« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

昼:スイートバジル、夜:自作料理2品

今日の昼は、大阪・福島のスイートバジル。ここに来る前に立ち寄った本町のフール・ド・アッシュにブリオッシュ・ムスリーヌがなく、タケウチに行くも売り切れ、それで仕方がなくウォーキングしている最中に、思いついたのがここという訳。

P4300536_convert_20110430201057 土曜日のランチは初めて。メニューも土曜専用。単品もできるようですが、M氏お勧めということもあり、セットにしました。

P4300540_convert_20110430201119 最初は、ヤムウーセンとトムヤムクン。タイ料理の定番中の定番ですね。トムヤムクンは辛さ気持ち控えめというところ。トムヤムクンの酸味もやや控えめ。どちらも上品で安定した完成度の高い仕上がり。

P4300544_convert_20110430201213 今日の炒め物は鶏のバジル炒め。カレーは、牛肉のココナッツミルク煮。炒め物までは超オーソドックスなコース内容。どちらも文句のないお味。ただもう少し温かいと嬉しいところ。

P4300545_convert_20110430201237 ごはんに炒め物とカレーをかけたところ。どちらも濃厚なお味で、おいしかったので、ごはんがすぐになくなりました。

P4300547_convert_20110430201300 デザートとグァバジュース。どちらも甘さが上品で、かつタイっぽさが残っており、タイに行ったことがある人には嬉しい風味というか、お味。

お値段は、1,500円ですが、この内容であれば満足できます。連休中のランチは今日が最後のようです。明日からは休みなしでディナーのみ営業するとのこと。できればこの連休中にディナーにも行きたい!黒板メニューには、私の大好きな空芯菜の炒め物などが書かれていた!

P4300551_convert_20110430201321 その後は、再び本町に戻り、パン・デュースに。お目当てのブリオッシュ・ムスリーヌ1本丸ごとと、レモンのムスリーヌのようなもの、それに今日はお菓子系を何個か買いました。これはレジ横の冷蔵庫にあった、リンゴとカスタードが入ったデニッシュ系のお菓子。生地がパリッパリで、超美味!これは病みつきになりそう。

そして、帰宅後、今日はヨーグルトシチューと、タマリンドライスを自作。

タマリンドライスは結構手間がかかる料理だったけど、その甲斐あって、とてもおいしかった!タマリンドの酸味がナッツとダルから醸し出される甘みと香ばしさと絡み合い、それにマスタードシードの辛み、カレーリーフの香り、クミンの芳香で、何とも南インドを彷彿させる(?)素晴らしいライスに仕上がりました。

シチューは、中に入れたダルがプチプチっとした食感がたまらない心地よさ。これは見た目とは異なる食感です。お味はさっぱりしており、ライタよりやさしい感じ。

今日の夜は、身体にやさしそうな内容となりました。なお、写真右下は、パン・デュースで買ったリンゴのブリオッシュ。

P4300554_convert_20110430201343

さて、明日は3連休の最後。月曜日は出勤なので、体力温存を図りつつ、最後の休みを楽しみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月29日 (金)

自作・冬のラッサムと羊のラグー

今日はマドラスキッチンでビリヤニとラッサムをいただき、鶴橋で青唐辛子と水菜のキムチを買って帰宅。

その後、クルマのホイールキャップ交換と、クリーニング店に行き、タオルケットをコインランドリーで乾かしている間に食材を買いに行き帰宅。

夜になってもあまりお腹が空かず、どうしようかと思いつつ、ゆっくり料理を始めることに。今日は、先週、渡辺玲先生から習ったラッサムを作ることに。そして、数週間前に石田めん羊牧場さんで買った羊のラグーを、数日前に買った雨宮製麺所のフィットチーネに合わせることにしました。

P4290504_convert_20110429211405 まず最初は、ラッサム用のトゥールダルの煮込みから。渡辺氏の料理教室では、ムング豆を使っていましたが、ちと本格的に行きます。やはり、ムング豆と違い、煮込みにかなり時間がかかりました。

P4290502_convert_20110429211341_2 これは、クミンとブラックペッパーをから煎りしているところ。とっても良い香りがしてきます。我が家にはスパイスグラインダーがなく、この後このスパイスを潰すのに一苦労しました。

P4290505_convert_20110429211430 から煎りしたスパイスをすり潰したものが一番手前。その後ろはテンパリング用スパイス。カレーリーフは自家製。後ろのマスタードシードは神戸ハラールフードで買った超小粒のもの。

P4290507_convert_20110429211452 下ごしらえができたところで、早速テンパリング用スパイスを熱していきます。カレーリーフの良い香りがたまりません!

P4290508_convert_20110429211516 今日は生トマトではなく、無塩のトマトジュースを使いました。そのトマトジュースににんにくはみじん切り、青唐辛子、パウダースパイス、塩などを入れたベースに、逆テンパリングと言えばいいのでしょうか、この鍋に投入。こんな感じになりました。

この後10分ほど煮込み、その後、から煎りしたスパイスとダルを入れて、さらに弱火で煮込んでラッサムの完成。・・・香草を入れ忘れました!

P4290513_convert_20110429211538 これは、石田めん羊牧場製の羊のラグー。正確には、石田氏がイタリアで修行を積まれた「ELEZO社」の伊藤氏に委託して商品化したもののようです。手前のパスタは、雨宮製麺所のフィットチーネ。デュラムセモリナ粉100%で添加物は水のみ、塩すら使用していない本物の中の本物のパスタ!真鍮製の絞り出し口を使用することで、パスタの表面にギザギザが付き、これがソースとよく絡む秘訣になっているようです。

P4290516_convert_20110429211612 この写真は、ラグーとパスタを合わせたところ。いい感じです!

P4290520_convert_20110429211636 今夜の夕食。手前は渡辺玲氏のレシピで作った「冬のラッサム」。奥は、石田めん羊牧場と雨宮製麺所の“夢の競演”、羊のラグーのフィットチーネ。

ということで、連休初日は、マドラスキッチンのビリヤニから始まり、私のとって、豪華な食事で始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハイデラバーディ・チキン・ビリヤニ&ラッサム

昨夜の残業の疲れがとれない状態ではあるものの、今日は久しぶりの金曜日の休日。

となれば、今日の昼は、金曜昼限定のアレを食べに行くしかないでしょう。

P4290494_convert_20110429144118 マドラスキッチンには、午前11時半過ぎに到着。1席だけ空いていたので、運良く待たずに座れました。いつもはこの時間なら誰もいない時もあるんだけど今日は満席。周りを見渡すと、皆さんビリヤニを頼んでいる!で、皆さんビリヤニになぜかBセット(サラダ、カレー2種、タンドリーチキン、ナン、ライス)を頼んでいる。ビリヤニとBセットの組み合わせは???って感じですが、皆さん連休初日でインド各地の料理を楽しんでいらっしゃるようでした。

そしてオーダーは、もちろん、久しぶりのハイデラバーディ・チキン・ビリヤニ!今日は少し量が少なめで、私の体調があまり優れなかったので、ちょうどよい量でした。少し荒い感じの作りに感じたものの、相変わらず独特の風味が楽しめるビリヤニに仕上がっていました。なお、グレービーはあっさりしたもの、ライタは具が多めで食感がグー!

あと、今日はビリヤニだけにしようと思ったけど、やっぱり神戸まで着たので、何か頼みたい。ワダにしようと思ったけど、ダブルで炭水化物というのも何だし、どう考えてもパロタを頼めないので、ラッサムに決定。ラッサムはブラックペッパーが効きまくり超刺激的で、かつ食後に胃がスッキリしていい感じになりました。

P4290501_convert_20110429144147 帰りは、例によって、例のごとく、鶴橋で青唐辛子500円分を買い、駅改札前のヒロタで十勝小豆のみるく金時のシューアイス100円を1個のみ購入し、贅沢列車に乗り込み、富雄のブランジェリーアッシュが休みで残念!、そして今一旦帰宅したところです。

さて、これから掃除でもして、クリーニングを出したり、クルマのホイールキャップの交換に行く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月26日 (火)

カレー&スパイス伝道師・渡辺玲先生のサイン

これは、今週日曜日に参加した料理教室で、渡辺玲先生からいただいたサイン。先生の著書「カレーな薬膳」の中に書いていただきました。

Awatanabe110424or 私にとって、一生の宝物になること間違いなしです。まだこの本に紹介されている料理の一部しか作っていませんが、時間を作ってはコツコツと料理を楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トリッパのトマトソース

今夜は久しぶりの雨宮製麺所。

調べてみたら、前回の訪問は2月18日で、ほぼ2か月ぶりでした。

P4260478_convert_20110426204033 白メニューは、比較的シンプル。鯖のマリネが健在で何よりでした。

P4260482_convert_20110426204103 奥は鯖のマリネ、手前はブロッコリーのソテー ペペロンチーノ。黄金のサイドディッシュの組み合わせと言えましょう。

P4260484_convert_20110426204126 パスタは、お肉系にと思い、かつしつこくなさそうなトリッパを選択。葱の草のような香りがさわやかで、ブラックペッパーで味が引き締り、素晴らしいバランス!

