« タリカロ-雨宮製麺所 究極のハシゴ | トップページ | 【ティラガ】種類豊富なミールス、長距離ウォーキングの後は、フール・ドゥ・アッシュ店内で長蛇の列 »

2010年12月21日 (火)

【タリカロ】【雨宮製麺所】復活したマトンを堪能し、究極のパウンドケーキを一本買い!

まずはタリカロで復活したマトンをいただいてきました。

お店に入ると誰も客がいない。一番乗りしてしまったようです。いつもはメニューとにらめっこするのですが、今日は躊躇なくオーダーできました。

Pc212315_convert_20101224015004今日のマトンはバラ肉。バラのあとは、モモ、ネックあたりを考えているとか。そんな情報をゲットしたら日参したくなるじゃないですか。

久しぶりのアーンドラ・マトンカリーは、やはり旨い!今日は少し酸味が際だっていて、スパイスの深みにフレッシュさが加わって、とても心地よい一品に仕上がっていました。何度も唸りながら、ライスにカリーをかけの繰り返し。これをやっているときが今は一番幸せを感じる瞬間です。

あと、いつもながらダルカリー、ポリヤルもおいしいです。特にカボチャのポリヤルは、特筆すべき出来です。これが150円!私がオーナーなら、少し高そうな皿に盛って、メニューにそれっぽいコピーを書いて演出し、最低でも350円はつけます。

本当においしいマトンカリーです。売り切れ必至でしょうが、年末の楽しみが一つ増えました。

Pc212309_convert_20101224015026あと、タリカロでいただいたのは、ナスと青唐のサフジです。前回は“当たり”が全くなかったのですが、今回は2本ほど当たりました。当たりは当たりで最高に辛くておいしいし、当たりでない青唐も肉厚で、非常に旨味が感じられ、まさに逸品です。

タリカロでマトンカリーを堪能した後は、雨宮製麺所さんでドライフルーツとリキュールのケーキ(3,600円)を購入してきました。

このケーキ、フルーツの漬け込みに2週間ほどかかり、その後も味を馴染ませるために数日かけているようで、少なくとも完成まで20日以上かかる非常に手の込んだもの。雨宮さんがそれほど手をかけていると聞いただけで買うことを決意しました。

このように私は、ケーキの完成を待ちわびていたのですが、何しろ意地の悪くてきたない性格なので、お店でオーダーして試食してから一本買いするかを判断しようと思っていました。しかしながら、ケーキを見た瞬間、そんな意地の悪い考えは吹き飛び、その場で衝動買いをしました。Pc212317_convert_20101224015647

さて、ようやく家に着き、ケーキにナイフを入れるときが来ました。ずっしり重いケーキは雨宮さん曰く1㎏ほどあるそうです。ケーキはしっかりとしたつくりで、普通にナイフを入れても型くずれしませんでした。中にはドライフルーツがぎっしり詰まっており、食べる前から期待が膨れにふくれあがります。Pc212332_convert_20101224015711

お味は、さすが!です。
全体的にしつこさは皆無で、甘さはドライフルーツの甘みのみ。
かなりお酒を使っているようですが、酒が生地に流れ出しておらず、酒臭くない洋酒を使ったケーキは、異次元の体験。

後味は非常にさっぱりしており、やはりドライフルーツのほどよい酸味とかすかな甘さが残るのみ。この僅かな後味が余韻として非常に長時間持続します。長い夜を過ごすのに最適でしょう。

本当に大人のケーキだと感じる一品であり、雨宮さんが仰るとおり、酒のアテにできそうな感じがします。
暫くはこのケーキだけでいろいろと楽しめそうです。

|
|

« タリカロ-雨宮製麺所 究極のハシゴ | トップページ | 【ティラガ】種類豊富なミールス、長距離ウォーキングの後は、フール・ドゥ・アッシュ店内で長蛇の列 »

インド料理」カテゴリの記事

パン・スイーツ」カテゴリの記事

西洋料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/50382308

この記事へのトラックバック一覧です: 【タリカロ】【雨宮製麺所】復活したマトンを堪能し、究極のパウンドケーキを一本買い!:

« タリカロ-雨宮製麺所 究極のハシゴ | トップページ | 【ティラガ】種類豊富なミールス、長距離ウォーキングの後は、フール・ドゥ・アッシュ店内で長蛇の列 »