« 【マドラスキッチン】ワダとマトン・メラグ・マサラ、ラッサムのライス漬け、そしてコブラ・グラスに感激! | トップページ | 【マドラスキッチン】今年最後のランチは、最高のビリヤニで締めくくれました »

2010年12月30日 (木)

【雨宮製麺所】念願の豆の煮込みに舌鼓、これは大人を唸らせる一品です

今日の夜は、雨宮製麺所で、いつものようにサイド2品とパスタをいただいてきました。

今日のお目当ては、時間がかかるという豆の煮込み料理をオーダーすること、そして2回目のプレミアムオイルのパスタです。

Pc302533_convert_20101231013530一品は、いつもの鯖のマリネに代えて、フルキッキ(鶏の冷製)サラダ添えです。冷製好きの私としては、それと聞いただけでワクワクします。一呼吸置いて口にすると、やはり期待どおり!鶏の変なクセは皆無、肉のやわらかさも適度、サラダも単なる付け合わせというレベルではありません。これが500円とは驚きで、1000円以上とってもおかしくないと思いました。

Pc302538_convert_20101231013626さて、次は、トリッパと豆の軽い煮込みです。豆は型くずれしない程度の煮込み具合で、かつ硬くない、しかも豆臭さがなく、それでいて豆の旨味が味わえる絶妙の仕上がりでした。それにハチノスのおいしいこと!当然のことながら内臓なので、赤身の肉の旨味はないのですが、それが豆と良く合っています。豆のほろ苦さとやわらかく煮込まれたトリッパの食感、塩味は控えめ、これは飽きない大人の味です。私が20歳代であれば、このおいしさは理解できなかったでしょう。酒が飲めれば、赤ワインをちびちびやりながらつまみたい一品です。

Pc302542_convert_20101231013648プレミアムオイルのパスタは、ペペロンチーノだとオイルの辛みが分からなくなるのではなどと考え、パルミジャーノとオイルと迷った挙げ句、やはり前回訪問した時、次はペペロンチーノと考えたことを思い出し、ペペロンチーノを選びました。

パスタが運ばれてきて、その場でさらにシェフがプレミアムオイルをかけてくれます。思わず生唾をゴクリとしてしまいました。このオイル、やはり、不思議な魅力があります。口の中でオイルがほのかに変化するというような感じがし、それでいて非常にフレッシュな感覚も持ち合わせているんです。

塩味とニンニクも控えめで、オイルのおいしさをよく引き立てた料理のしかただとも思いました。極端に表現するならば、これほどやわらかく辛みを引き立てたペペロンチーノはいまだかつて食べたことがありませんでした。

今日は最近のスイーツ摂りすぎを反省し、みむろ農園の無添加レモンジャム添えの牛乳ジェラートを次にとっておくということで我慢、パスタ2種を買って帰りました。

雨宮製麺所さんは、正月も通常どおり営業されるようなので、是非正月の期間に一度訪問し、新年の思い出作りをしたいと思っています。

|
|

« 【マドラスキッチン】ワダとマトン・メラグ・マサラ、ラッサムのライス漬け、そしてコブラ・グラスに感激! | トップページ | 【マドラスキッチン】今年最後のランチは、最高のビリヤニで締めくくれました »

西洋料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/50445623

この記事へのトラックバック一覧です: 【雨宮製麺所】念願の豆の煮込みに舌鼓、これは大人を唸らせる一品です:

« 【マドラスキッチン】ワダとマトン・メラグ・マサラ、ラッサムのライス漬け、そしてコブラ・グラスに感激! | トップページ | 【マドラスキッチン】今年最後のランチは、最高のビリヤニで締めくくれました »