ということで、久しぶりにあっさり、サクッと雨宮製麺所で夕食を済ませ、大満足のディナーとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月24日 (日)

第5回インド料理教室in大阪~渡辺玲さんを迎えて~に参加!

今日は、急遽舞い込んだ、私にとって一生に一度はかなえたかった夢である、渡辺先生の料理教室の日。

この料理教室が大阪で開催されるのを知ったのは、先週水曜日の夜。最初は京都で食事会があると知り、リンクを辿っていったのです。運営者のまさやんさんに感謝しきりです。

ところが、この晴れ舞台に着ていく服がない!普段休日は車で動くことが多く、また、冬の間は上着を羽織れば、下は何を着ていても分からないので、ろくな服を持っていないんです。

ということで、今日は朝に部屋の掃除、布団干しを済ませ、押熊の「ゆららの湯」に。朝風呂です。身を綺麗にしておきたいですからね。体重は何と久しぶりの67㎏台。67.5㎏。3回計りましたが、67.4にはなってくれなかった・・・。

そして、風呂上がりのほてった身体のまま、すぐ横のユニクロに。洋服買うのは久しぶり。1年半前に参加した研修のとき、浦安のユニクロで何か買った記憶が。それ以来かも。買ったのはチノパン1本。試着前に、裾上げの時間がないことに気づき、ピンチ!しかし、キセキが起こりました。何と裾がジャストサイズ!ウエスト82、股下何と73センチ。ユニクロは最近、スリムで若い人向けになってきている感じですが、私のような短足用のパンツが用意されているとは・・・。

P4240457_convert_20110424205446 そして、帰宅前に腹ごしらえ。今日は近所にある持ち帰り専門の「若狭寿司」さんを初めて訪れました。表に紹介されていた、鉄火巻きとイカしそ巻きを1人前注文しました。これで500円。本当は1本ずつと思ってオーダーし、1人前?と聞かれ、はいと答えたのが間違いでした。それでも、この巻物、中のネタが大きく、しかも食べやすい!ボリュームがあり、かつとってもおいしい!1本ずつでなくてよかったです。何故こんなにおいしいお寿司屋さんをもっと早くから利用しなかったのかが悔やまれます。今度はちらし、穴子の箱寿司、巻き寿司など頼んでみたいと思いました。

腹ごしらえができたところで、いざ出発。奇跡的に快速急行に座ることができ、西九条駅で下車。そこから徒歩数分のところにある、クレオ大阪西に到着。クレオ大阪東や南は私の職場の研修会などでよく利用するので、おなじみですが、西九条のクレオは初めてです。

2階のクラフト調理室に入ると、何と渡辺先生が!そして、既にまさやんさん、そのほかW氏をはじめとする先発隊の方が、既に準備を始められていました。

私は名古屋から来られたリーダーの方とお話し、コーヒー豆のミルをお手伝い。風呂上がりのほてった身体だったこともあり、大汗をかきました!それでも、このコーヒー、とっても良い香り!これからの料理、調理が楽しみになってきました。

そして、講習開始前に、渡辺先生にサインをいただきました。持参した先生の本「カレーな薬膳」に直筆サインです!感激です!!

その後、オリエンテーションがあり、14時30分からいよいよ講習開始です。今日のメニューは、①「春野菜のクルマ」(ココナッツとケシの実風味の南インド風マイルドカレー) 、②「四角豆のポリヤル」(南インド式香味炒め)、③「トマトジュースと挽き割り緑豆のラッサム」(南インド式スープカレーをお手軽に)、④「ギー・ライス」(南インド式ミックスライス)、⑤「マサラパパド」、⑥「南インド式カップチーノ」。

料理台は合計4つ。1台に7~8人がつき、私は初心者班に入りました。そして、私の横に座られた方は、何と私の家から目と鼻の先のところに住んでいると言うではありませんか!奇遇と言うか、世の中面白いものだと思いました!

P4240461_convert_20110424205535 料理は1つを作って次ではなく、同時進行です。もう私は訳が分かりませんでしたが、本やレシピには書かれていない細かいこと、ポイントなどをその都度渡辺先生が解説してくださいます。沢山メモを取りました!

P4240463_convert_20110424205621 大人数で料理するのは面白いです!そのせいか、あっという間に時間が過ぎていきました。ただ、私は動きがトロいせいか、気が付いたら周りの方に全てやってもらっていたような・・・。今記憶している私がした作業は、スパイスの空煎り、スタータースパイスの準備、たまねぎを炒めること、鍋の洗い物くらいです。

P4240468_convert_20110424205733 そして、出来上がりは、こんな具合!トマトジュースを使ったラッサムは、本当に簡単に作れるんだと思いました。ギーライスには香草を散らしていませんが、これは密かに激ウマです。一番私好みだったは、野菜のクルマ(コルマ)だったかも。ココナッツミルクの甘み、そして青唐辛子の辛さが両方楽しめます。この系統はやめられませんな~。ということで、気が付いたらクルマやライスを4~5回ほどおかわりし、久しぶりに食べ過ぎてしまいました。

P4240469_convert_20110424205760 ということで、大満足の料理教室は終了。大阪では次回夏に予定があるようなので、是非とも参加したいと思いました。まさやんさん、渡辺先生、そして先発隊やリーダーの方、参加された皆様、ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2011年4月23日 (土)

自作・シュリンプカレー

今日の昼は、タリカロでマトンカリー。

今日はもも肉のようです。最もバランスがとれたスタンダードな激ウマ部位!

P4230425_convert_20110423205208

じゃがいものポリヤルは久しぶり、そしてトゥールー豆のカリーは相変わらず唸らされる旨さ。そして、今日はちょっと贅沢にラッサムを追加しました。

ラッサムは辛くて濃厚だけど、シャバシャバ感がいい按配。他店より、カレーっぽいんだけど、このラッサムははまりますね~!

久しぶりにタリカロで豪華なランチをいただいた後は、食材の買い出し。奈良ファミリーでエビなどを仕入れ帰宅。

今日の料理は、南インド風シュリンプカレー。レシピは、渡辺玲氏の「カレーな薬膳」から。本では鮭のココナッツカレーとして紹介されているのですが、文末に「エビなどでも面白い」と書かれていたので、それを読んだときにピン!と来て、次ぎに作るカレーはエビカレーと決めていたのでした。P4230427_convert_20110423205231 今日の食材です。ここまで用意できたら、料理は半分以上終わったも同然。エビはベトナム産のむきエビと、それだけでは面白くないので、追加で買った有頭エビを5本用意しました。トマトは愛知県産で独特の形をしたファーストトマト。カレーリーフは自家製の生!タマリンド汁はタイ産を使いました。

P4230428_convert_20110423205253 早速、調理開始です。まず最初は、サラダ油にホールスパイスを投入。今日はあまり使わないフェンネルが入ります。魚貝類のカレーは初めてですからね。

P4230429_convert_20110423205313 その後、たまねぎのみじん切り、にんにくを入れて炒め、さらにトマト、青唐辛子、生カレーリーフを入れていきます。

P4230430_convert_20110423205335 パウダースパイスを投入。気持ちコリアンダーを多めに入れました。この時点ですりおろしたしょうがも入れます。

P4230434_convert_20110423205356 少しお湯を入れて煮詰めると、こんな具合に。

P4230438_convert_20110423205419 さらにお湯を足して煮詰めていくと、表面に油が浮いてきました。これでマサラが完成。

P4230441_convert_20110423205443 粉末のココナッツミルクを溶いた水を入れると、それらしき色になってきました。ココナッツを使ったカレーは大好き!

