何ともスッキリした気分に。

約13年虫歯を放置し、ひどい状態だったのですが、次第にキレイになってきました。私にとって、今一番の癒し処が歯医者さんかもしれません。春の異動でバタバタしていたのですが、これからはできれば毎週通いたいところです。

歯の治療の後は、例によって軽くウォーキングし、本町でパンを買って帰宅。

P5313782_convert_20110531182754本当は食パン1斤を買って帰るつもりが、こんなことに。手前3つは夕食用で、フール・ドゥ・アッシュのもの、そして、後方の山型食パンとブリオッシュ・ムスリーヌのハーフはパンデュースのもの。

今、余ったなすでサンバルを作ろうと思っているところですが、眠たくなってきたので、中止。自治会の引き継ぎ、部屋の整理でもして、夜はビブラートケアを片手に天然温泉(スーパー銭湯ですが)にでも行って、ゆっくり歯を磨いて湯に浸かろうかと思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月30日 (月)

にんじんのサフジを追加

今日の朝は、パン、ラッサム、サンバルという最近のスタンダードな内容。

P5303773_convert_20110530201754 週明けなので、ラッサム、サンバルはやや軽めに感じます。

帰宅後は、残りもののにんじんを調理。

P5303780_convert_20110530201819 にんじんはフェンネルを使ってサフジにしミールスに追加。やはり汁気のない一品を付け加えないと、ミールスとして満足できない私は、インド人化しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月29日 (日)

昼はノンヴェジ、夜はヴェジ~ミールス三昧の日曜日

今日の朝食は、ル・パンナのパン、クートゥ、ラッサム。

P5293756_convert_20110529073922 黒皮南瓜のクートゥは、見た目と違い、すっきりとした食感。そして、スパイシーなラッサムは、今や朝食の定番となりました。

そして、今日は台風接近中でしたが、いつものように神戸に。

P5293758_convert_20110529205839 マドラスキッチンでは、チキンオンリーのつもりが、ノンヴェジ・ミールスをオーダー。ノンヴェジは久しぶり。上のヨーグルトから左回りに、サンバル、チキン、マトン、ラッサム、パヤサム、パパド。左上のターリーの外は、サービスとチャトニー2つ。一つは辛いの、もう一つは甘辛いたまねぎのようなものでした。いつものように大満足!

P5293763_convert_20110529205914 帰りは新快速で大阪に。久しぶりの新型列車。この列車のシートはなかなかのもの。JR西日本には、東京の東海道線のようにグリーン車を設置して!(使うから。)とお客様相談室に要望しておきました。

P5293767_convert_20110529205937 帰宅後は、日曜日恒例の、サンバル&ラッサム作り。この写真は岩船寺産唐辛子を含めたテンパリング用スパイスを温めているところ。唐辛子がいい感じで膨らんでいます!

P5293768_convert_20110529210005 なお、今日のサンバルは炒めてから煮る方式でたまねぎ入り、ラッサムはトマトジュースを使わず生トマト仕様。青唐辛子は韓国産と千葉県産をミックスして使いました。

P5293769_convert_20110529210036 今日の夕食。左からかぼちゃのクートゥ、かぼちゃのポリヤル、ラッサム、なすのサンバル。今日のポリヤルには、フェンネルを使い、さわやかさを演出、そして成功!かぼちゃづくしのヴェジミールスになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月28日 (土)

かぼちゃのチャナダル・クートゥを再び

今日の夕食はこれ。

P5283753_convert_20110528203006 タケウチのクリームパンとかぼちゃのブリオッシュ。

それに、夕方に作った、宮崎産・黒皮南瓜のチャナダル・クートゥ。

めちゃくちゃな組み合わせですが・・・。

クートゥは、ぽてっとた仕上げられたのですが、黒皮南瓜が非常に上品で、若干水っぽく、ピタッと満足できるとまでは言えない状態。かぼちゃがかなり水分を吸いそうなので、明日には水分がなくなるかも。

明日・日曜日は、例によって、サンバルとラッサムを作る予定。今のところ入れる野菜の候補はナスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ミラの日替わりカレー

今日のランチは、大阪駅前第1ビル地下2階のインドレストラン・ミラ。

評判どおり、接客はテキパキとしており、打つと返ってくる感じです。日替わりの説明も席に着くや否やで、逆に急かされていると思うほど。そのテンポの良さに勢いづいて、「日替わり」と言おうとしましたが、初めてなので単品メニューを見せてもらいました。

メニューは、一般的なインディアンレストランにあるものは一通り揃っている感じでした。面白そうだと思ったのは、ビリヤニにエビがあること。どのようなビリヤニかは分かりませんが、プラウンビリヤニは珍しいですからね。

あと、テーブルの上には、ニンジンのアチャールが置かれています。ニンジンは比較的小さく刻まれており、これだと量の調整がしやすく、しかも食べやすい。アチャールがある意味食べ放題というのは、かなり嬉しいサービスと言えます。

P5283750_convert_20110528164154これが日替わりのマトンカレー。カレーライス風によそられてきたのは意外でしたが、これはこれで食べやすいです。

肝心のお味の方は、辛さは殆ど感じられないマイルドなもの。マトンは無難にきちんと下処理されており、おいしかったです。ほのかにスパイシー。日本風カレーではなく、インド料理店がカレーライスを作るとこんな感じになる、それを食べたいという時にいいなと思いました。

辛さはアチャールで補いました。アチャールを混ぜながら食べると、一気にスパイシーになり、当然のことながら食感も変わってきます。カレーだけだと少し物足りなさを感じるのですが、このアチャールのおかげで、それは解消されました。

食後にはドリンクが付きます。ホットチャイをオーダーしたところ、きちんと作ってくれました。砂糖は入っていないので、好みで加減ができます。カルダモンの香りがさわやかな、これまたあっさり目のしつこくないおいしいチャイでした。

お店は結構広く、テーブルもゆったりとしています。店内は暗めですが、外から見た時に感じる暗さはなく、ほどよい暗さです。一人でも入りやすく、かつサービスがテキパキとしており、立地も良いので、サクッとインド料理を楽しむのにはもってこいのお店でしょう。

テイクアウトもできるようなので、今度はここのチキンカレーを激辛でオーダーして持ち帰りたいものです。

以上、大阪の老舗インディアンレストラン・ミラのレポートでした。

関連ランキング:インド料理 | 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月27日 (金)

開花

今日は新年度初の有休の日。

P5273730_convert_20110527091451 カレーリーフツリーは順調に生育、でも最近の曇天続きと低温が影響したのか、少し成長が止まった気が。

P5273731_convert_20110527091512 それでも、ようやく2日前につぼみが開花。このあと、どのようになっていくのでしょうか。

それで、今日のお昼は、らくしゅみ。

P5273733_convert_20110527142929 チキン、野菜の小食セットに、チャナマサラを追加。追加は、ししとうダルと激しく悩んだ挙げ句のこと。でも今でもししとうダルが気になって仕方がない。

それにしても、らくしゅみのカレーは、マサラの風味が独特で香り高く、チキンに至ってはかなりオイリーですが、辛いので一口が少なくて済み,それにシャバシャバ系、ダル系と合わせて食べると、これまた旨く、違った風味も楽しめ、よく計算されている気がします。ここのお店独自・独特のターリーをこれからも提供していってもらいものです。

食後は、軽く歩いて、中央大通沿いのル・パンナに。

P5273736_convert_20110527143024 Le Painnaは前からずっと行きたかった店ですが、機会がなく、今日が初めて。ようやく念願が叶い、最初にこんなのあればと思っていたものが、見事にあり、このとおり、山型食パン、ブリオッシュ・オランジェ、そしてカレーパンを買いました。明日が楽しみです。

P5273740_convert_20110527143044 その後は、タケウチへ。金曜の昼前の混み具合をチェックするだけの筈が、一度店の前を通り過ぎた後に、結局入店、購入。ブリオッシュを使ったサンドイッチと、ヤスダ牛乳のスコーン、かぼちゃのブリオッシュ。こんなに買っていつ食べるんだ?と自問自答しながら帰宅しました。

今日の夜は、ちょっとした宴に呼ばれているので、ちと遠くまで足を伸ばしてきます。タリカロのヴェジセット(特にワダ!)がいただけないのが残念です。

(おまけ)P5273742_convert_20110527233528 ちなみに上の写真は、新大阪駅改札内にあるテイクアウト専門のスタバ(入口)の写真。12番ホーム横の「おみやげ街道」というエリアの一番奥にあります。すぐ横には、りくろーおじさんのお店が。どちらも、おそらく日本一分かりにくい場所にあるお店ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月25日 (水)

タリカロのスペシャルメニューを堪能!

今日の深夜に、ちょっとした事件が。

P5253703_convert_20110525072443 かぼちゃのクートゥの鍋を床に全てこぼしてしまい、夜中に大掃除する羽目に。それで、今朝は、残り少なくなったアヴィヤルとサンバル。パンも残り1枚なので、今日はどこかで調達しないといけません。

今日は定例出張日。姫路に行ってきます。

P5253708_convert_20110525195819 いつものように、姫路駅ホームで、まねき食品のお弁当、今日は先週売り切れだったタコめしがあり、即ゲット。

P5253713_convert_20110525195849 今日はいつもより早く仕事が終わり、特急はまかぜ(ディーゼル特急)で大阪に。6号車は乗客0人で貸切状態!これでチケットレス特急券700円はお買い得かも。

P5253727_convert_20110525225017 大阪駅で下車し、今日はちょっと頑張って西梅田のブリーゼ・ブリーゼまで足を伸ばし、ブルティガラでパン3種類を購入。

難波で近鉄に乗り換え、電車内でツイッターを見ていたら、嬉しい情報が!一度帰宅し、車で一路タリカロへ。

何と今日は、サンバルとチャパティー以外に、「思案中」だったワダまで、そして、それがセットとしても提供されているではありませんか!

P5253717_convert_20110525195917店長さんに押し売りお勧めされ、 いや、勧められなくてもサンバル・ワダのセットを選んでいたと思いますが、いつもよりも胸の高鳴りが。

P5253721_convert_20110525195941 これが今夜のサンバル・ワダ+ココナッツチャトニー&チャパティーのセット。それに、豆ポリ(トゥールーダルのカレー、じゃがいものポリヤル)、ラッサムを追加。どうでしょう、タリカロのヴェジスペシャルってところでしょうか。素晴らしい!!赤唐辛子は、あの岩船寺産の唐辛子だそうです。嬉しいですねぇ!

