« タリカロ(マトン、チャナ豆) | トップページ | マドラスキッチン(ヴェジミールス、ワダ)、自作・渡辺玲氏のレシピで作ったチキンカレー »

2011年3月 5日 (土)

タリカロ(夜タリ、ワダ)、てっぱんダンス、新店情報

2週連続で親知らずを抜歯し、安静を保つ必要があり、ウォーキング不足。

今日は張り切って、午前に近鉄奈良駅、高天、鴻池運動公園まで歩き、帰りは奈良きたまちをブラブラ、その途中、NHK奈良放送局で、連続テレビ小説「てっぱん」のイベントが。P3050001_convert_20110305204727 NHKフリークとしては、覗かずにいられません。すると、「トークショー&てっぱんダンス」開演したばかりで、最後列で立ち見することにしました。

最初は、NHKアナウンサーの説明。さすが、NHKのアナウンサーという声、しゃべり方です。基本ができていると言うか、やはり他局のアナとはレベルが違うと感じました。

そして、「てっぱん」のヒロインの兄役の森田直幸さんが壇上に。19歳で大学1年生だそうです。つい最近携帯をiphoneに変えたようで、私も変えようと思っていたので、やはり今は変えるならiphoneなのでしょうか。しかし、若いのにしっかりしてはります。感心しました。1198199128313242_5 続けて、「てっぱん」ダンスの振付師・近藤良平さん(写真上)と全国にこのダンスを広めている?ダンスカンパニー・コンドルズのメンバー山本光二郎(写真下)さんが例によって学生服姿で登場。怪しいおっさんですが、面白い方でした。M01ryohei M09kojiro すぐに「てっぱん」ダンスのレクチャーが始まりました。いつもテレビで見ているだけなのですが、意外に簡単で覚えやすかったです。会場に音楽が流れ、全員でダンスです。ヒロインの兄役の森田さん、NHKのゆるキャラも一緒です。何かテレビに出てくる俳優さんと一緒に「てっぱん」ダンスができたことが、嬉しかったです。

イベントは約1時間で終わり、その後は近鉄奈良駅に。途中、花芝商店街と東向北商店街で新しいお店を発見。定食屋さんは既に開業、ハンバーガー屋さんは工事真っ只中で3月17日にオープンするようです。この界隈もポツポツと新しいお店が開店し、不況のさなか、嬉しい限りです。なお、らんぷりーる横にあったうどんの「天馬」さんは、車で通りがかった時にたまたま見つけたのですが、西大寺の奈良ファミリー東側の交差点角、確か右横は中華料理屋さん、真向かいはコンビニ・デイリーヤマザキという場所で営業していました。P3050003_convert_20110305204820

P3050004_convert_20110305204840 近鉄奈良駅からは難波へ。梅田まで歩き、引き返して本町へ。パンデュースさんでブリオッシュ食パンなどを買い、湊町のホテルモントレの下にあるスーパーで、サンバルの材料を買い、一旦帰宅しました。角食はオレンジピール入り、茶色いパンはココア入りの生地にマロン、モカクリーム、真ん中のはサツマイモ入りのカレーパンです。シンプルでかつ、ちょっと一ひねりしているところが憎い、それでいて見た目が可愛らしいところが、ここパンデュースさんの一つの魅力ですね。ブリオッシュは冷蔵庫に入れ、ラップにくるんで空気に触れないようにして保存すれば結構日持ちするので、暫くの間楽しめそうです。P3050024_convert_20110305222257 夜は、久しぶりに雨宮製麺所さんに行こうと思ったのですが、今日は昼ご飯が軽い内容でお腹が空いていたので、ごはんものが食べたくなり、急遽行き先を昨日訪問したタリカロに変えました。

タリカロ着は19時前。店の外には原付が。某M氏が食べ終わる前でした。その横にはKHさん、後からWさんが!何か顔見知りの方ばかりで、ちょっと嬉しかった。

今夜のオーダーは、夜のタリカロカリーセット。これも久しぶりです。やはりタリカロはこの夜タリが顔でしょう。豆はムングでポリヤルはじゃがいも。ムング豆のカリーは、以前に比べかなりやさしい味わいになっていました。豆の甘みがたまらん。P3050008_convert_20110305204914

チキンカリーは、例によってインドの丸い唐辛子入り。このカリーも少し複雑な味わいになり、かすかに繊維質が多めになり、いい感じです。エビカリーも健在。キーマも昔の方が少し単調だったような気がしました。ちょっとずつ進化する夜タリ、これからも楽しみです。

そして、今夜は、これ。ワダをいただくことができました。裏メニュー扱いなのかな?このワダ、中の生地の食感が素晴らしかったです。チャトニーはココナッツとミントソース。タリカロでワダを食べることは、私の夢の一つだったので、超感動です!!しかし、スパイシー感、また、チャトニーの濃厚さと繊維質感ではマドラスキッチンさんのメドゥ・ワダが一歩上かもしれません。ただ、生地の食感、穴あき具合(意味分かります?)は、既にこちらが上回っていると思いました。甲乙つけがたいですねぇ~。このワダとサンバルが定番化されたら、毎日通ってしまうかもしれません。いや~、それにしても、素晴らしいワダでした。P3050015_convert_20110305204935 明日は午後以降、先週に引き続き、サンバルを作る予定です。今回は前回の材料に大根を加え、ココナッツはパウダーを使ってみようと考えています。

ということで、明日は、早起きできれば、私のサンバル作りに係る研修ミニ旅行として、神戸に行こうと思います。行き先はマドラスキッチンかクスム本場家庭料理のいずれか。また報告させていただきます。

|
|

« タリカロ(マトン、チャナ豆) | トップページ | マドラスキッチン(ヴェジミールス、ワダ)、自作・渡辺玲氏のレシピで作ったチキンカレー »

インド料理」カテゴリの記事

パン・スイーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/51040900

この記事へのトラックバック一覧です: タリカロ(夜タリ、ワダ)、てっぱんダンス、新店情報:

« タリカロ(マトン、チャナ豆) | トップページ | マドラスキッチン(ヴェジミールス、ワダ)、自作・渡辺玲氏のレシピで作ったチキンカレー »