P4230442_convert_20110423205505 いよいよ最終段階。エビを投入です。このあと10分くらい弱火で煮込めば完成です。本当、調理自体は簡単。渡辺氏のレシピは分かりやすく、調理がしやすいです。スパイス類もそれほど難しいものを使いませんし、調理のパターンも似ているものが結構あり、初心者の私でも失敗が少ない!素晴らしいレシピです。

P4230443_convert_20110423205529 最終段階です。ここで味見して、塩を少し加えました。最後に塩味のチェックをするのも、渡辺流?です。これが結構ポイントであり、重要なんです。

P4230445_convert_20110423205550 南インド風シュリンプカレーの出来上がり!

P4230446_convert_20110423205619 かなり前に作ったパラクダルと一緒にバナナの葉の模様のメラミン皿に乗せていただきました。

ちなみにライスは久しぶりに日本米。いや、正確には、レンジでチンして食べられる、私が密かに愛用している、はごろもフーズの「ぱぱっとライス」です。普通この手のごはんは200グラムなのですが、この商品は100グラムずつ食べられて非常に便利です。

めかたを気にして、200グラムは多いと思うときに重宝します。それでも、100グラムでは物足りないことも結構あり、結局2つ食べてしまうことも・・・。150グラムくらいの商品が欲しいところです。

シュリンプカレーは、予想以上にタマリンドの酸味がしっかり効いていて、それでいてココナッツのまろやかな風味も負けておらず、ココナッツミルク好きで、酸味を効かせたカレーも好きな私にはたまらない一品に仕上がっていました。

ココナッツミルクを缶詰のものに替えて作ったり、缶詰を少し加えても面白いかもしれません。レシピに書かれているとおり、ココナッツとタマリンドの加減で、好みのカレーに仕上げられそうですし、具材をエビ以外に替えるなどして、いろいろアレンジできそうです。

明日は、渡辺玲氏の料理教室に参加してきます。こんな私が参加してよいものなのか、今でも悩み、恥ずかしい気持ちもありますが、楽しみで仕方がありません。きっと一生の思い出になる筈!

問題は、着ていく洋服がないこと。特にこの春先というのは、とても難しいですよね。ユニクロもこの時間では既に閉店でしょう。明日早起きしたら買いに行こうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月20日 (水)

マトンすね肉の煮込み

今日は2回目の姫路出張。今日は早く帰れると油断し、結局前回と同じ時間に仕事終了。

何でや?と自分に疑問を抱きつつ、姫路駅に到着。電光掲示板に、「のぞみ」、「ひかり」の表示が・・・。誘惑に負け、エクスプレス予約でチケットを購入してしまいました。

P4200407_convert_20110420215127_2 これは車内で食べた、ゴティバのアイスクリームトリュフ(抹茶ホワイト)。ささやかな仕事終了後のご褒美。

P4200411_convert_20110420215158 実はこのほかにも、タコとイカの天ぷらも購入。商品名が面白いでしょ?ビールはなし。何かもうやけっぱちです。

京都で近鉄に乗り換え、奈良へ。ツイッターでマトン煮込み1食の情報を得、奈良行き特急を使い、ダメもとでタリカロへ。浪費しまくりです。

タリカロはちょうど1週間ぶり。先週も姫路の帰りに立ち寄りました。今日は比較的空いていて、何とマトン煮込みが残っていました!もちろん、即注文。それに、豆・ポリと、店長さんお勧めのチャパティを追加。さらに、エビのバジアを初注文!本当、もう何か破滅的なオーダー。ダイエットなんてクソ食らえって感じ。

P4200413_convert_20110420215226 エビは素直においしい!お豆の粉?で揚げられているので、とてもさっぱり、そして豆の旨味なんでしょう、これはある意味大人じゃないと嬉しさ、おいしさが分からない味なのかもP4200416_convert_20110420215255 そして、来ました。マトンのスネの煮込み!見てください、この食べにくそうなでおいしそうな骨付きの超巨大なお肉の塊!途中から手を使ったり、ナイフでガシガシやりながら、マトンと格闘ですよ。

P4200419_convert_20110420215325 これは、店長さんに撮ってもらった写真。顔出しはご勘弁。それにしても人間って、えげつない動物です。羊の骨をしゃぶっているんですから。草食動物さんから見たら、人間ってどんな風に感じるのかな?

そして、今日はライスではなく、チャパティでいただきました。実はチャパティが苦手な私。でもタリカロのチャパティは素晴らしい出来!この煮込みととってもよく合います。豆・ポリも完成された味。もう、涙が出てきそうでした。

今日は常連のみなさんとも挨拶、会話でき、何かとっても家庭的な雰囲気だったタリカロ。みんな仕事帰りに立ち寄って帰る家って感じで、いい感じでした。それにしても、料理って素晴らしい。会話も弾むし、人を幸せにさせてくれます。私の料理には、そういう癒し的なものはないかも。精進が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月19日 (火)

自作・マトン(ラム・スネ)・ビリヤニ

昨日夜は歓迎会。今日は朝4時頃に目が覚め、本やインターネットを見ていたら、ビリヤニが意外に簡単に作れることが分かり、早速作ることに。もちろん、レシピは渡辺玲氏のもの!

P4190385_convert_20110419064248 ホールスパイスを入れて炊いたバスマティライスの上に、ラムカレーをかけ、香草、ミントを乗せていきます。

P4190388_convert_20110419064318 その上にバスマティライスを被せ、少量のギーを垂らします。ギーは一昨日作った自家製!ライスとカレーの分量は半々とのことですが、そのあたりは、もう適当です。

P4190389_convert_20110419064339 バスマティライスをかけ終わった後の鍋。ライスとカレーの層が出来上がっているはず。これで蓋をして弱火で約30分火にかけます。

P4190390_convert_20110419064418 さて、仕上がりはどんな感じになるでしょう。全く予想がつきません。

P4190391_convert_20110419071643 出来上がりました!なかなかきれいな仕上がり具合。

P4190393_convert_20110419071710 しかし、これを混ぜていくと、ちょっとベチャつきが。カレーの量が少し多く、しかもカレーはシャバシャバさせていたこと、さらにはバスマティライスの水分を十分蒸発させなかったことが原因だと思います。P4190398_convert_20110419071742 少しベチャついているものの、お味の方は、風味が豊かすぎるほど!ホールスパイスの香りがさわやかで、人様に差し出せるような代物ではありませんが、自分で食べるには十分すぎるほどの出来に、一人勝手に満足!

何となくビリヤニ作りの感覚、コツを少しだけ掴んだような気がします。次はいつ作るか全くの白紙の状態ですが、今度はもっとパラッとした感じに仕上げたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月18日 (月)

朝カレー、昼いつもどおり、夜宴会

さて、今日は月曜日。夜は職場全体の大歓迎会が控えています。体力温存でいきたいところ。

P4180379_convert_20110418223227 朝は例によって、昨日・日曜日に作ったパラク・ダルとラムスネのカレー。やはりカレーは1日寝かすと、いい感じになります。ただ、パラク・ダルはほうれん草のフレッシュさを楽しむためには、作りたてが一番かも。

あと、ダルのカレーは、温め直すと水分を吸収するので、毎朝水分を足して火にかける訳ですが、つまりなかなか量が減らず、軽く3~4日は持ちます。エコで経済的な料理と言えます。ただ、これからは気温が上がってくるので、もちは悪くなるでしょうから、なるべく食べる分だけを作るよう努めたいと思っています。

P4180380_convert_20110418223254 今日のお昼は、いつものお店。魚はぶりの塩焼き、小鉢で目新しいのは、甘唐と牛肉の炒め煮。どちらもごはんがすすむ一品です。最近、すっかり和食を自作する機会が減り、インド料理ばかりなので、お昼のこのお店の和食は私にとって、必要不可欠な生活の一部分になっています。

夜はJR大阪城北詰駅近くの非日常的な場所で、職場の歓迎会。一滴も飲まないつもりが、ほぼビールで最後まで過ごしてしまいました。今日は比較的調子が良く、久しぶりにおいしくお酒が飲めました。

