« 課内送別会 | トップページ | 昼・カレイの煮付け、夜・残飯整理 »

2011年3月23日 (水)

タリカロ(イドリー&サンバル)

昼は、いつものお店で、今日はカレイの味噌焼き。

前回より味噌が多めで、その香ばしさが、淡泊なカレイと非常にマッチし、素晴らしかったです。

そして、夕方は歯医者。上の右奥の神経まで侵された虫歯を削ってきました。下の奥歯の時より痛みはありませんでした。ただ、仮の詰め物の違和感が。明日には慣れることでしょう。

帰宅途中の電車で、ビッグニュースが。タリカロでイドリー、サンバル!今日は残飯整理の予定でしたが、急遽予定変更です。

お店には、18時半ころに到着。あと少しで満席の状態でした。

P3230188_convert_20110323210632 イドリーは少し時間がかかるようでしたが、そんなことは一切お構いなしです。エビのスパイス炒めとマトンカリーを先に出してもらい、イドリーを待つことにしました。

P3230169_convert_20110323210513 えびのスパイス炒めは、お惣菜的で、これもまた真似して作りたくなりました。エビ、ブロッコリーの食感もポイントです。テンパリングの豆がいい風味、コクを出してくれています。

P3230173_convert_20110323210546 マトンカリーは、羊の首から肩にかけての部分の由。食べた直後の瞬間のおいしさという部分で言えばはいまいちかもしれませんが、私はこのような煮込みに合う部位が大好きです。程よい弾力が心地良い!ルゥとのマッチングも抜群です。マトンカリーをイドリーの待ち時間に食べるなんて、何て贅沢なことをしているのでしょう。

そして、いよいよ、イドリーの登場です。わざわざ2階から新品の小ターリーをおろして提供してくれました。

P3230183_convert_20110323210607 イドリーの中にはクミンが。これが素晴らしかった!発酵食品独特の臭み(旨味)とよくマッチしています。

サンバルはイドリー用の辛めのもの。確かに少し(ほのかに)辛いと感じましたが、このくらい辛いと、イドリーを浸して食べた時にサンバルが負けずに済みます。

そして、イドリーとサンバル以上に感動したのが、ココナッツ・チャトニー。神戸のマドラス・キッチンのチャトニーと同じか、それ以上の出来だと感じました。おいしいです。それに対し、マドラス・キッチンのは現地っぽい。両者捨てがたいチャトニーです。このチャトニーを夜タリ、いや、全部のメニューに付けてもらいたいと、勝手な要望をお店に伝えさせてもらいました。

今夜のイドリーセットにワダが付けば・・・、サンバルがおかわり自由になれば・・・、完璧。いつかこの私の夢を実現してもらいたいものです。

今日は、幸せいっぱいです。歯の治療の後のごほうびとしては、最高の夕食になりました。記憶に残るディナーです。

|
|

« 課内送別会 | トップページ | 昼・カレイの煮付け、夜・残飯整理 »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/51199507

この記事へのトラックバック一覧です: タリカロ(イドリー&サンバル):

« 課内送別会 | トップページ | 昼・カレイの煮付け、夜・残飯整理 »