« 昼:さんまの塩焼き、夜:サンバルの残り | トップページ | 自作・ヴェジミールスのモーニング »

2011年3月 9日 (水)

自作・タミル風アヴィヤル、ダールマ

最近、料理に狂っています。今日は、タリカロに行くと胸を膨らませていたのですが、家に野菜の残りがあることを思い出し、途中で方針変更、スーパーで足りない食材を買い揃え、帰宅後、何と2種類ものカレーを作ってしまいました。

1作目は、タミル風アヴィヤル。ケララ地方発祥の野菜のヨーグルトとココナッツ煮込みのようです。これは、渡辺玲氏のレシピで作りました。我が家にはミキサーがなく、この前買ったスティックブレンダーを初使用。意外や意外、かなりパワーがあります。容器にココナッツファイン、クミン、ししとうとぬるま湯を入れ、ブレンダーをスイッチオンすると、あっという間にグリーン・マサラが出来上がりました。あとは、弱火でゆっくりコトコト煮込み、かなり時間がかかりましたが、徐々にとろみが出てきて、最後にテンパリング。ジューッといい音がして、出来上がりです。見た目がいかにもケララって感じで、食欲をそそります。

2作目は、ダールマ。野菜と豆を一緒に煮たオリッサ州の郷土料理のようです。これは、香取薫氏のレシピで作りました。P3090084_convert_20110309221921 これはレンズ豆を煮ているところ。レンズ豆は火の通りがよく、煮込み過ぎたり、火を強めると水分が飛んでしまい、意外と扱いが難しいです。P3090086_convert_20110309221942_2 これは、豆と同時並行で煮込んでいる野菜を入れた鍋。ジャガイモは北海道産のレッドムーンとメークインの2種類を使いました。

今回作った2種類のカレーは、いずれも使うスパイスの種類が少なく、野菜中心の料理で、しかも結構クセが出そうで、作っていて、味の加減が難しい料理だと感じました。

さて、出来上がりです。左下がアヴィヤル、右下がダールマ、左上がサンバル、右上がバスマティライスです。このほかにかぼちゃのポリヤル、クスム横で買ったアチャールを付け、今夜は自作・ミールスとなりました。P3090087_convert_20110309222002 それにしても、アヴィヤルのこの色彩。鮮やかで、とってもおいしそうです。お味の方は、やはり独特のクセがあり、本格的なインド料理店で、「これはいずれはまりそうだな。」と思えるような味でした。ダールマは食べる前にレモン汁を絞って酸味を加えるのが現地流のようで、今日はちょっと贅沢して国産レモンを搾ってみました。少しもったりした味がさわやかになりました。

これで、最近気になっていた料理を7割ほど試作できたような気がします。これからは、チャナマサラなど、チャナ豆を使った料理、この前作って素晴らしい出来映えだったチキンカレーに再挑戦しようかと考えています。

|
|

« 昼:さんまの塩焼き、夜:サンバルの残り | トップページ | 自作・ヴェジミールスのモーニング »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/51077946

この記事へのトラックバック一覧です: 自作・タミル風アヴィヤル、ダールマ:

« 昼:さんまの塩焼き、夜:サンバルの残り | トップページ | 自作・ヴェジミールスのモーニング »