昔と違い、今は職場飲みがないので、宴会は貴重な機会だと実感しました。もともと宴会はあまり好きではないのですが、このように感じるあたり、歳を取ったと思う次第。注ぎに行って話すと、若い人が私の話を丁寧に聞こうとするんです。気を遣われるほど歳をとったんだ・・・と実感。年相応に振る舞いが必要なのかも。中途半端な年齢故の悩みはつきません。

明日は火曜日。水曜日は再び姫路に出張なので、仕事は早く切り上げ、できれば夜は外食したいと思っています。あと、もうそろそろ、連休の予定も考えておかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月17日 (日)

さくらバーガー、自作ギーでパラク・ダル

今日は昼過ぎにラムカレーを作り終え、昼食は遅めになりました。

今日は久しぶりに新規開拓。先月、東向北商店街にオープンした、さくらバーガーさん。

開店前に開店情報を得、プレオープン時に行きたかったのですが、なにしろ年度末であり、その後私が転勤になった関係で、訪問が延び延びになっていました。

P4170336_convert_20110417200043 本日のオーダーは、アボガドバーガー。本当は厚切りベーコンが乗った、看板メニューのさくらバーガーにしたかったのですが、あまりお腹が空いていなかったこと、アボガドがどうしても気になり、このチョイスになりました。

さて、お味の方は・・・、大きくて食べにくいけど、期待どおり!パン、パテ、野菜のどれもがおいしく、何と言うか、普通に作ればこういう味になるよな~っていうお味でした。誤解のないよう説明しますが、非常においしいんです。お肉やパンはきちんと香ばしさが出ていますし、野菜も新鮮で切り方も丁寧。なぜこういう丁寧な作りのバーガーを他店では作れないのか、不思議に思うのです。

期待通りというは、きちんと作ってくれそうだという意味です。その期待に見事応えてくれた、さくらバーガーさん。店員さんもせかせかしていないし、とても丁寧で落ち着いた接客で、一人でもテーブル席でゆっくり寛げました。

また、セットで頼んだ、グァバジュースも非常に美味!実は私、このグァバジュースが苦手なのですが、何かこのさくらバーガーさんだったら、おいしいのではという、根拠のない期待を抱き、注文してみたのですが、それが見事にストライク!でした。

今日は本当、久しぶりに、きちんと丁寧に作られたハンバーガーを食べることができ、大満足。学園前から(旧職場に至近距離の・・・)東向北まで足を伸ばした甲斐がありました!

今度は、さくらバーガー、チリバーガー、もみじバーガー、スモークさくらバーガー若しくは夜限定のライスなど、食べたいメニューがたくさん!夜は22時まで開いているようなので、気が向いたら、仕事帰りに豪華に特急にでも乗って、学園前で下車せずに訪問しようか思います。

ということで、大満足の遅めのランチを済ませた後は、クリーニングのピックアップ、買い物を済ませて帰宅。

そして、夕方から、夜に食べる予定のラムカレーに添えるダルカレーとして、今日はパラク・ダルの初自作に挑戦、また、この料理に使うギーも自作することにしました。

まず最初は、ギー。レシピを見ると、意外に簡単に作れそうで、今日は時間に余裕があったので、自作を決定!

P4170341_convert_20110417200111 無塩バターを使います。意味はないのですが、無塩バターを買うのって、ちょっと嬉しい。

P4170343_convert_20110417200139 お鍋にバターを溶かしていきます。火は中火。

P4170347_convert_20110417200201 バターが溶けてきました。さて、これからどんな変化を遂げてくれるのか、楽しみです。

P4170348_convert_20110417200229 バターが全部溶けたら弱火にして、焦げないように注意して煮詰めていきます。

P4170349_convert_20110417200250 火を入れ続けると、確かにレシピに書かれているように、泡が消え始め透明の上澄み液が!

P4170352_convert_20110417200705 そして、こんな感じになりました。上澄み液は褐色、鍋の底には澱が沈殿しています。

P4170374_convert_20110417201140 出来上がったギー。きれいな茶褐色の透明の液体。実際ギーなるものを見たことがないので、これでいいのかは分かりません。それでも、この自作ギー、何とも言えない香ばしく、甘い香りがします。確かにバターとは香りが全く違います。今までギーの代わりにバターを代用してきましたが、これからはこのギーを使いたいところです。

P4170350_convert_20110417200459 ギーが出来上がったので、これからパラク・ダルを作り始めます。これは材料。左上はムング豆。カレーリーフは我が家で摘み取った生!右下はメティ。

P4170351_convert_20110417200524 ダルを煮込んでいきます。皮なしムング豆は予め水に浸す必要がなく、とても扱いやすい豆ですね。

P4170359_convert_20110417200733 ダルが煮えたら、そこにトマト、青唐辛子、パウダースパイス、にんにくのみじん切りを入れていきます。

P4170363_convert_20110417200754 かき混ぜるとこんな具合になりました。

P4170367_convert_20110417200829 暫く煮込んだ後、いよいよほうれん草を投入。この写真は1株入れたところですが、この鍋には1束入れました。かなり大量です。

P4170368_convert_20110417200854 そして、今夜の夕食の出来上がり。ラム(スネ)カレーとパラクダル。バスマティライスはギーを使い湯取り方式で炊き(茹で)ました。

ラムカレーは意図してルウを多めに作ったせいか、やはり少し薄い感じがします。それでもスネ肉は非常に美味。明日にはもっと味が馴染んでくることでしょう。

そして、パラク・ダルは、やはりギーを使ったせいなのか、ダルなのに非常にコクがあり、香り高い一品に仕上がりました。ほうれん草のさわやかな味と香りが、ギーのコクとマッチして、素晴らしい仕上がり!ダルカレーのレパートリーが一つ増え、嬉しい限りです。

これで、今週の少なくとも週の前半は、このラムカレーとパラク・ダルを食べ続けることになりそうです。

関連ランキング:ハンバーガー | 近鉄奈良駅奈良駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【実況中】ラム(スネ)カレー作り実況中です!

今日の朝は、昨日ピザリア・ニューエイジさんで買った、レーズンロール。

P4170290_convert_20110417090410 P4170293_convert_20110417090435 ほのかに香るシナモンの香りがさわやかで、甘さが抑えられているので、朝食にも使える便利なパンです。

さて、いよいよ、ラムスネ肉を使ったカレー作りに取りかかろうと思います。今日はカレーソースを多めに作ることを試みます。

P4170298_convert_20110417112459 開封前のスネ肉。いい感じで解凍できています。

P4170299_convert_20110417112519 袋から取り出したスネ肉。二切れ入っていました!

P4170309_convert_20110417112542 お肉の扱い方は全く分からず、いつものように手探りで肉の筋に沿って手でそいだり、包丁を入れたりして、こんな具合になりました。

P4170312_convert_20110417112602 今日使う食材を並べてみました。新たまねぎ、奄美の黄金しょうが、喜界島のトマトを使います。

P4170314_convert_20110417121259 最初は、たまねぎの炒め。まずはここからです。たまねぎ2個分となると、かなりの量になります。

P4170317_convert_20110417115918 20分ほど炒め、黄金色になってきました。炒めはもうよさそうです。

P4170319_convert_20110417115940 しょうが、にんにくのすりおろし、ホールスパイスを入れていきます。後で気が付いたのですが、ブラックペッパーを入れ忘れました!

