« 【インドカレー茶屋 にきる】さわやかな香りとやさしい味わいが魅力のカレーとデザートたち | トップページ | 【インド家庭料理 シンズ・キッチン】南インドセット&チキンビリヤニ »

2010年12月25日 (土)

【雨宮製麺所】年1度のプレミアム・オリーブオイル

本日はクリスマス。その夜のディナーは雨宮製麺所で飾ることにしました。

今夜の一品は、鯖のワインビネガーマリネ室生の原木椎茸のガーリックソテー。鯖のマリネは何度食べても飽きないおいしさ。原木椎茸は相変わらず風味豊かで、今日は特に肉質が良かったように感じました。これほどパスタの前を華やかに演出してくれる一品は他にないでしょう。Pc252384_convert_20101226015450

オリーブオイルのヌーボーたるプレミアム・オイルを使ったパスタは、ペペロンチーノ、パルミジャーノ、みむろ農園の葱の中から、みむろ農園の葱とオイルをチョイス。唐辛子の辛み、チーズの旨味が入らない、まずはオイルそのものを味わうための選択ということです。Pc252381_convert_20101226015509_2

パスタが運ばれてきました。もの凄い葱、いや葱と言うより、草のにおいがします。草くさくはなく、口の中に運ぶとさわやかな草原にトリップしたような錯覚さえ起こすほどです。葱のえぐみは全く感じられず、シェフによるとあの普通の葱を食べたときに感じるえぐみは肥料の味のようです。

オイルは若くてフレッシュな荒々しさ、そして、ほのかな辛みが感じられ、葱の風味と相まって、自然を満喫できるとでも言えばいいのでしょうか、この冬の寒い季節にあって、はっと目が覚めるようなシンプルでフレッシュな一品に仕上がっていました。

それと、今回改めて感じたことは、パスタの存在感です。オイルがよくパスタに絡まるのです。見た目にも絡まっているのが分かります。普通のパスタなら、フォークで口に運ぶときに、パスタがツルンと滑ってしまうのでしょうが、このパスタは滑りません。オイルだけでこのような絡みをみせるパスタ。シンプルなソースでこそ真価を発揮すると再認識しました。

食後は、みむろ農園のという文字に惹かれて、みむろ農園の無添加ジャム添えの牛乳ジェラートを追加注文しました。Pc252379_convert_20101226015529_2

まずはシェフのお薦めどおり、ジャムだけを試してみました。すごく酸っぱいです!それでも、くどい酸っぱさがなく、後味も極めてさっぱりしています。そして、食べ終わると口の中に変な酸味、くどみが全くないのには驚きました。口の中に入っているときだけ強烈な味と香りが炸裂し、食道に入るとそれがスーッと消えるんです。驚くことに甘みも消え、極めて後味がよい!ジェラートとの相性は抜群で、これはジャムと言うよりソースで、魔法のレモンソースという感じで、またもや雨宮さんに一本取られたと思いました。いや、すごいデザートでした。

お店を訪れる前に、成城石井で今年のプレミアムオイル(ウンブリア州産)を手に入れたのですが、今日いただいたようなシンプルなパスタは、私のような素人にはとても真似のできる料理ではありません。オイルが売り切れる前にあと1回はプレミアムオイルのパスタを味わいたいので、何とか都合をつけて早い時期に再訪問したいと思いました。

|
|

« 【インドカレー茶屋 にきる】さわやかな香りとやさしい味わいが魅力のカレーとデザートたち | トップページ | 【インド家庭料理 シンズ・キッチン】南インドセット&チキンビリヤニ »

西洋料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/50407397

この記事へのトラックバック一覧です: 【雨宮製麺所】年1度のプレミアム・オリーブオイル:

« 【インドカレー茶屋 にきる】さわやかな香りとやさしい味わいが魅力のカレーとデザートたち | トップページ | 【インド家庭料理 シンズ・キッチン】南インドセット&チキンビリヤニ »