« 【雨宮製麺所】年1度のプレミアム・オリーブオイル | トップページ | 朝からビリヤニ!の幸せ »

2010年12月27日 (月)

【インド家庭料理 シンズ・キッチン】南インドセット&チキンビリヤニ

明日は休暇消化のため休みを取ったので、今日が私の仕事納めとなりました。

年内に一通り気になっていたインド料理店を廻るという目標達成を意識し、本日は大阪・日本橋にある比較的新しいシンズ・キッチンさんを訪れました。

店内はスナック風です。電気街からは少し外れるのですが、日本橋、千日前というこの界隈の雰囲気には馴染んでいるように感じます。

最近、激辛料理から遠ざかっているので、カレーが2種類選べる南インドセットを激辛でオーダー、その後土日はビリヤニを作っているとメニューに書かれていたので、お店の方に確認すると、「今は年末なので土日でなくてもありますよ。」とのことで、テイクアウトでマトンビリヤニを注文しました。

ところが、マトンビリヤニは売り切れてしまい、チキンならあるということだったので、チキンビリヤニをテイクアウトでお願いしました。

それにしてもインドの方は、私のような日本人が激辛でオーダーすると喜んでくれますね!食後、もっと辛くできると仰ってくれ、今日は初めてのようだったので、普通の激辛にしたと説明してくださいました。また、日本の料理はからし以外に辛いものが全くないと嘆いておられましたが、全くそのとおり!朝鮮からの影響がそれなりにある日本である筈なのに、なぜこうも辛い料理がないのか不思議に思うのは、インド人だけではなく日本人も一緒だと感じました。だからこそ、いわゆる日本的なカレーが受けるのだとも思った次第です。

さて、メインの南インドセットは、カレー3種が選べると書かれていましたが、1つはシェフのおまかせとのことで2つだけ選択できました。今日は南インドスタイル魚カレーとカダイマトンカレーを選択しました。

料理の前にカップスープが運ばれてきました。カレー風味とでもいう味ですが、カップの底には沢山のスパイス、リーフ類が残っており、飲むに連れてスパイシーさが感じられる面白いスープでした。

次はマトンケバブとタンドリーチキンです。何とステーキ皿で提供され、下にはオニオンスライスが敷かれて、ジューッと熱々の状態です。見た目は普通なのですが、さすがにこの熱々の状態には興奮せずにはいられませんでした。実際ケバブ、チキン共に熱々で美味しかったです。Pc272421_convert_20101227225912

メインのカレーは、トマト&オニオンベースで、中に入る具が変わるというスタイルのお店とよく似たタイプに感じましたが、中の具であるマトンと魚がとても柔らかく上手に煮込まれていたのが印象的です。Pc272426_convert_20101227225936

魚カレーは鱈のような魚が入っていました。Pc272428_convert_20101227230008

カレーはいずれも激辛でオーダーしたのですが、辛さはそれほどきつくなく、あとでうっすら汗をかいた程度でした。辛みは主に唐辛子系のものだと思いました。

ライスは日本米ですが、ほどよい硬さに炊かれておいしかったです。シェフのおまかせカレーはジャガイモとブロッコリーのカレーで、これが一番オリジナリティー溢れる一品で、とてもおいしかったです。

テイクアウトしたチキンビリヤニは、本当はお店で熱々の状態で食べたかったのですが、翌朝用として持ち帰りました。ただこのビリヤニ、とても量が多かったです。軽く2人前はあり、とてもお買い得だと思いました。

それで、帰宅後ちょっと試食したのですが、これがとても本格的なビリヤニでびっくりしました。お店のカレーのライスは日本米でしたが、ビリヤニのお米はバスマティライスで、チキンも大ぶりのものがゴロッと入っており、チキンの味、形からは、明らかに炊き込んだものであることが分かりました。本格的なハイデラバーディビリヤニではないですか!芳醇な香り、ちょっと複雑さを感じる味と食感、これこそがビリヤニの魅力であり、こんなに本格的な物をテイクアウトしてしまった私はひどく後悔しました。

お店の方も帰り際に、ビリヤニはいつ食べるのか?と聞いてきて、温めた方がおいしいとか、いろいろ気にかけてくださった意味がよく分かりました。かなり手の込んだビリヤニであり、そのようなビリヤニを適当に食べられたらたまったものではないですよね。

そのため、私はきちんとお皿に移して、きちんとお米がべちゃっとならないように細心の注意を払って温め、この心のこもったビリヤニを家で堪能させていただきました。本当においしかったです。Pc272432_convert_20101227230031

ビリヤニにはライタもついており、これがまた本格的な味でした。ビリヤニとライタはお店でいただいたカレー以上の本格的な出来映えだと感じました。今度はぜひお店でできたての状態でいただきたいものです。Pc272458_convert_20101227230051

平時ビリヤニは週末限定のようですが、これからも週末が近づくに連れてシンズ・キッチンさんのビリヤニが食べたくなる衝動に駆られそうです。

|
|

« 【雨宮製麺所】年1度のプレミアム・オリーブオイル | トップページ | 朝からビリヤニ!の幸せ »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/50417815

この記事へのトラックバック一覧です: 【インド家庭料理 シンズ・キッチン】南インドセット&チキンビリヤニ:

« 【雨宮製麺所】年1度のプレミアム・オリーブオイル | トップページ | 朝からビリヤニ!の幸せ »