P4170321_convert_20110417120006 ブラックペッパーの入れ忘れに気付かず、ヨーグルト、香草類、パウダースパイスを投入。

P4170322_convert_20110417120030 少し煮込むと、パウダースパイスが全体に行き渡って色づき、こんな感じになります。

P4170323_convert_20110417120245 いよいよお肉の投入です。今回はグレービーが多いので、仕上がりが非常に心配です。

それで、このとき、ブラックペッパーの入れ忘れに気が付きました。そのため、急いで別の鍋に小さじ2くらいのサラダ油とブラックペッパーを入れて熱し、それをこの鍋に投入。ジュッという音がいい感じ。この段階でテンパリングした訳ですが、果たしてこれがどんな結果を生むのか・・・。

P4170324_convert_20110417120310 お肉をグレービーで炒めていきます。この段階では、あまりシャバシャバしていません。

P4170325_convert_20110417120333 お湯を入れると、かなりシャバシャバした状態に。レシピには、お湯は入れ過ぎないよう、くどいほど書かれているので、どうなるか非常に気になります。もうあとは天に任せるしかありません。

このあと35分ほど過ぎたころに、トマトの粗みじん切りとガラムマサラ2種を入れ、さらに煮込みます。これで、さらにシャバシャバの状態になり、ますます出来上がりが心配になってきました。

P4170332_convert_20110417133725出来上がりました。味見をすると、う~ん、まだ若いかも。スネ肉はかなり柔らかく、とても美味。深みに欠けるので、少しガラムマサラ、ブラックペッパーを挽いてまぶし、少し煮込みました。夕方に実食しますが、さて、どうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月16日 (土)

1週間のまとめ

今週はいろいろ忙しく、疲れもあり、週末にまとめて更新すると決め、今日に至りました。

【月~火曜日】通常勤務、毎日ラムカレー

まず最初は月曜日。日曜日に作ったラムネックのカレーに火を入れたところ。

P4110220_convert_20110414211414 やはり、1日経つと、何となくいい感じになります。結構ラムの脂身などが溶け出し、味が変化します。前回赤身で作ったときは、冷めてもグレービーはさほど固まらなかったのですが、今回はバターチキンのようにカチカチにはなりませんが、固まっていました。そのため、少し水を足しながら温めました。

P4110226_convert_20110414211437 月曜日の朝からトマトパブとラムネックのカレーとは豪勢です。

P4110233_convert_20110414211457 夜もカレー。ラムの旨味、酸味の効いたトマトパブ、キャベツのポリヤルに癒されます。

P4120251_convert_20110414211519 火曜日の朝もラムカレー。毎日食べても飽きません。お肉もどんどんおいしくなっていっています。

P4120258_convert_20110414211538 火曜日のの夜も何とカレー。残念ながら、この日でラムカレーは売り切れです。

【水曜日】姫路出張、夜タリカロ

水曜日は姫路に出張。駅であなごずしを買い、出張先でいただきました。駅で弁当を買わないとその後買うチャンスがないと引継ぎを受け、何とかそのことを思い出して事なきを得ました。

出張先はカメラが持ち込めないところだったので写真はありませんが、姫路駅で買ったあなごずし、1,300円もしただけのことはありました。約30分の昼休みでしたが、あなごに癒され、午後は充実した仕事ができたような気がします。出張先の方々はみなさんいい人ばかりでした。それにお客さんも。次回は「駅そば」なるものを食してみたいと思っています。

それで水曜日の夜は、今週初の外食をタリカロで。マトンカリーと、スパイシーシュリンプをいただきました。マトンカリーはやはり絶品!何も言うことはありません。スパイシーシュリンプは、それほどエビが大きくないものの、皮ごとプリプリのエビをダイナミックに食べられるのが魅力で、ココナッツチャトニーのようなソースが非常においしく、不思議とエビとマッチしていました。非常に面白い組み合わせです。香ばしさとココナッツの甘みのハーモニー。ミスマッチがマッチするところが。

あと、このところ、タリカロは、平日でも結構混むようになりましたね。必ずテーブル席には団体の方がいるし、カウンターにも複数人で来られる方が数組。オーダーから料理が提供されるまで約30分はかかります。正直なところ、気楽にサクッと行きにくい感じになってきました。これからは、行く日、時間帯を変えようかと思案中。まあ、それでも、おいしいものを食べるためなら、気が向いたときってのが一番かもしれませんね。

【木~金曜日】夜は主に上六の近鉄・デパ地下にお世話になりました

水曜日以降は、疲れが溜まってきたこともあり、夜は軽食で済ませました。

P4150265_convert_20110416191205 水曜日以降は、疲れが溜まってきたこともあり、夜は軽食で済ませました。金曜日の夕方には、急ぎの「テーカイ」という仕事が舞い込み、ちょっと帰るのが遅くなりました。金曜日の残業はダメージ大!ヤケになって、上六の近鉄でおいしいものを買いまくりました。

上の写真は、そのヤケ買いした食料品の中のひとつ。魚売場で買った、生マグロのお寿司。このほかに、明日作る予定のラムのスネで作るカレーで使う、奄美の黄金しょうが、それと、超高い牛乳、超高いヨーグルト、超高いトマト、超高いイチゴなどを買って帰りました。

【土曜日】念願の週末は、マドラスキッチンで決まり!その後はお決まりの鶴橋

ということで、1週間が終わり、今日は土曜日。疲れは先週ほどではないものの、遠出するには少しからだがちと重い。それでも食欲とは素晴らしいもの。おいしいインド料理が食べたい!先週ふられたマドラスキッチンにリベンジ決定!一路神戸へ!

P4160274_convert_20110416191228 マドラスキッチンには13時30分ころ到着。何と今日はお客がゼロ。もちろんオーダーは、ヴェジミールス。+メドゥワダ。今日は空いていたせいか、写真の左のライタの上に写っている、レモンのアチャールをサービスしてもらいました!!

今日のミールスは、いつもより何となく丁寧な作り。ライスもほんのり色づいています。やはりここのヴェジミールスは素晴らしいです!!本当に。ここのミールス&ワダは今のところ、私にとって一番のご馳走。

ちなみに、私が食べ終わろうとするころ、何人か日本人のお客様が数組来店されました。いつも皆さんが何をオーダーするのか観察しているのですが、圧倒的にランチのセットが多いようです。私はそのセットをまだ食べたことがないのですが、マドラスキッチンさんでは、ぜひこのヴェジミールスを食べて欲しいなぁと思います。ナンとかは南インド料理じゃないし、ここのラッサム、サンバルを食べないと、あぁ~と一人勝手に溜息をつき、余計なお世話を焼いてしまいました。

P4160277_convert_20110416191249 紹介が遅れましたが、これはメドゥワダ。右の辛いチャトニーの色がいつもは深紅なのですが、今日はオレンジ色。味も若干マイルドでした。このような若干の変化が、その都度手作りしているという感じであり、マドラスキッチンさんの魅力でもあります。ミールスとワダでサンバル2杯は嬉しいところ!

P4160281_convert_20110416191311 ということで、マドラスキッチンさんで、大満足のランチをいただき、帰宅することに。帰りは、例によって、鶴橋で途中下車。豊田商店さんで青唐辛子を500円分買い、そのあとキンパ専門店で、キンパ、チャプチェ、チジミのセットを購入(700円)。辛いのと辛くないのどっちがいい?と聞かれ、迷わず辛いのと返答。辛いキンパが入ったセットが少なかったようですが、お店の方は一生懸命探してくれました。チャプチェは自作可能ですが、はやり本場・鶴橋のはおいしいですね。

P4160286_convert_20110416191331 帰宅直前に散髪。最近白髪が増え、かなり目立ち始めました。老いている自覚はあるのですが、本当に老いています。白髪はいいんだけど、今の悩みは、鼻毛の白髪。白髪の鼻毛ってとても固く、何かとっても気になるんです。

あと、手は乾燥してカチカチだし、本当、最近急に身体に潤いというものがなくなってきました。放っておいて大丈夫というのは若い証拠。今はそれでは済まされず、何かしらメンテナンスが必要になっています。非常に面倒臭く、不便な身体になりつつあり、これも更年期と言うのでしょうか。神経質な私としては、辛い年齢になってきました。

散髪後は、その近くにある自然食品の店・ピザリア・ニューエイジさんで山のおちち牛乳で作ったプリン、リンゴのパン、レーズンパンを購入。翌朝用です。ピザリアさんは平日閉店が19時で、日月が休みなので、土曜日以外になかなか訪問できません。ここで夏場に売り出すソフトクリームは絶品です。有精卵や平飼いの卵も他店では味わえない、とても新鮮でおいしいもので、良い素材を使って作られる乳製品系の加工品はここのお店の大きな魅力。これからの季節が楽しみです。

さて、これからは掃除。そして明日は、ラムのスネを使ったカレーを作ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2011年4月10日 (日)

自作・ラムネックカレー

今日は午後から、ラムネックの調理にとりかかりました。石田めん羊牧場さんのラムです!!

P4100145_convert_20110410194508 これは解凍したラムネック。きれいに解凍されています。煮込むとおいしそうな色、形!