P5253725_convert_20110525200000 別の角度からもう1枚。これは店長さんお勧めのアングル。なかなかいい角度。これで私のカメラが6千円でなければ、もっと素晴らしく写っていたと思うのですが・・・、申し訳ない限り。

それで、お味の方は、まずサンバルですが、具は殆ど入っていません。トマトのかけらが微かに目視できた程度。それでも、豆の分量が比較的多く、少しとろみがある濃厚なタイプ。それでもしつこくなく、唐辛子の辛み、酸味がかってサンバルとして仕上がっているところが素晴らしい。

そしてワダ。今日のワダはふっくらしてちょっと小太りなワダちゃんでした。旨っまーぁ!チャトニーも病みつきになりますね。大きめのワダが3つも!もうたまらん!

チャパティー、これは大きさが気に入りました。サンバルと合わせてもよし、豆カレーにも合います。特にタリカロの濃厚なラッサムととても相性が良いと感じました。最近ちょっと遅ればせながらチャパティーにはまりかけています。きっかけはここタリカロと、クスム本場家庭料理で焼きたてを食べておいしかったこと。

豆ポリはいつもながら、安定したおいしさ。じゃがいものポリヤルは久しぶりでした。この2品は地味ですが、絶対にメニューから外して欲しくないですね。

最後のコメントはターメリックライス。私は最近バスマティを頼まないのですが、理由はこのライスがおいしいから。妥協して十分いけるというレベルではなく、きちんとおいしい。炊き加減が硬めで、かつ硬すぎず素晴らしい。

以上、タリカロのスペシャルメニューについてのコメントでした。ちなみに私とUrihoさんより前に席を立った方がいて、店長さんたちにお話を伺うと、何と何と、タリカロがすごいことに!これにはたまげました。しかもそのすごい話については、私も1週間前に関係すること(あるものを2つ購入)をしていて・・・。これからのタリカロがますます楽しみになってきました。そして、遠くに行ってしまうような気がしないでもないような。

ごちそうさまでした。今日は久しぶりに自作料理以外のインド料理を堪能でき、元気をもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月24日 (火)

かぼちゃのチャナダルクートゥを追加

今日は朝から、圧力鍋を活用。

P5243695_convert_20110524080328 こんなものを作りました。かぼちゃのチャナダルクートゥです。

お昼は、いつものお店で、今日はアジの塩焼き。小骨に苦戦しつつ、その分時間をかけてアジを堪能できました。

帰宅後は、コンロ2基と今日は電子レンジも使ってカレーを温め、朝に作ったクートゥを加えて、出来上がり。

P5243697_convert_20110524224232 甘み、酸味、辛みという様々な風味が楽しめるミールスは、まさに癒しの食。クートゥやアヴィヤルは見た目にも非常によろしい。最近怒りっぽくなくなったような気がするのは、気のせいなのだろうか?ケララの風でいただいたようなミールスが作れるようになりたい。それにはまだ何年、いや一生の精進が必要だろう。

最近飛ばしすぎているので、これからは少しペースを落としてボチボチやってきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月23日 (月)

ケララ風しょうがのカレー(インギ・プリ)を追加

曇天でも湿度低め、今日の奈良は寒い朝。

P5233684_convert_20110523073503 朝食は、フール・ドゥ・アッシュの山食、ラッサム、サンバル、そして野菜たっぷりのアヴィヤル付き。数週間前からインド食を始め、お通じが非常に良くなって嬉しい限り。

帰宅後は、簡単そうな、しょうがのカレーをササッと作りました。料理名は、インギ・プリというそうです。唐辛子は、もちろん岩船寺産。ミールスに追加するスパイシーな一品として期待が高まります。

P5233688_convert_20110523195415 昨日と比べると、じゃがいもの南インド風ローストの代わりに、しょうがのカレーが入った形。一番右側がそれなのですが、その上のラッサムと見た目は殆ど変わりません。ただ、このインギ・プリ、期待どおり、しょうがの風味とタマリンドの酸味が効いて刺激的。シャバシャバカレーも一歩進歩という感じになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月22日 (日)

自作・ケララ風ヴェジミールス~岩船寺産とうがらしを使って【Mキッチンのサンバルレシピ付き】

今日は昼からいろいろ作ってみました。なお、料理に使った赤唐辛子は、一昨日タリ店さんにいただいた、岩船寺産(超特大)です。肉厚で少しやわらかささえ感じる唐辛子に期待大です!

P5223680_convert_20110522201649 左から、大根と人参のサンバル、ラッサム、じゃがいもの南インド風ロースト、オクラのトーレン、アヴィヤル、そして真ん中のは玉葱とトマトのアチャール。

今日のミールスは、ケララ風。夜になってマシになったものの、今日は朝から蒸し暑く、さっぱりとしたものということで、ヨーグルトとココナッツの風味が楽しめそうなアヴィヤルを追加しました。

岩船寺産赤唐辛子の効果については、結構な辛みがいい按配で料理に効いていました。サンバルパウダーにも使用しましたが、スパイスグラインダーで潰しているときにいい香りがしました。タリ店さん、ありがとうございます!この唐辛子、タリカロで売ったらいいのでは?と思いました。

なお、ヴェジミールスについては、野菜だけで物足りないのでは?と感じるかもしれませんが、全くそんなことはありません。サンバルとラッサムはタマリンドの酸味と豆のコクが、ジャガイモのローストはピリッと辛いマスタードシードと少し焦げた感じのスパイスの風味が、トーレンはココナッツの風味とオクラの食感、そしてアヴィヤルは酸味と甘みと独特のクセがたまりません。このように料理すると、野菜が贅沢なものに見えてきます。

また、私もミールスもどきを作れるようになったんだと思いました。復習を重ね、より手軽に、ササッと作れるようになりたい限りです。夏にまた渡辺先生の料理教室が大阪で開かれる予定とのことなので、それまでに腕を上げられるよう頑張りたいと思います。

*今日のサンバルは、玉葱入り、炒めてからダルを入れる、渡辺玲先生のレシピ(カレーな薬膳)で作りました。今度は、昨日マドラスキッチンで教えてもらった方法で作りたいと思っています。ヒーングとカレーリーフを最後に入れるというところが意外でした。シェフによると、家庭、いや、作る人ごとに様々な方法があるようで、どの方法アリなんだそうです。コツはやはりタマリンド汁を少なめに入れて後で調整すること。そして、タマリンドは一度使って捨てず、何度か使えるようで、これには反省させられました。簡単な流れを参考までに紹介させていただきます。

【マドラスキッチンで教えてもらったサンバルの作り方】

1 野菜を切る、タマリンド汁を作る、ダルを煮ておくなどして、食材を用意しておく。

2 油にホールスパイスを入れ、野菜を炒め、パウダースパイスを入れる。

3 水、タマリンド汁を入れる。

4 ダルを入れる。

5 ヒーング、カレーリーフを入れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月21日 (土)

土曜日なのにチキンビリヤニ!

今日の昼はマドラスキッチン。

P5213674_convert_20110521153704 最初はメドゥ・ワダ。サンバルは大根、にんじん、かぼちゃ(ちょっと)入り。チャトニーとサンバル目当てって感じで頼んでいる感もあります。

P5213676_convert_20110521153737 メニューを見て、どうしようか悩んでいたら、今日はビリヤニがあるって!ヴェジミールスの予定でしたが、そう言われたら頼んじゃいます。ライタとグレービー付き。土曜にハイデラバーディー・ビリヤニが食べられ幸せ千万!

P5213678_convert_20110521154724

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月20日 (金)

夜タリと岩船寺産とうがらし

今日の夜は、食欲がなく、迷いに迷った挙げ句、夜タリ目当てでタリカロに。

迷ったときはタリカロ。これは私のいつものパターン。行けば必ずいいことがある、そして、目が覚める(おいしさ)!

一応、黒板メニューなどにも目を通しました。今日はマトンもなく、迷うことなく夜タリを注文できます。決めてきていたくせに、「それじゃぁ、今日は、夜タリで。」という私。

P5203634_convert_20110520215230 久しぶりの夜タリ。今日の豆はチャナ。タリカロのチャナは比較的最近になり提供され始めたメニューですが、この挽き割りチャナ豆のカレー、ありそうでないんですよね。

皮付きのチャナ豆を使った、チャナマサラなどはインド料理店の定番中の定番ですし、挽き割りのチャナ豆は、南インド料理などではホールスパイスと共にテンパリングで使ったりするのですが、挽き割りチャナ豆だけをシンプルにカレーにした料理にはあまりお目にかかれません。

このカレー、何と言えばいいのか、独特のコクがあります。ほろ苦さもわずかに感じられ、それでいて食べ応えもそれなりにあり、かつ重すぎない。ムング豆やトゥールー豆よりは重いけど、豆の旨味としてはトップクラスとも言えるかも。ほろ苦さは豆をから煎りしているのかな?違っていたらゴメンなさい。

P5203663_convert_20110520215311 そして、これ。何だと思いますか?岩船寺産のとうがらし。いただいちゃいました!これ、めちゃくちゃ嬉しかったです!もうこれで土日はラッサムを作るしかありません。力が入りそうです!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月19日 (木)

フール・ドゥ・アッシュのパン、夜は空芯菜、赤キャベツのトーレンと雪中しいたけのスパイス炒め

カレーの木は、急成長どころか、豹変と言っても言い過ぎではない状態。

P5193630_convert_20110519073251P5083416_convert_20110508080611 下段の写真は連休明けの5月8日に撮影したときのもの。僅か10日ほどで、つぼみ程度だったのが、今やこんな状態に。2つの鉢(木)で成長に若干の差があるものの、植え替えの影響もないようで、今のところ元気いっぱいです。

P5193627_convert_20110519070022 そして、今日の朝食は、フール・ドゥ・アッシュの湯ごね食パン、ラッサム、サンバル、アチャール。

(暑さでバテ、低効率で仕事、でも定時退社。)

帰りは、登美ヶ丘から学園前まで歩いて帰宅。途中、買い物をして、食材を仕入れ、帰宅後トーレン2種類とスパイス炒めを作りました。

P5193633_convert_20110520060649 今日の夕食。左から、空芯菜のトーレン、赤キャベツのトーレン、雪中しいたけのスパイス炒め、ラッサム、サンバル、真ん中はたまねぎとトマトのアチャール。なかなかおいしくできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月18日 (水)

