« ブリオッシュ・トルサデ | トップページ | マトンヴィンダルー&ビリヤニ »

2011年4月 8日 (金)

ぶりカマ、夜タリ

ついにやってきた金曜日。転勤してから、四苦八苦の毎日だったので、嬉しさもひとしおです。

今日のお昼は、いつものお店で、よっしゃ!ぶりカマをゲットです。食べ終わりそうなころに、元同僚のM氏と、元上司のF氏が。何か1週間ぶりなのに、懐かしい顔ぶれ。お二方の顔を見て、少し癒されました。同じ建物の1階上と下で働いているのですが、別組織なので、何かいろんな意味で距離が出来てしまうんですよね。

午後は何とか仕事をこなし、机の上も少し片づいてきました。今の職場は、上司、同僚、新規採用の方に至るまでいい人ばかりで、とても恵まれているのですが、仕事ができず、何の役にも立てず、人の足ばかり引っ張っている自分が情けなく、本当に精神的に辛い1週間でした。でも終わった!

帰りはごほうびに特急で帰宅。上本町駅の成城石井で買った500円近くする超高級ジュースを喫煙車両でタバコを吸いながら飲みました。もう少しで乗り過ごしそうでしたが、何とか最寄り駅で下車。

そして、今夜は、雨宮さんところか、タリカロかで悩みに悩み、明日夜に届くラムのことを考え、タリカロに決定。

久しぶりのタリカロは、相変わらず盛況でした。そこで、先月、アウトバックステーキでご一緒させていただいた素敵なご夫婦と再会。最初は奥様一人だったのですが、超特大のワインボトルがカウンターの上に!すっ・・ごい。。と思ったのですが、それはボトルではなく、ボトルクーラーが巻かれていた関係で、目の錯覚と言うか、超特大ボトルに見えただけでした。それにしても、素敵なご夫婦です。変な意味じゃなくて、何か、私が小学生のときに憧れた「金妻」、そのテーマ曲・「恋に落ちて」の音楽が頭の中で流れてきそうな感じでした。(訳分かりませんね)

そして、今夜の私のオーダーは、ご無沙汰にご無沙汰を重ねていた夜タリ。本当はマトンにしたかったのですが、もうかれこれ1か月以上夜タリを食べていないと思い、予定を変更しました。

P4080103_convert_20110408220325 今日一番おいしく感じたのは、豆カリー。これはトゥールー豆だと思うのですが、いやいや、これ、やっぱり癒されます。あとエビカリーも。疲れているときは、やはりこういうやさしい味のカレーがいいかもしれません。あとは、やはり、インドの唐辛子。この唐辛子がたっぷり入ったチキンカレーなんかが食べられたら嬉しいんですけどね。1日3食限定・1,500円でやってくれないかな~。

そして、最後に、タリカロのお二人に、ラム(マトン)の扱い方を伺いました。肉は水で洗わない、臭みを消すのではなく肉の味を閉じこめるように、という「お言葉」を賜り、奉りました。このお言葉、私にとっては天皇陛下から頂戴するようなものであり、一生忘れないと思うのであります。

明日は土曜日。久しぶりに神戸のマドラスキッチンにも行きたいし、本当にご無沙汰になってしまっている雨宮さんのところにも。タリカロのマトンも。明日の気分次第で、行き先を決めたいと思います。

|
|

« ブリオッシュ・トルサデ | トップページ | マトンヴィンダルー&ビリヤニ »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/51336454

この記事へのトラックバック一覧です: ぶりカマ、夜タリ:

« ブリオッシュ・トルサデ | トップページ | マトンヴィンダルー&ビリヤニ »