P4100151_convert_20110410194532 袋から取り出したお肉。肉のさばき方は全く分かりません。とりあえず包丁を握りました。

P4100155_convert_20110410194559 適当に切り裁いた後のラム・ネック。これでいいのか悪いのか?

P4100157_convert_20110410194618 ラムカレーに使う野菜、スパイス類。台所が狭く、お皿が落ちそうです。今日は新玉ねぎを使いました。奄美の黄金しょうがの色も鮮やか!

P4100158_convert_20110410194637 まず最初は、オニオンスライス。約20分かけて炒めていきます。

P4100160_convert_20110410194807 玉ねぎを炒め始め、10分経過したところ。まだ炒めが足りません。

P4100161_convert_20110410194828 約20分経過。黄金色になってきました。もうそろそろで次のステップに移ります。

P4100163_convert_20110410194849 にんにくとしょうがのすりおろし、ホールスパイスを投入。ベイリーフは入れすぎると、独特のクセが出るので、今日は前回より控えめにしました。ビッグカルダモンもしかり。

P4100165_convert_20110410194907 ヨーグルトを投入した場面。これが仕上がれば、肉を炒める前のグレービーが完成します。

P4100166_convert_20110410194936 香草、ミント、パウダースパイス類を投入し、軽く混ぜ炒めていきます。

P4100169_convert_20110410195024 スパイス類が入ると、鮮やかな色になってきます。これをもう少し煮詰めていきます。

P4100172_convert_20110410195048 煮詰めると、こんな感じになります。油が浮いてきた頃合いを見計らい、いよいよ次のステップに進みます。

P4100174_convert_20110410195107 ラムネックをグレービーに投入。いよいよお肉の調理開始です。

P4100177_convert_20110410195146 グレービーと絡めてお肉を炒めていきます。水分の過不足はなく、いい按配です。

P4100178_convert_20110410195208 お肉の炒めが終わった後は、お湯を少しずつ入れては沸騰させの繰り返し。お湯2カップ半を入れ終わり、弱火で煮込みに入ります。所要45分。

P4100181_convert_20110410195230 30分経過した時点で、トマトの粗みじん切りとガラムマサラを投入。あと一息で完成です。

P4100182_convert_20110410195256 ついに出来上がりました。北海道足寄町の石田めん羊牧場さんのお肉を使った、ラムネックカレーの完成です!!

P4100183_convert_20110410195318 ラムカレーと同時並行で、トマト・パブ作りを始めました。トマト・パブは初めてなので、レシピを念入りに見ながら調理していきます。カレーリーフは、我が家の鉢植えから摘んだ生を使用しました。

P4100184_convert_20110410195340 テンパリング後、玉ねぎとトマトの粗みじん切り、青唐辛子を投入。トマトは愛知県産・ファーストトマト。昨日、上六・近鉄で買ったものですが、変わった形なのですが、とてもおいしいトマトです。

P4100187_convert_20110410195405 トマトと一緒に玉ねぎを炒めるのは難しく、火の通りがいまいちです。ちょっと工夫しながら、玉ねぎに火が通るよう、炒めていきました。

P4100189_convert_20110410195424 パウダースパイス、そしてミルで自作じたサンバルパウダー(鍋の左側)を投入。パウダーはあまり細かく挽けませんでした。

P4100192_convert_20110410195443 まあ、それでも、意外といい感じのマサラが出来上がりました。このあと、予め仕込んでおいたトゥールダルを入れていきます。

P4100194_convert_20110410195501 マサラにダルを入れたあとの鍋。さて、これを少し煮込めば、もう出来上がり。ダルは何度作っても、水分が少なくなってダルだらけになってしまいます。ダルカレーは水分の調整が難しいですね。

P4100203_convert_20110410195521 これは、この後作った、大阪産キャベツのポリヤル。これはもう5~6回作っているので、今日は手際よく作ることができました。キャベツもいつもより細めで、いい感じです。さらにこの後、本物のサフランを使って、サフランライスを炊きました。

P4100213_convert_20110410195540 今夜の夕食の完成!左上はサフランライス、その横はキャベツのポリヤル。下段左はトマト・パブ。そして、その右はラムネックカレー。

今回のラムカレーは、前回焼肉用ラムを使ったときと比べ、ラム独特の若々しい香り(臭み)がなく、逆にマトンかと思うほど、旨味がギュッと凝縮された感じの風味があり、ネック独特の食感も手伝い、気が付けば、むさぼるようにお肉を食べていました。出来上がり直後は、もう少し煮込んだ方がおいしいだろう、という感じで期待半ばで食べてみたのですが、最初からこんなに旨味が出るとは思いませんでした!石田めん羊牧場さんのお肉の真髄に触れたような気がします。

ということで、ラムカレーは、納得できるレベルに達していました。グレービーに関しては、気持ちミントとガラムマサラをを多めに使い、そのためか、さわやかさとスパイスの深みを強めることに成功したようです。

そして、肉の風味を消すのではなく、閉じこめるようにとのタリカロ・料理人さんからのアドバイスに基づき、お肉を炒める時には、レシピより少し強火で、お肉が白くなってよしとせず、その後数十秒、肉の外側に焼き色が付く前くらいまでしっかり火を通し、短時間の煮込み時であっても、極力水分調整をしないで済むよう、工夫して具材を混ぜ炒め、そして旨くなれ、旨くなれと、念じながら調理しました。

このカレー、明日はもっとおいしくなっていることでしょう。ただ、今回のお肉は、前回と違い、かなり脂身があり、この脂身が溶けすぎると、かなり味や風味が変わると思われ、煮込みすぎには注意が必要かもしれません。それでも、どのように変化するのか、楽しみで仕方がありません。

羊肉にますますはまっていきそうで怖いくらいです。次週は、ラムのスネ。来週の土日が待ち遠しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 9日 (土)

マトンヴィンダルー&ビリヤニ

一週間の疲れのせいか、今日は始動が遅れました。

ヴェジミールス目当てで神戸のマドラスキッチンを訪れるも既にクローズド。そのため、近くのアールティをラストオーダー直前に初訪問。

単品メニューをもってきてもらい、マトン・ヴィンダルーとビリヤニのMサイズをオーダー。ヴィンダルーはちょい辛めでお願いしました。

P4090117_convert_20110409212000 お味は、なかなかでした。ヴィンダルーは酸味のバランスが良く、骨付きマトンがゴロゴロっと入っており、さわやかな辛みも感じられ、心地良い一品でした。

ビリヤニは、骨付きマトンが旨く、味付けもこなれた感じで、とてもバランスよくまとめられていました。チャトニーっぽいグリーンのグレービーがよいアクセントになったことは言うまでもありません。

その後、神戸ハラールフードで、お気に入りの極小粒のブラックマスタードシードを2袋・200円で買い、電車の出発時間を見計らって、ビゴの店でパンを買い、奈良行き快速急行に乗り込みました。

P4090137_convert_20110409212112 途中、鶴橋で、例により、青唐辛子を今日は500円分購入。おいしそうだったので、チャプチェの小サイズ300円も買いました。

さらにその後は、上六に戻り、近鉄のデパ地下で、明日のマトンカレーに備えて、食材を購入。もちろん、奄美の黄金しょうがも買いました。ついでに、さんしょ屋さんでグラハムロールも購入。

奈良に戻ってからもやることは沢山。クリーニングを取りに行き、学園前のコープでミント、奈良・山陵町~佐保(おそらく)産のキャベツと若ごぼうなどを買って帰宅。

カバン2つ、レジ袋6つ、クリーニング袋を抱えて、宿舎の4階まで必死の思いで昇りました。腕はレジ袋の重みで裂けそうな状態に!何度も上り下りするのがイヤなんです・・・。

そして、その数分後に、宅配便が。

P4090123_convert_20110409212044 ついに来ました!石田めん羊牧場さんのラム2種(ネックとスネ)です。嬉しいことに400~500グラムあるじゃないですか~っ。最初にどちらを料理するか、ハゲしく悩みましたが、今回はネックを解凍に回すことにしました。

もう間もなく22時。今から掃除しようと思うのですが、ちょっと無謀かつ近所迷惑かも。散髪にも行きたいし、部屋の整理もしたい・・・。トマトとダルのカレーも作れなかった。時間が足りません。また明日です。

関連ランキング:インド料理 | 三宮駅(神戸市営)三宮駅(阪急)三ノ宮駅(JR)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 8日 (金)

ぶりカマ、夜タリ

ついにやってきた金曜日。転勤してから、四苦八苦の毎日だったので、嬉しさもひとしおです。

今日のお昼は、いつものお店で、よっしゃ!ぶりカマをゲットです。食べ終わりそうなころに、元同僚のM氏と、元上司のF氏が。何か1週間ぶりなのに、懐かしい顔ぶれ。お二方の顔を見て、少し癒されました。同じ建物の1階上と下で働いているのですが、別組織なので、何かいろんな意味で距離が出来てしまうんですよね。

午後は何とか仕事をこなし、机の上も少し片づいてきました。今の職場は、上司、同僚、新規採用の方に至るまでいい人ばかりで、とても恵まれているのですが、仕事ができず、何の役にも立てず、人の足ばかり引っ張っている自分が情けなく、本当に精神的に辛い1週間でした。でも終わった!