あなごめし

今日は定例出張日。

20110519025125_convert_201105190256 向かいのホームには、500系こだまが。

20110519024416 タコめしがなく、今日はあなご寿司ではなく、あかめ弁当と迷い、あなごめしを選択。

例によって、お昼休みは30分。で、例によって5分で完食。結構忙しいんです。

仕事を終え、姫路駅に戻り、帰りは新快速で大阪に。窓側席は全て埋まっていて、三ノ宮からは満員状態。昔に比べ乗客が増えているような気がします。JR西には、東海道線のようにグリーン車連結をと要望したのですが・・・。

P5183622_convert_20110519070858 大阪駅からは、徒歩で難波に。大阪駅前ビルの「ミラ」に行こうと思ったけど、あまり食欲がなく今日はパスすることに。それで、途中、本町のフール・ドゥ・アッシュに立ち寄り、食パンとブリオッシュを購入。結局帰宅はほぼいつもどおりの時間に。

夕食は、サンバル、ラッサム、昨日再度作ったなすのトーレン。混ぜると非常においしい!サンバルなどを作り置きしておくと、朝食や今日のように夕食を簡単に済ませたいときに便利です。

明日は今日の報告書をマシンガンのように打ち込む予定。でも、それができるかどうかは運次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月17日 (火)

ミールス風モーニング

今日の朝食は、こんな感じ。

P5173611_convert_20110517071955 今日の朝は、ミールス風モーニング。朝からちょっと豪華。

P5173614_convert_20110517072050 トーレンをパンに乗せてみました。これ、よく合います。野菜とココナッツで食物繊維もきちんと摂れて、日頃の悩みも解消。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月16日 (月)

なすとスナップえんどうのトーレン

今日は月曜。週明けで、比較的マシな気候で、そこそこ体力が残っていたので、帰宅後料理することを決意。

仕事帰りは、大阪南郵便局に立ち寄り、ウォーキングの歩数稼ぎのため、大回りで難波駅に。

しかし、少し疲れたのと、自分へのちょっとしたご褒美として、なんばウォーク内の前から少し気になっていたフローズンヨーグルト店に。せっかく歩いたのに甘い物などと考え立ち去ろうとしたところ、「NO FAT」の文字が。

P5163593_convert_20110516213615 いろんな種類があったけど、今日は最初なので、一番ベーシックなものを。スモールサイズで350円は安くはないけど、我々メタボにとって「NO FAT」を考えれば、ありがたいというもの。さっぱりしていておいかったです。子供の頃、明治がフローズンヨーグルトの訪問販売していたのを思い出しました。

帰宅途中にココナッツロングを買いました。野菜は、ウォーキングの途中に寄った空堀商店街内のスーパー玉出で購入。

玄関に入り、服を脱ぎ捨て、包丁を握り、野菜を切る。鍋に油を入れ、マスタードシードなどを投入、野菜を入れて、はい出来上がり!

P5163603_convert_20110516213638ラッサムとサンバルは昨日作ったもの。 なすとスナップえんどうのトーレンを添えると、どうでしょう、立派なミールスだと思いませんか?

何か今日は、帰宅後ちゃちゃっと作れて、いい感じ。こんなことができればいいなと思っていたので、嬉しい限り。

トーレンはココナッツ好きにはたまらないですね。ケララの風でキャベツのトーレンを食べて、目覚めてしまった感じがします。これからいろんな野菜でトーレンを作っていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラッサム&サンバルの朝食の定番化?

今日の朝食は、昨日作ったラッサムとサンバルをパンに合わせる、私の中の最近のトレンド。

P5163592_convert_20110516070009_2ラッサムはトマトジュースを使った簡単版、サンバルは直煮式・たまねぎなしのアスパラ入り、いずれも圧力鍋を使って挽き割りトゥールー豆を似たものを、また、青唐辛子は千葉県産のものを使いました。サンバルは1晩越すと味がまとまりますね。

IENAのパンは4枚切。同じくIENAで買った大山ハムも美味。パンがなくなりそうなので、今夜はどこに買いに行こうか思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月15日 (日)

簡単ラッサムとアスパラの直煮式サンバル

今日日曜日は休養の日となりました。

夕方からは、今週用のラッサムとサンバル作り。

P5153586_convert_20110515235658 サンバルは、少しタマリンドがきつめに感じたので、少しだけ水を入れてみました。サンバルは出来たてのフレッシュな時もおいしいけど、2~3日前経つと水分が減り、豆のまろやかさが出てきて、これもまた美味。明日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月14日 (土)

ケララの風、ダルマサーガラ

前日、インターネットでいろいろ調べていたら、気になるニュースが。

P5143532_convert_20110514224928 いつもは迷って外出が遅くなる私。でも今朝は決断が早かった。

P5143533_convert_20110514225017 前日のビールが少し残っている中、この時間に京都駅を出発。

P5143534_convert_20110514225040 間もなく現地のゲート駅に到着。

P5143539_convert_20110514225154ついに来てしまいました。さすがに、何やってんだと思いましたが、今日は衝動を抑えられなかった。東京・大森のケララの風です。

品川からは京浜東北で2駅。大森駅からは歩いて約5分。この駅で降りたのは多分生まれて初めて。お店は商店街の中にありました。

お店には一番乗り。その後は次々とお客さんが。ランチ予約の可否の問い合わせなども。

P5143535_convert_20110514225106_2 席に着くと、こんなペーパーが。気分が高まってきます。

P5143537_convert_20110514225130_2 ランチミールス(1,000円)です。食後のコーヒー/チャイ以外はおかわり自由!

インドのレストランで登場する、あの4種類くらいのカレーが入る“バケツ”も!カレーは全てが独特で、目が覚めるようなおいしさ。こんなこと言うとお店に失礼かもしれませんが、サンバルは、先週私が作って初日の味に似ていたぞ!

1品だけでも、汁と具の味わいが複雑なのに、これを混ぜるとさらに複雑になり、パパド(ケララ・パパダム)を細かく割って混ぜたり、カリーの量の加減、この後追加注文したタマリンドの酸味(?)たっぷりのアチャールを加えたりすると、もう味の展開は無限大という感じでした。

全体的にココナッツを多用したカレーが多いので、あの独特の甘みがたまらない!それに、マスタードシードの辛み、マスタードシードや野菜の食感が相まって、シャバシャバ系のやさしく少しピリッとした後味がたまりませんでした。私が想像するケララそのものって感じ。現地に行きたい、けど、もしかしてこのお店の方がおいしいのかもと、勝手なことを考えてていました。そのように思わせる内容です。

食後のチャイも、風味豊かでしっかりしたボディです。

本当はもっと3回、4回とおかわりしたかったのですが、私も歳には勝てません。苦しくなっては後味が悪いというもの。我慢してお勘定をお願いして、お店をあとにしました。

関連ランキング:インド料理 | 大森駅大森海岸駅

再び大森駅に戻り、1駅先の大井町でりんかい線に乗り、新木場で乗り換え、新浦安に。ここからバスで実家に行こうと思ったところ、ちょっと浦安の中でも、新しい埋め立て地でもある、気になるエリアを歩いてみることに。

P5143544_convert_20110514225218 立派な建物。それでも外には仮設トイレが。

P5143545_convert_20110514225241 東京電力前。

P5143548_convert_20110514225427_3 セブンイレブン前。

P5143552_convert_20110514225533 焼き鳥の鳥繁前。倒壊?取り壊し?

P5143546_convert_20110514225400 表通りをまっすぐ歩いていると爪痕は感じられない。それでも左右を振り向き、路地を除くとこんな感じのところがあちらこちらに。

P5143553_convert_20110514225558 思っていたより復旧していましたが、かなりのダメージがあったことが想像できます。

この後、近くの理髪店に約2年ぶりに入店、散髪しました。このあたりの方はみなさん液状化のこと、液状化することは知っていたようですが、液状化でこんな感じになること、生活にどのような影響が出るかは、今回の震災で初めて知った方が多いとのこと。我々も一緒かもしれません。備えようがない被害への対処というものは難しいものです。

P5143554_convert_20110514225619 新浦安駅は節電で薄暗かった。ここは駅の改札を出てすぐのところにある、おにぎり屋さん。少しお店の位置が変わっていました。今名古屋にいるIさんのお勧めで、よく帰りに買って、翌朝食べたものです。今日もしゃけマヨと焼きたらこを購入。

このあと、バスで久しぶりに実家に行くハズが、気が変わりました。逆算すると時間がないことに気付き、都心に戻ることに。

サンジェルマンのドーナツを買いに行くことに。しかし、有楽町×、恵比寿×、そして渋谷に。しかし、東急のれん街にあったお店がなくなっており、途方に暮れつつ買い物をしていると、のれん街と反対側にある東急フードショーというエリアの中でお店を発見。ありました。シナムドーナツ95円を5個購入。

その後、予め情報を得ていた野菜売場で千葉県産の青唐辛子を購入し、のれん街のドゥ・マゴ・ベーカリーでブリオッシュを買いました。

夕食の時間までに少し余裕があり、渋谷から銀座まで電車を使うと早すぎるので、思いついたことはバス。渋谷から六本木、溜池経由で新橋に行く都バスに乗車。このバスに乗るのも7~8年ぶりでしょうか。やはりヒルズあたりが激変、アークヒルズが少し古びれて見えました。

新橋からある所に行こうとして業平橋行きのバスに乗ろうとしたら、バス停が変わっていて分からず、あまり本数もないだろうと思い、銀座方面に歩いていくことに。そして途中で小雨がぱらつき始めてきました。

P5143555_convert_20110514225653 お店には17時30分ちょうどに到着。このお店は富山のFさんに教えてもらったところですが、かなりの有名店みたいです。かなり高級そうで、ガイドブックに載せてもよさそうな雰囲気、風格があります。

P5143557_convert_20110514225714 ビリヤニかティファンのみにしようと思っていたところ、セットでもそれほどの量ではないと判断し、ミールスBを注文。正解でした。ちなみに今日のビリヤニはチキンとのこと。やはりビリヤニを外したのは少し悔やまれます。

オクラのポリヤル、レモンのアチャール、ライタのようなヨーグルト、つまり脇役たちが非常に美味!サンバルは少しポテっとした感じ。ラッサムの風味が素晴らしかった!ワダはマドラスキッチンに軍配かな。お肉なしで、これだけの風味、豊かさを感じられるミールスというものに、改めて感服する私でした。

店員さんもフレンドリーでかつ、さりげない気遣いが心地よく、とても気持ちよく夕食を摂ることができました。レジ横にあったスナック(200円)をテイクアウトで購入しました。

関連ランキング:インド料理 | 東銀座駅築地駅新富町駅

食後は急いで東京駅に。久しぶりにタクシーを使いました。

P5143568_convert_20110514230157 品川駅のホーム表示板はこんな感じ。やはり東京日帰りはちときつい。ちなみに万歩計は2万歩を突破!よく歩き、よく食べました。

P5143572_convert_20110514230220 今日の戦利品。東京往復で入手したものとしては、ショボいかな?一番の楽しみは、やはりサンジェルマンのドーナツです。

さて、明日は掃除など、やることがてんこ盛り。以上、東京日帰りのちょっと豪華な小旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月13日 (金)

定番の〆さば、鯖のひらきには目から鱗!

