« 自作・鶏挽き肉とじゃがいものカレー(北インドのイスラム風)&ポディ | トップページ | 自作・ひよこ豆SP(チャナマサラ、スンダルなど) »

2011年3月20日 (日)

クスム本場家庭料理(夜)

今日は、食材の買い出しのため、神戸に。

P3200116_convert_20110320223718 途中、青唐辛子を買うために、鶴橋で途中下車。500円分を購入。数えたら25本入っていましたので、1本20円の計算です。生の青唐辛子は入手しにくいですが、ここ鶴橋ではあちらこちらで売られており、今日買った「豊田商店」さんは、辛、中辛、甘の3種類の青唐と赤唐も売っていました。

P3210125_convert_20110321013117 その後は、韓国製のスプーンを2本購入。一番上のスプーンは、昔、ソウルのロッテデパートで金属製箸とセットで買い以後愛用していますが、このスプーンの使い勝手がとてもよいのです。深すぎず、幅が広めなので、スープの中にごはんが入った料理を味わうのにもってこいです。今回買ったものは、僅かながら深さがあり、先が尖っていません。今のものより、がっつり食べたい時向けかもしれません。

P3200065_convert_20110320220008 そして、小腹が空いたので、いか入りチヂミを買い食い。冷めてもおいしく、ちょうどよい量でした。

P3200072_convert_20110320220055_2 鶴橋を後にして、近鉄-阪神の直通列車で三ノ宮に。相変わらず快速急行はトロい!早く奈良-神戸間に近鉄の有料特急を走らせて欲しいものです。神戸は小雨でしたが、傘を使わず小走りで、クスム本場家庭料理横の「INDIAN PROVISION STORE (TAIYO KIGYO)」に直行しました。

P3200076_convert_20110320220221 本日買ったのは、皮なしチャナ豆、マスタードシード3種類(ブラック、ブラウン、イエロー)、コリアンダーパウダー、特製ガラムマサラ。なお、一番右のバスマティライスと、その上の小袋に入ったブラックマスタードシードは他店で買ったもの。この2品を除き、これで何と1,350円!安過ぎます。

Indianprovisionstoretaiyokigyolis_2Indianprovisionstoretaiyokigyolist2Indianprovisionstoretaiyokigyolis_4 これは、お店が最近新しく作成したと思われるプライスリスト。これがあると、この店に何が置いてあったか覚える必要がないので重宝しそうです。よく見てみると、店頭には置いてなさそうな物もリストに書かれています。言えばどこかから出してくれるのでしょうか?このリストのおかげで、またこのお店の楽しみが一つ増えたような気がします。(PDF版はこちら→「indian_provision_store_taiyo_kigyolist.pdf」をダウンロード 

夕食は、この店の横のクスム本場家庭料理にしようと思い、ディナーの開店時間まで約30分あるので、近くをブラブラし、食材の追加購入をしました。

最初は、マドラスキッチンのすぐ北側にある輸入食材店「KOBE GROCERS」。イタリア製(激安)チャナ豆の水煮(130円)を2缶と、インド製ベイリーフ、タイ製タマリンドペーストを購入。このお店のよいところは同一製品の種類の豊富さ。例えばこのチャナ豆の缶詰だけでも4種類(米国製1、イタリア製3)ありました。ココナッツの缶詰もそんな感じです。微妙なニーズに応えてくれるところが嬉しい限りです。

そして、そのさらに北側にある、「KOBE HALAL FOOD」に初入店。買う物は特になかったのですが、恐る恐る入店してみました。店内はそれほど広くないですが、意外にも商品は充実しています。スパイス類は小袋に小分けにしたが所狭しと置かれており、どれも安い!オイル、豆類も充実しており、何と言っても冷凍の肉類が豊富。マトン、チキン、ビーフが沢山!超小粒のブラックマスタードシード(100円)とインド製バスマティライス(750円)を発見し、即買いしました。ライスはパキスタン製バスマティ、タイ製のジャスミンライスもありました。このお店、なかなか魅力がありますよ。お店のおじさんも落ち着いた感じの紳士で、好きなお店になりそうです。

いろいろお店を廻っているうちに、「クスム本場家庭料理」の開店時間17時30分を大幅に過ぎ、18時前に入店しました。お客さんは誰もいません。客席には電気が点いていませんでした。声をかけると、置くから奥様が。いかにも起きたばかりといった御表情。今日は日本人の女性の方はいらっしゃらないようです。日本語が通じないので、英語で話しかけると・・・、席に案内してくれました。