帰りはごほうびに特急で帰宅。上本町駅の成城石井で買った500円近くする超高級ジュースを喫煙車両でタバコを吸いながら飲みました。もう少しで乗り過ごしそうでしたが、何とか最寄り駅で下車。

そして、今夜は、雨宮さんところか、タリカロかで悩みに悩み、明日夜に届くラムのことを考え、タリカロに決定。

久しぶりのタリカロは、相変わらず盛況でした。そこで、先月、アウトバックステーキでご一緒させていただいた素敵なご夫婦と再会。最初は奥様一人だったのですが、超特大のワインボトルがカウンターの上に!すっ・・ごい。。と思ったのですが、それはボトルではなく、ボトルクーラーが巻かれていた関係で、目の錯覚と言うか、超特大ボトルに見えただけでした。それにしても、素敵なご夫婦です。変な意味じゃなくて、何か、私が小学生のときに憧れた「金妻」、そのテーマ曲・「恋に落ちて」の音楽が頭の中で流れてきそうな感じでした。(訳分かりませんね)

そして、今夜の私のオーダーは、ご無沙汰にご無沙汰を重ねていた夜タリ。本当はマトンにしたかったのですが、もうかれこれ1か月以上夜タリを食べていないと思い、予定を変更しました。

P4080103_convert_20110408220325 今日一番おいしく感じたのは、豆カリー。これはトゥールー豆だと思うのですが、いやいや、これ、やっぱり癒されます。あとエビカリーも。疲れているときは、やはりこういうやさしい味のカレーがいいかもしれません。あとは、やはり、インドの唐辛子。この唐辛子がたっぷり入ったチキンカレーなんかが食べられたら嬉しいんですけどね。1日3食限定・1,500円でやってくれないかな~。

そして、最後に、タリカロのお二人に、ラム(マトン)の扱い方を伺いました。肉は水で洗わない、臭みを消すのではなく肉の味を閉じこめるように、という「お言葉」を賜り、奉りました。このお言葉、私にとっては天皇陛下から頂戴するようなものであり、一生忘れないと思うのであります。

明日は土曜日。久しぶりに神戸のマドラスキッチンにも行きたいし、本当にご無沙汰になってしまっている雨宮さんのところにも。タリカロのマトンも。明日の気分次第で、行き先を決めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 7日 (木)

ブリオッシュ・トルサデ

近鉄・大阪上本町駅は、関西私鉄の雄・近鉄の拠点。系列の百貨店、ホテル、ショッピングモールなどが集まり、この界隈のお店、喫茶店に至るまで、調べてみれば近鉄系だったりします。

今週は、仕事帰りに、上本町の近鉄百貨店の地下食料品売場を訪れることが多く、帰りの電車の待ち時間に地上に登り、おびただしい数の自転車が駐車されているところで一服するなどしていたところ、駅1階に、都ホテル直営のパティスリーの出店があることに気づきました。

このショップの名前は、シェラトン都ホテル大阪 直営店・パティスリー P de M(ペードエム)。外から中を覗くと、何とも気になる商品が。

P4070101_convert_20110407204105このパン、ブリオッシュ・トルサデという名前です。お値段は、何と、900円!激高ですが、それ故気になるのです。

ブリオッシュ好きとしては、一度は買わなければならない商品と言い聞かせ、思い切って買いました。

家に帰り、インターネットで調べていると、このショップのHPがあり、「バターと小麦粉を同量に使用した、シェフパティシエ小川徹朗自慢のパン」と紹介されていました。

パンではありますが、山の上の方にはほのかに砂糖のコーティングがなされており、パンを袋から出し入れすると、少し手がべとつきました。

実食すると、お味の方は、ほぼ予想どおり。卵の黄身の色は薄め、あっさりしたブリオッシュ生地です。ほのかな砂糖コーティングが気になりましたが、これが上手くコクを補う形になっています。

P4080111_convert_20110408220301 素晴らしくおいしい!とまでは正直言えませんが、日持ちもしそうですし、何かと重宝するブリオッシュだと思いました。また、食事として食べるパンとしては少し甘いけど、朝食にはぴったりでした。

ただ、そもそも、ブリオッシュは、いつどのように食べるのかが難しいパンです。菓子パンほど甘くないし、ボリュームも少なめだけど、生地自体が超高カロリーなので、健康志向の人には、全くと言っていいほど不向きなパンです。

それを午後に紅茶でも飲みながらつまむなど、もってのほか。夕食後、コーヒーに合わせて食べる私の体型は・・・。

やはり、ブリオッシュは、フール・ドゥ・アッシュか、タケウチという人気店のものが一番。悩ましい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 6日 (水)

カニちらし

今日は中日の水曜日。慣れない仕事にぐったり、もはや疲れはピーク。今まで使わなかった部分の頭、身体を使うせいなのか、体じゅうがカチカチ、そして、花粉のおかげで眼がショボショボ。おまけに腰痛が・・・。このままでは本当、ヤバそうです。

呆然としながら職場を後にし、地下鉄の駅で立ちながら頭痛薬を飲み、少しして何とか回復、帰りに上六の近鉄でカニちらしを買って帰宅しました。

P4060076_convert_20110406204519 ちなみにここの持ち帰り寿司店、今はなき京都の近鉄にも入っており、巻き寿司系が美味です。なす巻、巻き寿司などをよく買ったものです。

食後、インターネットでグルメサイトなどを見ていたところ、何と、例の牧場でラムが販売されていた!!!

中でも、欲しかったネックとスネが既に1パック限定の表示になっており、急いでメールを打ち込み、今サイトを見たら売り切れの表示に変わっていました。これはゲットできたとみました!

今度の土日は、再びラムカレーが作れるかもしれません。疲れは吹っ飛びませんが、希望が見えてきた。これで明日も何とか乗り切りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 5日 (火)

2日目

今日はコンピュータに苦戦しました。

何がどこに入っているのか、さっぱり分からず、その上セキュリティが固く設定されている関係で、スムーズにファイルを開けません。

おまけにMSオフィスは新バージョンで、“戻るボタン”がなかったり、何かと使い勝手が悪く、これまた苦戦。

昨日は不調だったネットワークも安定。ただ、一度ダウンし、MSアクセスの一覧表が、全てNAME?の表示になり(!!)、焦ること数分。幸いにも元データは更新、上書き保存されておらず、助かりました。

こんな感じで、今日は、まさか自分がPCに苦戦するとは思っていなかったので落胆、そしてハゲしく疲弊。救いはPCが比較的新しく、サクサク動いてくれるところ。そして教えてくれる同僚がやさしく、これまたハゲしくデキる人で、上司もしかりということ。ということで(?)、一昨日作ったカレーを何人かに振る舞いました。

苦難の日々はまだ続きそうです。明日は午前に大仕事が待っています。暫く自作料理はできそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 4日 (月)

仕事始め

今日は、事実上の新年度の仕事始め。

挨拶回り、パソコンの設定などで午前は終わり、午後は机に積まれていく見慣れない書類に戸惑い四苦八苦。

おかげで、首こりと頭痛がひどくなり、終業前にはフラフラの状態になりました。ただ、今日は月曜日なので、気分転換に軽めのウォーキングしてから帰りました。

これから当分の間は、周囲に迷惑をかけそうな感じです。花粉症の症状もそれなりにあり、体力的にもキツく、こんな状態でやっていけるか不安です。

今週末は選挙、その次の週は自治会長の転居され、会長選びのため臨時の幹事会が。何かイヤな予感がします。

運も味方に付け、何とか乗り切り、連休を迎えられるようにしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 3日 (日)