関東の某店でよくお世話になったさくら水産さん。

大阪では今回が2回目、谷四店は約1年ぶりです。

金曜日の晩ということもあり、お店は満員でしたが、運良く空席ができ、店員さんがてきぱきと後かたづけをし、テーブルを消毒薬を使ってきれいにしてくれました。丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

P5133519_convert_20110513231438 最初のお通しは、わさび漬け。普通のわさび漬けですが、ありきたりのあっさりとしたものより、このような少しクセがあり、刺激的な一品は、疲れた身体を覚醒させてくれます。もちろん、最初の一口が旨いビールにもよく合います。なかなかよく考えたお通しだと思いました。

P5133521_convert_20110513231515 刺身類は、相変わらず日替わりメニューが充実しています。値段が300円台と安く、それなのに新鮮。とても魅力的です。

ちなみに今日は、鯵のお造りと貝の盛り合わせを最初に注文しました。鯵は下手をすると今や高級魚なみの値段が付く魚になってしまい、意外に街中の居酒屋ではお目にかかれません。それなのに、安価で新鮮な鯵のお造りがいただけるだけで幸せなのに、ここのお造りは非常に美味。料亭なみと言っても過言ではありません。

貝の盛り合わせは、4種類が少量ずつ、盛りつけられていました。安い店で貝を食べるのに抵抗がある方もいるかもしれませんが、ここの貝は悪い言い方をすると、廻る寿司屋以上のクオリティ、貝好きの私としては、少量多種を安価に食べられるこのメニューには大満足でした。

P5133522_convert_20110513231539 そして、本日一番驚き、感心させられたのが、最後に頼んだ鯖の開き。焼魚が食べたく、しかし最後なので、あっさりとした鯛の塩焼きなんかないかなと思い、メニューと睨めっこしていたのですが、そのようなものはなく、正直言って消去法で頼みました。

ところが、この鯖の開き、さすがに鯖だけあって鯵とは違い肉厚で食べ応えがあり、かつ開きなのでしつこい程の量がない。味は表現が難しいのですが、鯖の独特のクセが開きにすることで、まろやかなクセになり、生臭さが全く感じられず、非常においしかった!恐らく生まれて初めて食べたであろう鯖の開き。ありそうでないメニューですが、これは本当においしかった!この開きを食べるために週1回通ってもいいと思ったほどです。しかもお値段は380円!ちょっとした料理屋で1,500円くらいの値段が付けられていても食べたいと思わせられる内容です。これは本当に一押し、おススメです。

なお、〆さばは、前回訪問時より肉厚になっており、相変わらず昆布で巻かれた鯖は、飽きないおいしさでした。

魚好きにとって、安くて旨い造り、そして焼き魚までが楽しめるさくら水産さんは、いつでも嬉しいお店です。

関連ランキング:居酒屋 | 谷町四丁目駅天満橋駅谷町六丁目駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

急成長のカレーの木、IENAのパン

今朝は久しぶりにいい天気。

P5133513_convert_20110513074254 カレーの木は、毎日急成長!ちょっと植木鉢が小さいので、週末に植え替えを試みる予定。植木鉢を探しにいかないと。

P5133511_convert_20110513071616 朝食は、昨日買った、IENAの食パン。付け合わせのサンバルは、ラッサムと同じく腐食はなく、いい感じ。冷蔵庫に入れておけば1週間は持つということが分かりました。

(今日は一日中バタバタ、カラっとした天気だけが救い・・・、でも疲れました。)

P5133519_convert_20110513231438 で、私にしては珍しく、アフター5は、こんな感じで。

P5133521_convert_20110513231515 貝の盛り合わせ。これで確か380円!デフレ万歳!!

P5133522_convert_20110513231539 これは、アジではなく、サバです。サバの開きって、生まれて初めて食べたような気がします。これが今日の一番の大当たり。素晴らしい!これも、確か380円。

いつもはグラスビールで酔っぱらい、家で滅多なことでは飲みませんが、シャンパン、焼酎をグラス1杯飲んで熟睡する私。それが今夜はビールを4~5杯飲んだにもかかわらず、なぜか酔っていないのが不思議なくらい。

のみかたが良かったのか、それとも、疲れていたのに体調が良かったのか。何だかよく分かりません。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月12日 (木)

タケウチのパンとラッサムの保存性

今日の夜は、残り1切になったタケウチのパンとラッサム。

P5123508_convert_20110513015506 どちらも先週土曜日に購入(料理)したもの。言いつけどおり、買い上げ当日に冷蔵庫に入れて保存し、食べるときにその都度スライサーで切っていきました。

おかげさまで、この1週間、朝食でタケウチのパンを楽しめ、そして今日のように夕食になるなど、大活躍。

ラッサムについても、味の変化はそれほどなく、むしろ豆が溶けたり、タマリンドの酸味がいい感じで増し、2~3日前からは濃厚なタリカロのようなラッサムになったような気がします。

これから蒸し暑くなり、体力の消耗も激しくなり、帰宅後料理する気になるかどうか。土日にラッサムとサンバルをまとめて作り、今週のように少しずつ消費していくスタイルは、当確というところ。

さて、今度はどんなサンバルを作ろうか。お勧めがあったら教えていただきたいものです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月11日 (水)

出張の日

今日は水曜、定例出張日。

雨天で電車が遅れると思い早く出発。ところが近鉄は意外にも遅れず、そこまではよかったものの、御堂筋線が車両故障でなんば駅は大混雑。電車はすぐ着たので飛び乗ったものの、なかなか進まない。

到着駅の前で、「信号待ちです。」。これが延々と続き、何と、各駅に到着する度にこの調子。いつまで経っても梅田に着かず、乗ろうとしていた新快速に乗れずはずもなく、その後新幹線を駆使したものの、25分遅れで姫路に到着。

蒸し暑さ、焦りなどで、姫路に着いたときには、疲労困憊。怒りのぶつけどころもなく、ホームで独り言を言う私。最悪の朝でございました。

P5113486_convert_20110511212154 それで、せめてもの楽しみとして、昼食の弁当を購入。今日は前々回と一緒で、まねき食品のあなご寿司。1,300円と高価だけど、今日はどうでもいい気分でした。

出張先は、まるで蒸し風呂状態。丸一日同じ部屋に籠もってお仕事。昼休み30分も疲れているときにはきつい。気楽は気楽だけど、蒸し暑くて踏ん張りが効きませんでした。

帰りは、疲れ果てたので、再び新幹線を利用。本当は880円で乗れる在来線特急・はくとを利用するはずが車の手配の関係で乗れず、エクスプレス予約を利用した次第。ところが改札を通ろうとすると、30分遅れのはくとが「あと5分で到着します。」のアナウンス。今日はとことんついていません。グリーン車に変更してやろうかと思いましたが、さすがにそれは思い留まりました。

ひかり号の喫煙車は16・15号車。遠い。いくら歩いても着かない。喫煙者に人権はありません。

喫煙車はガラガラ。3列席の窓側に座り、フルリクライニングで、偉そうな格好をしてタバコを吹かし、“優雅”(?)に帰りました。

蒸し暑さで疲労困憊、何もする気にならなかったけど、このまま帰宅して冷蔵庫の残り物で食事を済ませるのもしゃくに障るので、どうしようかと考えた挙げ句、久しぶりにタリカロに行くことに。理由は、①おいしい、②期待以上が期待できる、③行って後悔したことがない、④幸せな気分で帰れる。以上。

それで、久しぶりにタリカロの扉に手をかけ、またもや常連さんと再開!何かホッとしました。

タリカロのカウンターの中では、店長さんと料理人さんが、何かゴソゴソしている。今日は何にしようかなぁと、意識朦朧とする中オーダーを考えていたところ、「VADA」という音が聞こえてきた。なぬ?ワダだと?「今、ワダって言いました?」と聞いて、カウンターをの覗き見るとと、タロさん、ステンレスのボールでワダの生地をこねている!!

私「注文してもいいですか?」、タロさん「ええ、もう油の鍋にも火を付けたので。」

ワダはついさきほど、作ろうと思いついたようです。店を出た後、ツイッターをみたら、確かにそうでした。いやいや、何ともすごいタイミングでお店を訪問したものです。これで今日のいろいろなトラブル、不運でメタメタだった私の気分も、救われ、癒されたというものです。

P5113495_convert_20110511212220 ジャジャーん!ワダでございます。生地は前回より少しゆるめで、たまねぎ入りで超美味!チャトニーはこれまた新食感。もっちりしたチャトニーの中には、カレーリーフがカリッと油で揚がったようなもの、青唐辛子の輪切り、マスタードシードが入っていました。ココナッツミルクの缶詰の水分を抜いたものに、生の唐辛子を入れ、スパイス類をテンパリングしたとみた。これ、本当にレギュラー化を激しく希望いたします。

P5113499_convert_20110511212242 それで、今日は調子に乗って、マトンケバブも注文。気持ち量が多くなっている気がしました。ケバブはかなりの辛口、それに対し、コリアンダー入りのヨーグルトが、これまた非常によく合います。ミントの風味も素晴らしい。辛口ケバブ×ヨーグルトの組み合わせに感動!!

P5113503_convert_20110511212303 そして、最後は、マトンカリー。今日は、しかも、ネックとショルダーという、これまた私が一番好きな部位。もうたまらんっ!って感じでした。(あっ、そういえば、豆・ポリを頼むのを忘れていたのに、今気が付いた!)