P3200074_convert_20110320220201 店内には当然のことながら、お客は私のみ。貸し切り状態です。このお店は開店時間早々に行くと、いつもこんな感じです。前も昼の12時ちょうどくらいに訪れたのですが、電気こそ点いていたものの、営業中との雰囲気ではなく、誰もいない一般家庭を訪れたようでした。この雰囲気が苦手、若しくは一番乗りを避けたい方、時間があまりない方は、少し遅めに訪れた方がいいかもしれません。

P3200079_convert_20110320220302 まずは、おしぼり、水、それにマンゴージュース。奥様まだ目を擦ってらっしゃいます。今日はゆっくり過ごすことにしようと思い、ゆっくり流れていく時間を楽しみました。その間に横で買ったスパイスをテーブルに広げて写真をパチリ。ついでに店内もパチリ。お店は貸し切り状態です。

P3200081_convert_20110320220353 そして、いよいよサモサの登場です。タマリンドの甘いソースとチャトニーが例によっていいい感じです。私の喜ぶ表情と拙い英語が通じたのか、奥様笑顔です!

このサモサ、見た目は普通なのですが、中のジャガイモなどがホクホクで、チャトニーもとてもおいしいんです。今日は思わず写真を沢山撮ってしまいました。

P3200090_convert_20110320220427 サモサを割ってみました。こんな感じです。どうですか、おいしそうでしょう!

P3200092_convert_20110320220449 コリアンダー(?)のチャトニーを付けて食べます。少しピリッと辛く、汁気の按配が絶妙です。

P3200094_convert_20110320220508 これは甘いマンゴーソースを付けたところ。この甘さもべた甘ではなく、きちんと酸味が感じられ、病みつきになります。

P3200100_convert_20110320220611 そして、いよいよターリーが。今日はスタンダードな組み合わせ。左が皮付きムング豆、真ん中が皮付きチャナ豆、右がミックスベジタブル&パニールのカレー。チャパティーは焼きたてホクホクです!今日のチャパティーは最高においしかったです!

P3200106_convert_20110320220648 カレーは大好きな皮付きムング豆が売り切れでおかわりできませんでしたが、その他の2品はおかわりできました。このムング豆のカレー、真似して作りたいです。このアップの写真も参考に、いろいろ研究して作ってみたいと思います。

あと、ミックスベジタブルのカレー二入っているパニール、いかにもインドっぽくて、とてもおいしいんです。こればかりは作れそうにないので、こちらに足を運ぶ楽しみがあって、それもよしというところでしょう。

例によって、奥様は何度も「チャパティー?」とおかわりを聞いてくれます。カレーのおかわりを頼み、その際何度も「ノー・チャパティー」、「アイブ・ハッド・プレンティ」と伝えているのですが、「チャパティ?」となります。このお店は食べ放題ということもあり、若干の推測が入るのですが、お客が来るとチャパティを何枚も焼いているようです。私は正直、チャパティーが苦手で、ごはんでカレーを食べたいので、いつもチャパティーを最初に平らげています。最初に食べるから、「この人、チャパティー大好きなんだ。」と思われるのかもしれません。それにしても、繰り返しますが、今日のチャパティーは本当においしかった!確かに今まで焼きたてのチャパティーを食べたことはあまりなかったような気がします。

P3200110_convert_20110320220743 最後はデザート。奥様はデザート作りの名人と聞いていたので期待したのですが、今日はアイスクリームでした。それでも、口の中がさっぱりして、とてもおいしいアイスでした。

お店を出たのは、18時50分ころです。この時点でもお客さんは私のみでした。日曜の夜は遅い時間から混み出すのかもしれません。お昼はとても混むと思うので、日曜日の夜はけっこう穴場的な使い方ができるかもしれません。

今日は鶴橋、神戸で食材の買い出し、シメはクスムで英語を使うことを強いられ(!)、ちょっとした旅行気分が味わえました。明日は三連休の最後。今日買った食材を使って、料理を楽しみたいと思います。

|
|

« 自作・鶏挽き肉とじゃがいものカレー(北インドのイスラム風)&ポディ | トップページ | 自作・ひよこ豆SP(チャナマサラ、スンダルなど) »

インド料理」カテゴリの記事

韓国料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/51174288

この記事へのトラックバック一覧です: クスム本場家庭料理(夜):

« 自作・鶏挽き肉とじゃがいものカレー(北インドのイスラム風)&ポディ | トップページ | 自作・ひよこ豆SP(チャナマサラ、スンダルなど) »