« 朝カレー、昼いつもどおり、夜宴会 | トップページ | マトンすね肉の煮込み »

2011年4月19日 (火)

自作・マトン(ラム・スネ)・ビリヤニ

昨日夜は歓迎会。今日は朝4時頃に目が覚め、本やインターネットを見ていたら、ビリヤニが意外に簡単に作れることが分かり、早速作ることに。もちろん、レシピは渡辺玲氏のもの!

P4190385_convert_20110419064248 ホールスパイスを入れて炊いたバスマティライスの上に、ラムカレーをかけ、香草、ミントを乗せていきます。

P4190388_convert_20110419064318 その上にバスマティライスを被せ、少量のギーを垂らします。ギーは一昨日作った自家製!ライスとカレーの分量は半々とのことですが、そのあたりは、もう適当です。

P4190389_convert_20110419064339 バスマティライスをかけ終わった後の鍋。ライスとカレーの層が出来上がっているはず。これで蓋をして弱火で約30分火にかけます。

P4190390_convert_20110419064418 さて、仕上がりはどんな感じになるでしょう。全く予想がつきません。

P4190391_convert_20110419071643 出来上がりました!なかなかきれいな仕上がり具合。

P4190393_convert_20110419071710 しかし、これを混ぜていくと、ちょっとベチャつきが。カレーの量が少し多く、しかもカレーはシャバシャバさせていたこと、さらにはバスマティライスの水分を十分蒸発させなかったことが原因だと思います。P4190398_convert_20110419071742 少しベチャついているものの、お味の方は、風味が豊かすぎるほど!ホールスパイスの香りがさわやかで、人様に差し出せるような代物ではありませんが、自分で食べるには十分すぎるほどの出来に、一人勝手に満足!

何となくビリヤニ作りの感覚、コツを少しだけ掴んだような気がします。次はいつ作るか全くの白紙の状態ですが、今度はもっとパラッとした感じに仕上げたいところです。

|
|

« 朝カレー、昼いつもどおり、夜宴会 | トップページ | マトンすね肉の煮込み »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/51432876

この記事へのトラックバック一覧です: 自作・マトン(ラム・スネ)・ビリヤニ:

« 朝カレー、昼いつもどおり、夜宴会 | トップページ | マトンすね肉の煮込み »