ということで、今日は1日の最後をタリカロに救われ、癒された私でした。これだからタリカロはやめられません。金曜日はご無沙汰している夜タリも食べたい。今私の中で、関西のインド料理店は、西のマドラスキッチン、東のタリカロ。

さて、ボーナスが出たら、東京にも行かないと。今一番気になるのは、富山の知人から教えてもらった、東銀座のダルマサーガラ。土曜日にでも行ってやろうかと、少しやけっぱちな私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月10日 (火)

急成長するカレーの木

昨晩は暑くて眠りにくかったけど、朝は小雨がぱらつき、湿っぽいものの涼しい限り。

ベランダのカレーの木は、極めて順調に生育。

P5103468_convert_20110510072107 これは本日朝の状態。寒暖の差が激しい奈良の気候と合うのでしょうか?元気いっぱいです。

P5103468_convert_20110510072108 2日前と比べてみると、こんな感じ。すごい成長ぶりです。毎朝水やりを欠かさず、大切に育てていきたいところです。

P5103476_convert_20110510072158 朝食は、タケウチのパンとラッサムの残り。これを昨日届いたターリーに乗せてみた。

写真映りは悪くなさそうですね。

仕事を終えて帰宅後は、初めてターリーでいただくカレー。

P5103480_convert_20110510203331 バスマティライスとチキンカレーのみ。シンプル過ぎる組み合わせ。蒸し暑さでバテ、食欲がなかったものの、カレーを口に運ぶと不思議と食欲が増してきました。

P5103484_convert_20110510203405 これは、今日のお昼、いつものお店でいただいた、さつま揚げ。早速、ゴボウ天をいただきましたが、つい全部食べてしまいました!これだけあると、暫く楽しめそうです。練り物好きの私は、もしかして明日パンにはさんで食べるかもしれません。ありがとうございます!

そして、右側のきざみわさびは、M氏からいただいたもの。これ、そのまま食べると、むせるような辛み、つーっん!とくるんですけど、病みつきになるおいしさなんです。朝にごはんと一緒に食べると目覚め一発!お茶漬けにもよく合うし、嬉しい限り。でも、炭水化物控えたい人にとっては、危険極まりない一品。いくらでもごはんが食べられるので。Mさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 9日 (月)

インド食器とメドゥ・ワダの素

今日はいきなり猛暑とも言える暑さで、週明け早々ぐったり。

P5093464_convert_20110510012348 ちなみに今日の朝は、タケウチのパン。ラッサム&サンバルはパンにもよく合い、重宝します。この2つはこれからも常備しておきたいところですが、飽きるのも心配だし、これからの季節は日持ちの問題も。高機能で大きな冷蔵庫があれば、保存しやすそう。それでも冷蔵庫は非常に高く、昨日自動車税の納付書なるものが届いたところなので、今は買う気になれません。ボーナスが出たら考えます。

なお、今日の昼は、いつものお店で、カレイの味噌焼き。黒板メニューには「カレー」と書かれていた・・・。筑前煮、煮浸しもおいしく、麦茶もたっぷりいただき満足!

そして、今日は、定時に職場を去り、向かった先は、近所のピザリア・ニューエイジ。目的はここのソフトクリーム。明日朝のパンに合わせるハムも買おうと、そしてソフトクリームも発売前かもしれず、それならカップアイスを買おうと思って訪問したのですが・・・、今日は定休日。忘れてました。

手ぶらで帰宅し、今日の夜は、チキンカレーとサンバルという、週末の残り。それでも、チキンカレーは1日経って味が落ち着き、サンバルは濃厚になり、いい感じでした。

その後、今日は、待ちに待ったものが到着。

P5103467_convert_20110510011933 前から欲しかったカトリとターリー皿(など)。ワダの素はおまけに買ったもの。

平底カトリは、調理前のスパイス用意用で、このように積み上げられるので、我が家のように狭い台所で使うのに重宝しそう。丸底カトリは試しに2種類買い、気に入った大きさのものを後日また買おうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 8日 (日)

自作・北インド風ヨーグルトベース・フライドオニオンのチキンカレー、エメラのブリオッシュ

今日は、連休最後の締めくくりとして、かねてから作らなければいけないと思っていた、フライドオニオンを使ったチキンカレー作り。

P5083422_convert_20110508201802 たっぷりの油でスライスしたオニオンを揚げ炒めていきます。

P5083426_convert_20110508201828 ちょっと色が変わってきました。それでも、まだでしょう。

P5083427_convert_20110508201854 色づき始めてきました。さて、ここからが勝負。引き上げるタイミングが難しそう。余熱も計算し、この後は感覚の世界。

P5083428_convert_20110508201922 出来上がったフライドオニオンと、皮を剥いた手羽元。たまねぎを炒めた油は、このあとの調理で使います。

P5083430_convert_20110508201944 たまねぎ油を大さじ3入れて、テンパリング開始。正確にはテンパリングと言うか、スパイスの香りなどを油に移していく作業ですが・・・。

P5083431_convert_20110508202006 カルダモンが膨らんできたところで一旦火を止め、にんにくとしょうがのすりおろし、その後、青唐辛子、香草を入れて炒めていきます。

P5083433_convert_20110508202028 まだ火は止めたまま。このあたりがいつもと違うところです。その状態でヨーグルトを入れ混ぜ、ここでやっと弱火にします。

P5083434_convert_20110508202051 混ぜていくと、こんな感じに。マサラへの第一歩といったところ。

P5083435_convert_20110508202113 ここで、さきほどのフライドオニオンを手でちぎりながら投入。この作業が非常に難しく、やけに時間がかかり、焦りました。

P5083436_convert_20110508202136 さらにパウダースパイスを投入。ターメリック、カイエンペッパー、コリアンダー、塩の順。

P5083438_convert_20110508202201 お湯を加え煮込んでいくと、マサラっぽくなってきました。

P5083439_convert_20110508202222 約5分ほどでこの状態になりました。これでマサラの完成です。

P5083440_convert_20110508202249 完成したマサラに、いよいよ鶏肉を投入。

P5083441_convert_20110508202309 マサラで鶏肉を炒めているところ。この作業が非常に重要。少し時間がかかりますが、しっかり炒めないと!

P5083444_convert_20110508202330 鶏肉の炒めが終わった後でお湯を足し、約30分弱火で煮込み、トマトの粗みじん切りとガラムマサラを入れてさらに約5分煮込み、香草を散らして完成!!力作の北インド風フライドオニオンのチキンカレーです。

P5083445_convert_20110508202351 チキンカレーのほかに、サンバル、ラッサム、そして今日は、北インド風チキンカレーを意識し、パキスタン産バスマティライスを合わせてみました。フライドオニオンのカレーは、風味が素晴らしい!北浜のカシミールのカレーを食べたときに感じる独特の香りを思い出しました。

あと、1日経った後で食べるサンバルとラッサムは完璧な状態になりました。どちらも酸味と豆の風味と甘さのバランスが最高!我ながら素晴らしい!何か今日はやり遂げた感があります。明日からの仕事、頑張れそう?な気がしてきました。

という感じで余韻に耽っていたところ、今日の午後にエメラで買ったブリオッシュが気になり、明日の朝食用にタケウチのパンが冷蔵庫にあることを思い出し、何と食べてしまいました!

P5083456_convert_20110508202412 そして、このエメラのブリオッシュ、素晴らしい!!私が求めていた、いやいや、完璧に近いブリオッシュです。外側がカリッと固く、中の生地が弾力に富み、しかも卵たっぷりで身体に悪そうなほどいい匂いがし、それでいて独特の甘みが感じられる、いかにもブリオッシュというもの!これは、病みつきになること間違いなし。ケーキよりもこちらのブリオッシュの方に感動してしまった私でした。

なお、エメラさんでは、これからソフトクリームが販売開始になるようです。初めて知ったのですが、是非食べてみたいです。土日のウォーキングの合間にエメラのソフトクリームで一服なんて、想像しただけでも嬉しくなってきます。これからの季節が楽しみです。

関連ランキング:ケーキ | 富雄駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ふくやのきつねうどんとエメラのケーキ

今日の昼は、西の京の「ふくや」さんのきつねうどん。

お店を訪問するのは、数か月いや1年以上前以来かもしれません。以前はよく仕事帰りなどに立ち寄り、カレーうどんやミニ丼などを楽しんでいたものです。

P5083419_convert_20110508122922 これですよ、これ。鰹だしが効いていて、甘いけどくどくないお揚げが最高です。お出しは以前に比べて、魚っぽさが若干薄れたような気がしましたが、柚子のほのかな風味も素晴らしく、ずっと食べたかったふくやさんのきつねうどんを久しぶりにいただき、大満足の昼食となりました。

午後はゆっくり過ごし、買い物と兼ねて、これまた久しぶりに富雄のエメラに。遠出しないと暇をもてあましますが、万歩計片手に歩きながら買い物するものいいものです。

P5083429_convert_20110508160211 帰宅後、渡辺玲先生の料理教室で手に入れたコーヒー豆をミルで挽き、午後のデザートとしていただきました。ケーキは、タルト・シトロン・ポム・ヴェールという名前。レモンや青リンゴっぽい柑橘系の香りがさわやかで、今日のような暑い日にぴったりでした。

P5083427_convert_20110508160248 そして今夜は、チキンカレーを自作予定。鶏肉は近所のかしわ専門店に買いに行きました。夕方からフライドオニオンを揚げ始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カレーリーフ・ツリー

我が家のカレーリーフ・ツリーは2鉢。真冬の2月に購入し、あまり元気がない状態だったので、越冬できるかと不安でしたが、何とか枯れずに持ちこたえてくれました。

そして、3月下旬にポロポロと葉が落ち始め、その後4月中旬ころから、何と芽が生え始めたのです。

P5083416_convert_20110508080611 先々週ころから気温が上がり、常時ベランダに置くようにし、たっぷり水をやり、今やこんな感じで、順調に芽が育ちつつあります。

片方の鉢は、料理に使い、既に葉はゼロ。こんな状態にしていいものなのでしょうか?それでも葉がない方の鉢は、とても元気が良く、これからが楽しみ。ちょっと植木鉢が小さいので、大きい物に植え替えをしたいと思っています。

そして、今日の朝は、楽しみだったタケウチの山食。

P5083410_convert_20110508080525 それに昨日作ったラッサムと、特大トマトを添えて、朝食としました。パンとラッサムはとても合います!さて、今日の昼はどこに行こうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 7日 (土)

自作・大根のサンバル、ラッサムとギーライスの復習

今日は午後から、久しぶりにサンバル作り。例によって、渡辺玲氏のレシピです。

P5073391_convert_20110507204837 まず最初はテンパリング。極小マスタードシードと奈良県産唐辛子は我が家の定番。ヒーングを常用するようになった私自身が何か不思議な感じ。