自作・チキンとじゃがいものカレー&ポリヤル

今日は、昨日、むね肉と間違えて買った鶏もも肉を調理しなければなりませんでした。

まずは、キャベツのポリヤル。今日のキャベツは大阪産。いつもの倍の1玉を一気に調理します。

P4030051_convert_20110403210017 材料です。左上の奄美の黄金しょうがの輝かしい色に惹かれます。ここまでの下ごしらえが調理の手間の殆どを占めていると言っても過言ではありません。

P4030054_convert_20110403210040 スタータースパイスは、ウラド&チャナダル、クミン、マスタードシード、唐辛子。このところ唐辛子はずっと奈良県産です。

出来上がりは、キャベツからの水分が大量に出て、かなりべちゃつきましたが、味自体に問題はなく、なかなかの風味に仕上がりました。途中経過の写真はありません。

続けて、鶏肉とじゃがいものカレーの調理にとりかかりました。

P4030056_convert_20110403210102_2 スタータースパイスはクミンシードのみ。そこにたまねぎのみじん切り、しょうがとにんにくのすりおろしを混ぜ炒め、ヨーグルト1カップを入れると、こんな具合になりました。

P4030057_convert_20110403210125 そこに、具材を入れて炒めていきます。いい感じの色合いです。あとで気が付いたのですが、ここで豆(水煮のチャナ)を入れるのを忘れました!

P4030058_convert_20110403210147 そんなことに全く気づかず、お湯を入れて弱火で煮込んでいきました。最後に味見をして、塩気を少し足し、よしっ!なんて言ったかも。

P4030064_convert_20110403210205 出来上がりです。左上は昨日作ったバターチキン、右上は鶏肉とじゃがいものカレー、その下はポリヤル、左下はターメリックライスです。

今作った鶏肉とじゃがいもカレーは、豆を入れなくても、十分おいしかったです。明日物足りなかったり、気分により、チャナ豆の缶詰を入れて少し煮込んでみようかと思っています。

大量に作ったキャベツのポリヤルは、明日以降、朝食など大活躍することでしょう。そうなると、仕事帰りに、このポリヤルに合わせるパンを買いに行くのが楽しみになりそうです。

P4030072_convert_20110403224254 最後の写真は、現在、鋭意整理中の我が家のスパイス類。右上の粉末は、取扱注意のヒーング。この上には、豆類とライスが。なかなか上手く系統立てて分類できず、四苦八苦しています。コツコツやっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 2日 (土)

自作・ムルグ・マカーニ

確かこのムルグ・マカーニは、私がインドに行き始めて食べたカリーのはず。デリーのコーンノート・プレイスの近くのお店だった記憶があります。当時はインド料理の知識など殆どなく、メニューを眺めて、何となくおいしそうな名前だったこと、バターとチキン云々と書いてあり、無難だろうと思って頼んだのだと思います。

ムルグ・マカーニは、いわゆるバタ・ーチキンです。大量のバターを使うので、かなりこってりすると思いきや、レシピには意外にあっさり仕上がるはずと書かれており、期待が膨らみます。

最初に鶏のむね肉を一口大にカットし、パウダースパイスとレモン汁をふりかけてマリネを作り、冷蔵庫で寝かせるという作業をしました。

P4020020_convert_20110402214146 いよいよ鍋を使って調理開始。まずは、無塩バターにホールスパイスを入れて加熱。本当はギーを自作しようと思ったのですが、モタモタしていて時間がなくなり、今日はバターそのままでいきました。

P4020021_convert_20110402214212 しょうがとにんにくのすりおろしの後、ホールトマト1缶を入れました。この後、トマトをへらで潰し、お湯を入れて煮込みます。

P4020028_convert_20110402214243 煮込みが終わり、濾した後のグレービー。いい色です!

P4020030_convert_20110402214302 後半戦です。無塩バターを溶かし、そこにしょうがのみじん切り、カスリ・メティを入れて炒めます。この後、さきほどのグレービーを混ぜ、パプリカと塩で味付けします。

P4020032_convert_20110402214321 いよいよ鶏肉のスパイスマリネの投入の時を迎えました。右側は、1時間スパイスとレモン汁で漬けておいたむね肉です。

P4020033_convert_20110402214342 10分ほど煮込み、さらに青唐辛子3本、しょうがのみじん切りとカスリ・メティを再投入。ガラムマサラも入れました。ここまで来れば、あと一息。最後に生クリームをまわし入れ、火を止めて出来上がり!

P4020036_convert_20110402214426 出来上がりはこんな具合。富雄のアッシュさんで買ったカンパーニュ・ロール、パキスタン産バスマティ・ライスとあわせていただきました。

大量のバターを使い、見た目もこってりしていますが、レシピにも書かれていたとおり、意外にもあっさりしていて、トマトの酸味が上手く効いています。さすがはカレー伝道師こと渡辺玲さんのレシピです。

また、むね肉を使っており、やわらかい骨なしタンドリーチキンが入ったあっさりカレーに仕上がり、思いの外胃がもたれないので、朝に食べてもいいかもしれません。

この後、キャベツのポリヤル、アンドラ風のトマト・パブを作ろう思ったのですが、所用をこなして時間がなくなり、疲れもあって断念しました。また明日に作ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 1日 (金)

パンとポリヤル

今日から新年度。新しい職場に赴任しました。

16年ぶりの新任地は、昔と同じ雰囲気。シィーーーーン・・・・。非常に静か。いや、静か極まりない、でございます。

この雰囲気、決して嫌いじゃないのですが、赴任して間もないこの不慣れな時期には、ちとキツい。暫くしたら気に入り、逆に、うるさくなると気が散って仕事に集中できなくなることでしょう。まあ、慣れの問題だと思っています。

P4010002_convert_20110402020754 で、朝は、フール・ドゥ・アッシュの山食と、自作のポリヤル。この組み合わせは最高に合います。春らしさも感じられる、とてもさわやかなメニューでもあります。

昼はいつものように、いつものお店。今日は写真なしですが、定番の鯖の煮付け。飽きないおいしさです。

夜は、残業用に久しぶりに買った、なごみ亭さんのお弁当。結局、私が赴任する前に全て片付けていただいた関係で、残業の必要はなく、自宅に持ち帰り食べました。

P4010008_convert_20110402020828 “サイドメニュー”の蛸とキノコのオイスターソース炒めです。ボリュームたっぷり!なごみ亭さんのシーフード炒め系のメニューですね。いかを使うことが多いようですが、このように素材、味付けをアレンジしてくるところが、このお店の面白いところです。

P4010014_convert_20110402020847 仕事帰りには、上六のさんしょ屋さんに立ち寄り、グラハム食パン、紅茶のスコーン2個を購入してしまいました。

パンは私にとって肥満の“モト”。控えなければいけないのですが、「今日は金曜日だし。」とか、「味見のつもりで買い、食べ切らなければいい。」、「とりあえずパン屋に向かって歩こう。途中で気が向かなくなるかもしれないし。」などと言い聞かせてパン屋に入店してしまうのです。

要するに言い訳ばかりして、メタボへの道を歩むのです。明日以降は、極力、パン屋さんに近づかない、翌朝はパンでなくごはんと納豆と言い聞かせる、買うか買わないかと頭の中で考えを巡らせない、バターたっぷりのブリオッシュやクロワッサンを食べて吹き出物が出来ることをイメージする・・・と、いろいろ今までどおりの工夫をしようと思います。そして、完全にパンをやめず、少しでも買う頻度を減らせたらと考えています。

ただ、今はキャベツのポリヤルに食パンを合わせるのが、私の中でトレンドになっているので、難しいところです。気温も徐々に上がってきているので、現在1万歩/日のところ、以前のように1万5千歩/日以上に歩数を上げれば済む話かもしれません。

明日は、神戸でヴェジミールス&ワダ→大阪市内ウォーキング→アッシュorタケウチ→バターチキン自作orタリカロor雨宮さんの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »