« ハイデラバーディ・チキン・ビリヤニ&ラッサム | トップページ | 昼:スイートバジル、夜:自作料理2品 »

2011年4月29日 (金)

自作・冬のラッサムと羊のラグー

今日はマドラスキッチンでビリヤニとラッサムをいただき、鶴橋で青唐辛子と水菜のキムチを買って帰宅。

その後、クルマのホイールキャップ交換と、クリーニング店に行き、タオルケットをコインランドリーで乾かしている間に食材を買いに行き帰宅。

夜になってもあまりお腹が空かず、どうしようかと思いつつ、ゆっくり料理を始めることに。今日は、先週、渡辺玲先生から習ったラッサムを作ることに。そして、数週間前に石田めん羊牧場さんで買った羊のラグーを、数日前に買った雨宮製麺所のフィットチーネに合わせることにしました。

P4290504_convert_20110429211405 まず最初は、ラッサム用のトゥールダルの煮込みから。渡辺氏の料理教室では、ムング豆を使っていましたが、ちと本格的に行きます。やはり、ムング豆と違い、煮込みにかなり時間がかかりました。

P4290502_convert_20110429211341_2 これは、クミンとブラックペッパーをから煎りしているところ。とっても良い香りがしてきます。我が家にはスパイスグラインダーがなく、この後このスパイスを潰すのに一苦労しました。

P4290505_convert_20110429211430 から煎りしたスパイスをすり潰したものが一番手前。その後ろはテンパリング用スパイス。カレーリーフは自家製。後ろのマスタードシードは神戸ハラールフードで買った超小粒のもの。

P4290507_convert_20110429211452 下ごしらえができたところで、早速テンパリング用スパイスを熱していきます。カレーリーフの良い香りがたまりません!

P4290508_convert_20110429211516 今日は生トマトではなく、無塩のトマトジュースを使いました。そのトマトジュースににんにくはみじん切り、青唐辛子、パウダースパイス、塩などを入れたベースに、逆テンパリングと言えばいいのでしょうか、この鍋に投入。こんな感じになりました。

この後10分ほど煮込み、その後、から煎りしたスパイスとダルを入れて、さらに弱火で煮込んでラッサムの完成。・・・香草を入れ忘れました!

P4290513_convert_20110429211538 これは、石田めん羊牧場製の羊のラグー。正確には、石田氏がイタリアで修行を積まれた「ELEZO社」の伊藤氏に委託して商品化したもののようです。手前のパスタは、雨宮製麺所のフィットチーネ。デュラムセモリナ粉100%で添加物は水のみ、塩すら使用していない本物の中の本物のパスタ!真鍮製の絞り出し口を使用することで、パスタの表面にギザギザが付き、これがソースとよく絡む秘訣になっているようです。

P4290516_convert_20110429211612 この写真は、ラグーとパスタを合わせたところ。いい感じです!

P4290520_convert_20110429211636 今夜の夕食。手前は渡辺玲氏のレシピで作った「冬のラッサム」。奥は、石田めん羊牧場と雨宮製麺所の“夢の競演”、羊のラグーのフィットチーネ。

ということで、連休初日は、マドラスキッチンのビリヤニから始まり、私のとって、豪華な食事で始まりました。

|
|

« ハイデラバーディ・チキン・ビリヤニ&ラッサム | トップページ | 昼:スイートバジル、夜:自作料理2品 »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/51527798

この記事へのトラックバック一覧です: 自作・冬のラッサムと羊のラグー:

« ハイデラバーディ・チキン・ビリヤニ&ラッサム | トップページ | 昼:スイートバジル、夜:自作料理2品 »