P5073392_convert_20110507204859 大きめに切ったたまねぎを入れて炒めていきます。今までこんなに大きくたまねぎを切ったのは初めてかも。

P5073393_convert_20110507204921 大根、トマト、生カレーリーフなどを入れていきます。さて、大根を使ったサンバルはどんな仕上がりになるのでしょうか。

P5073394_convert_20110507204943 パウダースパイスを入れると、こんな色に変わります。マサラっぽくなってきました。

P5073395_convert_20110507205002 タマリンド汁を入れたところ。タマリンドは少し少なめから入れていった方が失敗が少ないです。

P5073397_convert_20110507205048 先に煮ておいた、トゥールーダルと、すり鉢を用い、から煎りしたスパイスを苦労してクラッシュして作ったサンバルパウダーを入れたところ。いよいよサンバルらしくなってきました。当たり前のことかもしれませんが、トゥールー豆を煮ておけば、サンバルは意外に簡単にできるものだと思えたことは今日の収穫です。

P5073400_convert_20110507205110 何と今日は、このあと煮込んでおいたトゥールーダルを使いラッサムを作り、さらにギーライスも作りました。ラッサムとギーライスは、このあいだ参加した料理教室で作った料理の復習です。復習が大切というまさやんさんからの助言をこれからも守っていきたいと思います。何度も作っていけば、コツや感覚を掴めるようになり、その後アレンジという境地に入れるでしょうから。無理せず頑張りたいところです。

それに、2日前に作ったムングダルのワダ、たまねぎとトマトのアチャールを添えました。ベジ三昧な夕食の出来上がりです。

サンバルは、大根が意外に存在感があり、すーっとした食感がダルの甘み、タマリンドの酸味といいバランスを保ち、とてもおいしく出来上がりました。初めて納得できる出来のサンバルになったような気がします。

また、きちんとダルを煮たことで、いままでのように、出来上がった後に濃度が変化することもなさそうで、目指していたシャバシャバ系、かつとろりとした感じが残るサンバルが出来上がりました。

これから暑くなると食欲が落ちてくると思うので、サンバルが活躍しそうな予感がします。今日のようにササッとサンバルが作れるようになったことは嬉しい限り。これからはいろいろな野菜を使ってサンバルを作りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タケウチのパン、シンガポール料理バイキング

本日の昼は、梅田大丸14階にある、シンガポール・シーフード・リパブリックのバイキング。目的は海南チキンライスだったのですが、いっそのことちょっとずついろいろ食べたいと思い、このお店を選択した次第。

その前に、靱公園のタケウチに。いつもより早く外出したので、売り切れていませんでした。

P5073407_convert_20110507215459_2 真ん中はブリオッシュ系。右端はカレーパン。やはり明日朝に食べる予定の山型食パンが気になります。

このあとは徒歩で梅田に。昼食後は梅田から難波まで歩き、軽く1万5千歩を超えました。これだけ歩けば、躊躇なく食べることができます。

シンガポール・シーフード・リパブリック大丸梅田店には11時30分ころに入店。既に先客は5組ほど。大阪駅改装で人が多いこの界隈、このお店以外の、なんで?と思うようなお店に行列が・・・。梅田は少し前と違い、活気に満ちています。

P5073378_convert_20110507204526 全種類を亜州食堂チョウクでおなじみの(私も持っている)バナナの葉型のメラミン皿に乗せ、試食するように食べました。

P5073383_convert_20110507204555 これは、ココナッツ風味のビーフン。名前は忘れました。かなりココナッツが濃く、結構マニアックな味でした。

P5073385_convert_20110507204622 これは、汁なし麺と、海南チキンライス。この麺の名前も忘れました。汁なし麺はやはり濃厚な唐辛子味噌がよく合います。チキンライスはライスが薄味、チキンはまあまあの風味。骨の崩れ具合からすると圧力鍋使用とみました。タレが濃厚なので、かけ過ぎに注意が必要でしょう。

シンガポール料理というだけあり、中国系、インドネシア系、マレー系といろいろ楽しめます。お味もそこそこで、チャンギ空港のフードコート(あったっけ?)っぽい感じ、雰囲気が楽しめたような気がします。

関連ランキング:東南アジア料理 | 梅田駅(阪神)大阪駅梅田駅(大阪市営)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年5月 6日 (金)

マトンが・・・

今日は連休明けかけ金曜日。

朝、台所に行き、マトンカレーの鍋に火を通そうとしたところ、ショッキングなことが。

P5070734_convert_20110507012226 無惨にも鍋がこんな状態に。

昨晩、少しだけ火を通しておこうと思い、弱火にかけ、そのまま放置して寝てしまったのでした。

ガスコンロの安全装置とやらで、事なきを得たということなのでしょうが、気をつけないと。

今日はマトンビリヤニでも作ろうと思っていたので、予定が狂いました。まあ、私自身が焼けこげていなかっただけ、マシと考えないかんのでしょう。

そして今日の昼は、ひさしぶりに、いつものお店に。写真はありませんが、鯖の煮付け、筑前煮、小松菜と油揚げのお浸し、マカロニサラダという、私にとって最もスタンダードで、好みの組み合わせ。それにしても、連休に入る前からいつもの店員さんがいなくなって、新しい人に変わったようで、突然のことだったので、少しさみしい感じがします。

午後は仕事に追われたと言うか、何かエンジンがかからないまま、ダラダラ仕事をしました。それでも、久しぶりの出勤はイヤだけど、職場の人と仕事したり、会話したりでき、少し楽しかったりもしました。仕事、そしてささやかですが、自分の役割があることに、感謝しないといけませんね。

定時後はちょこっとキャビネットの整理をしたりして帰宅。軽く30分ほどウォーキングしました。夕食はマトンカレーの筈だったのですが、焼けこげたので、帰宅しても食事はなし。少し残業した関係で、今から料理を作るのもしんどいし、どうしよう思いながら、結局そのまま帰宅。

冷蔵庫をモゾモゾ探すなどしていたところ、昨日押熊のアルペンローゼで買った玄米レーズン食パンを発見し、それとこれも昨日作ったムングダルのワダを温め、それを夕食としました。

P5060730_convert_20110507012159 ワダの付け合わせのは、ミント&コリアンダーチャトニー。昨日のココナッツチャトニーとは違い、少しクセがありますが、ミントの香りがさわやかで、なかなかイケてました。

食後は、渡辺玲先生の料理教室で買った豆をミルで挽き、コーヒーゼリーと共にいただきました。何か朝食のような夕食になりましたが、食欲がないときはこんな感じでいいかも。

明日は土曜日。連休中は神戸に通い続けたので、少し飽きた感があり、遠くまで行ってこれが食べたいってものがないのが、今の悩み。タリカロ&雨宮製麺所の黄金コンビでいくか。海南チキンライスも気になるし、久しぶりにおいしいそばをたっぷり食べたい気もする。これからじっくり考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 5日 (木)

ワダの日(自作・ムングダルのワダ)

この連休は、神戸通いに終始しました。やはり連休最後を飾るにふさわしいお店はここ。

P5050697_convert_20110505194446 お目当ては、このメドゥ・ワダ。確かワダにはサンバルは付いていなかったような・・・。サービス?嬉しい限り。サンバルは豆の甘みと酸味のバランスが最高!ワダは例によって、3種類のチャトニーで楽しみました。

P5050698_convert_20110505194520 今日は帰宅後チャトニーを初自作予定なので、じっくり拝見。

P5050703_convert_20110505194628 特にココナッツチャトニーは穴が開くほどがん見しました。大きなダルが入っているけど、これは何だ?シェフに聞いたら、フライド・チャナ・ダルとのこと。青唐辛子、しょうがなどを入れるようで、ヨーグルトなんぞは入れない由。作り方もちょこっと教わりました!

P5050708_convert_20110505194655 これはフィッシュ・モーリ。本当はマサラドーサにしようと思っていたところ、急遽気が変わり、魚カレーを注文した次第。

ということで、連休最後は、マドラスキッチンで、大好きなメドゥ・ワダ、そして甘い魚カレーの癒しをもらったところで帰宅することに。

さて、帰宅後、しょうが、にんにく、青唐辛子、香菜などを用意し、チャトニー作りに励みました。本当はココナッツとミントチャトニーを作ろうと思ったのですが、面倒臭くなって、今日はココナッツのみにしました。

そして、ワダ作り。先日神戸ハラールフードで買ったインスタント。ムング豆のワダです。製品の英語レシピどおりに、粉に水を混ぜ、10分待ち、お好みの青唐辛子、生カレーリーフを入れ、やや高温の油で揚げてきます。ただ、生地をどのようにして油に投入するのかが書かれていないので、ボールの中の生地をスプーンで適当に掬って放り込みました。

P5050712_convert_20110505194818 生地を入れると、勢いよく油から泡が。すぐに生地が上に上がってきているので、レシピどおりと言えましょう。揚げ具合は、勘に頼るのみ。

P5050724_convert_20110505194839 出来上がりです,手前が1回目、後ろの方が2回目のもの。2回目は少し油温が高かったようで、あまり油温を上げずゆっくり揚げるといいようです。

それで、肝心のワダの出来上がり具合ですが、旨っまーーーーーーーー!外側がカリッとしていて、中がほわっとやわらかい。ムングダルを揚げると、こんな感じになるんだ!という感じ。

チャトニーはココナッツミルクの缶詰を使用し、極力水分を絞って使いました。それでも少しゆるめになりましたが、大満足とまでは言えないものの、なかなかのお味にまとまっていました。

自宅で自作ワダを、自作チャトニーで食べられるとは、何とも幸せ。今度はミキサーを買ってきて、メドゥ・ワダを作りたいところ。いや、それでも、このムング豆のワダ、クセになりそうです。

なお、食後は、渡辺玲先生、まさやんさんの料理教室のときに買わせていただいた、コーヒー豆をミルで挽いて、コーヒーを入れました。苦味がしっかり効いているけどクドくなく、ミルクを入れても負けない秀逸な豆!素晴らしい!食後を優雅な香りで演出してくたコーヒーに感謝です。

あと、昨日作ったマトンカレー、ブラックペッパーをたっぷりふりかけたら、タリカロのマトンカレーに少し近づいた感じになりました!それでも、今日はワダを食べ過ぎたので、マトンは明日に持ち越し。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 4日 (水)

自作・ハラール・マトン・カレー

今夜は神戸ハラールフードで買った冷凍マトンを使って、マトンカレーを自作。

P5040686_convert_20110504230830 今日は大失敗!ホールスパイスを入れるところで、パウダースパイスを入れてしまいました。ヨーグルトを混ぜた後に気が付き、急いでホールスパイスを入れ、急遽強火にして出来かけのマサラの温度を上げ、出来るだけ油にホールスパイスの香りが移るようにと、「祈り」ながら、修正を試みました。

P5040687_convert_20110504230853 それで、何とかマサラが出来上がり、「ハラール」マトンを投入。祈りが通じるといいのですが・・・。今日は、その後、ブラックペッパーの粉末を大量投入しました。

P5040688_convert_20110504230915 出来上がりはこちら。左は、マトンカレーと同時並行で作った、たまねぎとトマト、青唐辛子のアチャール。なかなか激辛に仕上がり、いい按配。

マトンカレーは、出来上がってみれば、普通においしくできていました。どうやら、「祈り」が通じたような感じです。また、骨付きマトンからいい味が出ているような気がします。お肉は大きなブロックのものがやや硬めでしたが、これはあと少し煮込めばいい感じになる筈。明日が楽しみです。

これは

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カルカッタ家庭料理

今日は、久しぶりに福島の亜州食堂・チョウクでカルカッタ家庭料理をいただいてきました。

家から近ければ、カオマンガイ、バクテー、タイ屋台のぶっかけ飯をふらっと食べに行きたいところですが、なかなか機会がなく、数か月ぶりの訪問になってしまいました。

難波からゆっくり1時間かけて福島まで歩き、お店に到着したのは13時過ぎ。特別メニューのカルカッタ家庭料理は、残り1食で、ギリギリセーフ!

P5040678_convert_20110504193315_2 パヤサル、レンズ豆のカレー、ナスの炒め煮、エビカレー、じゃがいものポリヤル、きゅうりのアチャールと豪華な内容。

どのカトリも、手作り感に溢れており、やさしく素材の味が生かされています。奇抜な味付け、仕掛けなどはなく、手料理って感じがいいですねぇ。特にナスの炒め煮は私の好み。また、エビカレーは、いかにもベンガルって感じ。昔、ストップオーバーで入国して訪れたバングラデシュのダッカでこんな感じのエビカレーを食べたことを思い出しました。パヤサルは、気のせいなのか、ほのかにチャイっぽい香りがして、こんなに香り高いパヤサルは初めて!食後のチャイも甘さがいい感じでした。

今日はアチャールをテイクアウトしようと思っていたのですが、あいにく売り切れ。チョウクさんのアチャールはそのまま食べてもよし、料理にも使え、非常に便利。クスム横の自家製アチャールよりも、香辛料の効き具合が私好みなんです。また次回訪問したときは、是非持ち帰りたいところです。

チョウクさんで大満足のランチを終えた後は、ダイビル1階のコメダ珈琲店に。昨日神戸のニシムラ珈琲店で喫茶店に目覚めてしまった影響で2日連続喫茶しました。

P5040681_convert_20110504193336 アテが付くところが、名古屋っぽい。コーヒーは酸味抑えめのバランスが良いタイプで、おいしかったです。時間がなかったので、短時間の滞在でしたが、今度はゆっくりしたいものです。

その後は肥後橋まで歩き、地下鉄を使って急いで難波に向かい、これまた急いで奈良に。今日の夜のマトンカレーの食材をスーパーで買い帰宅。それにしても、ペパーミントや香草って結構手に入りにくい。スーパーよりも園芸店の方が安くて置いてある可能性が高いのは何故?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 3日 (火)

自作・羊のサルシッチャとなすのパスタ

石田めん羊牧場の羊のサルシッチャ、雨宮製麺所のリングイネ、そして毎度おなじみのサルジニア島産オイルヌーボーで、トマトベースのパスタを作ります。

P5030635_convert_20110503212957 今日の材料。トマトが写っていませんが、今日はホールトマトを使いました。

P5030638_convert_20110503213021 オイルヌーボーににんにくを揚げるようにして香りを移していきます。

P5030639_convert_20110503213046 オイルヌーボーからにんにくを取り出し、唐辛子を投入し絡みをオイルに滲ませていき、その後、オニオンスライスを入れて炒めていきます。

P5030640_convert_20110503213132 オニオンスライスに色が付き始めたところで、サルシッチャを投入です。

P5030641_convert_20110503213157 サルシッチャに焼き色が付いたら、赤ワインを注ぎ、強火でアルコール分を飛ばします。  P5030642_convert_20110503213220 その後、ホールトマトを入れ、トマトを潰すようにして炒めていきます。そこにパスタの茹で汁、岩塩で味を調整、パスタを鍋に入れて再び味を調整し、出来上がり!

P5030645_convert_20110503213243 イタリアンパセリとパルミジャーノ・レジャーノを削ったものをトッピングしていただきました。サルシッチャはかなり濃くと旨味があり、これは予想以上でした。もっと煮込んで、もっと濃厚なソースに仕立てても面白かったかもしれません。それでも、さすがに本格的なお味に仕上がります。たまにはこういう濃厚パスタもいいかもしれません。

P5030661_convert_20110503213307 これは2本あったサルシッチャのもう1本を、弱火で約10分かけて焼いたもの。サルシッチャのステーキとでも言えばいいのでしょうか。これはこれで、羊肉の旨味がギュッと凝縮した旨さが堪能できました。

さて、明日は連休後半の中日。神戸ハラールフードで買ったマトンでカレーを作ろうかと思いつつ、最近何故か食欲が落ち、風邪を引いても食欲が落ちない私にしてはとても珍しいことで、こんなことは数年ぶり。4月は数週間ウォーキングをさぼっていたのに、体重が落ちており、何となくイヤな予感がしないでもないです。ということで、明日の予定は、まだ未定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クスムでランチ、神戸ハラールフードのヤギ肉

今日は買い出しのため、再び神戸に。

本当は東京に行き、八重洲/東日本橋・ダクシン、京橋・ダバインディア、神谷町・ニルヴァナム、東銀座・ダルマサーガラ、大森・ケララの風、葛西・和印度(→そのあと東西線で帰省?)と東京・南インド料理レストランツアーを敢行しようと思い、エクスプレス予約しかけたのですが、どうしてもコストが気になり、また、いずれ東京出張が入るだろう、往復の新幹線代でどれだけ豪華な食事ができるかと考え、中止の判断をするに至りました。

ということで、今日は少しお金をかけて行くことにしました。

P5030609_convert_20110503212630 近鉄特急で京都に行き、JR改札前のブルディガラでブリオッシュを購入。e5489でスーパーはくとのチケットレス特急券を予約(これ600円とお値打ち)。

三ノ宮に着き、マドラスキッチンでワダをいただこうと思ったのですが、ショナ・ルパのビリヤニが気になり、どうしようかと迷いながら向かった先は、クスム本場家庭料理。ティファン+ライスでそれほど重くないところと考えた結論です。

クスム到着は12時過ぎ。先客は3組・7人ほどで、それほど混んでいませんでした。

いつものように、タマリンドソースとコリアンダー・チャツネでサモサを楽しみ、最近なぜか好きになってきた、ここのマンゴージュース。辛いものを食べた後に、少しくどい甘さを感じるこのジュースが妙に合うんですよね。

P5030613_convert_20110503212703 ターリーは、野菜とパニール、皮付きムング豆、チャナ豆のカレーと定番3種類。今日はライスが素晴らしい炊きあがり、そしてチャパティーも焼きたてで最高の焼き上がり具合!嫌いなチャパティーが大好きになってきました!チャパティー?チャパティー?に思わず、イエス!おかわりしました。

食後のチャイもいいです。カレーもおかわり自由だし、これで980円はすごい価格設定だと思います。

食後は、クスム横のお店で、スパイスを購入。今日はカイエンペッパー、コリアンダーパウダー、パパド、そして、クスムでおなじみのマンゴージュースを1本買いました。カトリ皿も買おうと思ったのですが、残念ながら売り切れでした。

その後は、北野界隈をウォーキング。途中、サ・マーシュでブリオッシュ2種類を買いました。相変わらずこの店のシステムは理解不能。商品の前には柵と言うか、棒で仕切られて客は直接パンに触れることができません。商品の札が小さいので、何て書いているのか分からない。店員さんを呼んだ後に、迷うことができないので、鬱陶しい。でもパンはおいしいので、また買いに行くことになるでしょう。

約1時間半にわたり、北野界隈をウロウロし、それでも時間が余ったので、喫茶店に入店。私が喫茶に入ったのは、おそらく数年ぶり。

P5030615_convert_20110503212758 やはり喫茶店のコーヒーはおいしいです。職場のコーヒーサーバーで十分と思っていたのですが、やはり豆、焙煎のしかたが違うのでしょう。たまには喫茶店でタバコをふかしながら本を読んだり、ケータイいじったりして、ゆっくり時間を過ごすのも悪くないなと思いました。

P5030630_convert_20110503212906

P5030632_convert_20110503212929 そして、帰りの特急の時間を見計らい、今日の主目的である、神戸ハラールフードに。お目当てはマトン。正確には、山羊のお肉。マドラスキッチンでアドバイスをいただき、このお店を訪れたという訳なのです。

ヤギ肉を買ったあと、ふとワダが食べたいと思い、視線を当てた先には何とインスタントのワダの素が!パッケージを見ると、ムング豆のパウダーのようなので、ウラド豆で作るものとは違い、少しカリッとした仕上がりになるのかなと思いつつ、買いました。

P5030620_convert_20110503212821

P5030622_convert_20110503212845 そして帰りは、再びスーパーはくと。普通車なのに、何か座席が豪華。ディーゼル特急なので、加速時は大量に重油を燃やすエンジン音がうるさく、それなりに揺れもあります。それでも、京阪神の都会を、田舎臭いディーゼル特急に乗って移動するのは、ちょっとした別次元の体験で面白いものです。

帰宅したのは夕方。買い物を済ませ、今夜は朝から解凍にかけていた、石田めん羊牧場さんの羊のサルシッチャでパスタソースを作る予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 2日 (月)

鯛だし塩そば(極細麺)

今日は連休の谷間に出勤し、予想に反し多忙を極め、疲労困憊の状態だったので、「華山」さんの至極上品な中にも独特の旨味、そしてあの春菊の香りが醸し出す、奈良が誇る逸品・塩そばをいただきたいと思い、今年1月に訪問したのが最後だったので、約3か月ぶりに訪問しました。

すると、何と屋号が変わっているではありませんか。これには驚きました。恐る恐るお店の中を覗いてみると、以前からいらっしゃる店員さんの顔が。少しほっとしました。

私が訪問したのは21時30分過ぎだったのですが、店内は満員で約15分ほど待ちました。この程度の待ち時間は、このお店では当たり前ですし、丁寧な仕事ぶりにいつも感心していた私としては、いくらでも待ちますよ、という気持ちでした。

若い男性の店員さんは、来店した客に、はっきりと待ち時間があることを伝えてくれます。どうぞ中にと言って、注文をとった後に、何分くらいかかる、なんていういい加減で愛想だけ良い接客ではありません。席が空いたら、きちんと案内してくれますし、分からないことを聞くと、丁寧に対応してくれます。客を待たせた後の対応もしっかりしており、とても気持ちよい接客です。はっきり、きっぱり、しかも丁寧。私はこのお店の接客にいつも感心しています。

なお、店主さんは、以前の方から変わっていました。待っている間、カウンターの中を眺めていましたが、「華山」さんの時と同じで、この店主さん、若い男性の店員さん共に、きびきびとした動きで、かつ丁寧な作業ぶりに好感が持てました。特に、そばが茹で上がりそうになったら、器にタレを入れ、それをお湯が沸き立つ鍋で温めるという、何ともきめの細かい作業には、驚かされました。

さて、本題に戻りますが、今日のオーダーは、「華山」時代の味を受け継ぐと思われる、鯛だし塩そば(極細麺)のはなやまそば(全部のせ)と、鶏そぼろごはん。平打ち麺の温かいそば若しくはつけ麺にも惹かれましたが、今日はあっさりの気分だったので、これにしました。

P5020607_convert_20110502222636 オーダーは大盛りではない塩そばですが、「華山」時代より器も量も多くなったような気がします。極細麺ですが、かなり量はあり、少食の方、私のような中年、女性の方であれば少し多いかもしれません。

スープは、「華山」時代より濃い!う~ん、ちょっと濃くなっちゃったな~、少し重い、確かに魚介が効いている、いやちょっと効き過ぎかも、と思ったのですが、食べているうちに、魚介しっかり効いているけど、くどくない。鯛と言われれば鯛だ、鯛だから上品なんだ、これ以上濃かったらしつこいけど、薄味でコクを出すためには、この濃度がギリギリの限界かな、いやいや、絶妙な線を見極めて完成させたのが、新しいこの塩そばか!と勝手な解釈をしていただきました。

改めて評しますが、新しいこの塩そば、「華山」の塩そばと比べると、濃くて食べ応えがありますが、「華山」らしさは、失われていませんでした。メニューに書かれているとおり、「旨味増」という表現がぴったりです。若干若い人向けになった感はあります。ユニクロが最近若い人向けにシフトしているような感じ(スリムな服が多く、私のようなオッサンがちょっとばかし入りにくくなった、でも大丈夫って感じ)とでも言えばいいでしょうか。大きな病気をして、油分をかなり制限している人でなければ、許容の範囲と言えます。

あと、トッピングですが、チャーシューが多い!多過ぎるくらいですけど、これだけ入っているとチャーシューを堪能できます。チャーシューも「華山」時代に比べると、脂身が多く、旨味もアップしていました。個人的にはもう少し赤身が多い方が好みなのですが、世間一般的には、このトロトロで舌の上でとろけるようなチャーシューは大絶賛されること間違いないでしょう。

また、春菊が上に乗っていたことは、私個人としては、嬉しい限りでした。このトッピングはあまり他店にはありません。春菊の青臭い香りと苦みが、油分のある(油分が多いという意味ではありません)スープとよく合います。これは大人を唸らせるトッピングです。

塩そばと一緒に頼んだ、鶏そぼろごはんは、ごはんに鶏そぼろ、味付け海苔、葱をのせただけのシンプルなものですが、これは侮れないおいしさです。どうやら本日は連休でお客さんが非常に多く、ごはんがなくなりかけており、私の分はごはんが少し足りなかったようですが、量的には十分過ぎるほどでした。そぼろの中にはこんにゃくを小さく(四角く)切ったのものが入っています。これは普通であれば、イヤだなぁと思うところですが、ごはんと鶏そぼろだけと、何というかベチャッとした感じになると思うのですが、こんにゃくが入ることで、ごはんを口の中に入れた後、葱や海苔の効果もあるのですが、空気、空間が出来るのです。そして、食物繊維豊富なこんにゃくが入ることで、本当気持ち程度のことですが、栄養価的にも繊維不足を補える一品であり、この面でも、塩そばとごはんというダブルで炭水化物を摂る罪悪感から少し救われる気持ちになれます。

最後に一言。個人的には「華山」のあっさりし過ぎていると言われたあの塩そばがなつかしくて仕方がないのですが、豹変していなかったことに安堵、これならこれからも付き合えるラーメンだと思いました。

以前に比べて少し濃くなった分、以前にも増して塩胡椒など、味を引き締めるトッピングが合うような気がします(昔の塩そばであれば、トッピングの味と香りが強過ぎるでしょうから)。また、メニューにはありませんが、この鯛だし塩そばをベースにしょうゆというのも面白いかもしれません。

今度は、平打ち麺の温そば、つけ麺、そして、土曜日の「春日」で豚骨のつけ麺(どのように変化したのか楽しみな次第です)もいただきたいと思います。

おかげさまで、連休の谷間に多忙を極め疲れ果てた身体が癒されました。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 1日 (日)

自作・かぼちゃのチャナダル・クートゥ

今日は、クートゥ作りに挑戦。既にチャナ豆は2時間水に浸しましたが、これから煮込みにどのくらい時間がかかるでしょうか。

P5010583_convert_20110501192635 水に浸して少しぶよぶよになった皮なしのチャナ豆をカップ2の水に入れたところ。渡辺氏のレシピには、1時間くらいかかると書かれています。

P5010584_convert_20110501192743 1時間経過の時点では、豆が崩れているかな~という程度。少し煮込みが足りないと判断し、火を中火にしてさらに15分程度煮たのが上の写真。ここでいよいよかぼちゃの投入です。

P5010585_convert_20110501192835 かぼちゃと一緒に、ココナッツミルクを水で溶いたもの、パウダースパイス、生カレーリーフ、塩を投入。

P5010586_convert_20110501192859 混ぜるとこんな具合になりました。かぼちゃはどのくらいで煮えるでしょう?

P5010587_convert_20110501192927 ここでテンパリングの準備にとりかかります。油は大さじ2弱、奈良県産唐辛子、マスタードシード小さじ1/2、それにヒーングを少々。

P5010588_convert_20110501192954 いよいよテンパリングです。ジュッ!という音が、おいしそうと思えるようになった私は、既にインド狂?

P5010590_convert_20110501193019 そして、塩加減をチェックして完成!かぼちゃのチャナダル・クートゥです。いい色、いい香り!

P5010595_convert_20110501193040 今日の夜は、昨日作ったタマリンドライス、ラッサム、ヨーグルトシチュー、そして今出来上がったクートゥで、自作・ミニ・ヴェジ・ミールスといったところでしょうか。

クートゥは予想以上の出来で、ココナッツミルクとかぼちゃの甘みがたまらないおいしさ!それに塩と辛みが味を引き締め、さらにカレーリーフの苦味っぽい風味が最高に合います。野菜でこんなにおいしいカレーが作れることに、今さらながら感心させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パロタ&マトンチュッカ

今日は、神戸ハラールフードにインド産バスマティライス、その他ココナッツ類を買いに行き、そして、飛び石訪問となったマドラスキッチンへ。

あまりお腹が空いていなかったこと、それと前から食べてみたかった例のものを初めて注文しました。

P5010572_convert_20110501152245 パロタです。かなり昔、一度トリバンドラム(今は呼び方が変わっているかも。確かケララ州の州都だったと思います。)にちょこっと立ち寄ったときに食べたケララパロタの食感や味と言うか、あの独特の形が忘れられず、特に関西ではパロタがいただけるお店を知らないので、もうこれは10年以上ご無沙汰していたと思います。

そして、このパロタに合うカレーをシェフのスレッシュさんに質問しました。御回答は、「マトンね。マトン・チュッカ。4番!」と即答!そして即注文!

P5010573_convert_20110501152306 マトン・チュッカは、骨付きです。うまい!ただ、パロタの食べ方が分からず、またしても質問。御回答は、「パロタをちぎり、チュッカに被せ、掬って食べる!」です。早速、そのとおり、パロタを手でちぎり、チュッカを掬って食べました。実は私、手で食べるの初めてかもしれません。しかし、不思議と手で食べた方がおいしく感じました。

P5010575_convert_20110501152327

という訳で、パロタを堪能!余韻に耽っていたら、何とシェフから声がかかりました。「キッチンに来い!」と。チュッカは圧力鍋を使えば1分で作れると言うのです。そして、厨房見学をさせてくれました。サンバルの鍋、マトンカレーのベースなども!厨房はとても狭く、びっくりするほどです。インドでは作り置きをしないと聞きますが、だからこそささっと作る技が身に付き、厨房も簡素でいいのかもしれません。

P5010579_convert_201105011523490 これはスレッシュさんが私のデジカメで勝手に撮った私の写真。ひどい姿、そしてカバンのチャックが全開ですねぇ~。お恥ずかしい。

それでも、今日はパロタをいただけただけでなく、チュッカの作り方、厨房まで見せていただき、大満足のランチとなりました。連休中にまた再び行くことになると思いますが、その際にはよろしく!

帰りは重いバスマティライスを背負って電車に乗り帰宅。途中で頭痛がひどくなり、薬屋で頭痛薬を買って、歩きながら飲み、そして、梅田から四つ橋まで軽くウォーキング。昨日は1万5千、今日は何とか1万歩。最近さぼりがちのウォーキングですが、もうそろそろ寒くなくなってきたので、ペースを上げようかと思っています。

さて、今夜は、例によって渡辺玲氏のレシピで、かぼちゃのチャナ・ダル・クートゥを自作予定。今からチャナ豆を水に浸けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パン・デュースのブリオッシュ

今日の朝は、昨日買ったパン・デュースのブリオッシュ。

P5010567_convert_20110501090234 昨夜作ったタマリンドライスと一緒に撮ってみました。パンはダイエットの敵ですが、なかなかやめられません。

それにしても、今使っているデジカメは、ピントが甘く、色合いもイマイチ。もう少しピシッと写って欲しいところ。いろいろ設定するなどしているのですが・・・。

今日は何かどんよりしていて出かける気にならないけど、インド米がなくなったので神戸に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »