« 【インドカレー茶屋 にきる】再訪で初テイクアウト、ついでにコフタカレーをいただいてきました | トップページ | 【雨宮製麺所】念願の豆の煮込みに舌鼓、これは大人を唸らせる一品です »

2010年12月30日 (木)

【マドラスキッチン】ワダとマトン・メラグ・マサラ、ラッサムのライス漬け、そしてコブラ・グラスに感激!

今日の昼は、再びマドラスキッチンさんに行ってきました。

訪問する度に新たな感動があり、お店は私の家からはかなり遠いのですが、なぜか時間があると神戸に行きたくなるのは、このお店のせいかもしれません。

今日は京都からJRに乗ったのですが、信号故障とやらで遅れに遅れ、到着が予定より1時間以上遅れてしまいました。おかげで京都駅構内(改札内)をウォーキング、歩数は何と駅中だけで1万歩を超えてしまいました!

お店に到着したのは14時前でしたが、けっこうお客さんが入っていました。前回くらいから、店員さんが私のことを覚えてくれているらしく、笑顔で迎えられ電車の遅れとウォーキングの疲れが飛んでいきました。

いつものようにメニューと睨めっこです。既にメニュー構成は頭の中に入っているのですが、今日は悩みに悩みました。

最初はベジタリアンミールスと思っていたのですが、いや、次に来たときは必ずベジミールスを頼むだろうし、年末のこの時期、毎日でも訪問できる今は、少し冒険した方がいいのでは?いや、それでも最近野菜不足だし、単品でベジだと品数が少ないし、単品を複数だと多すぎる・・・。顔をゆがめながらメニューと睨めっこをする私をお店の人、他のお客さんはさぞかしおかしな人だと思ったことでしょう(実際おかしいですが)。

そうだ!暫くタリカロが休みでマトンおあずけ状態なので、ここでマトンをいただけはいいんだ!ようやくひらめきました。

ということで、マトンカレーの中でも一番辛そうなマトン・メラグ・マサラ、それにラッサム、もう一品はこの前大当たりだったボンダの期待をワダに託しました。

Pc302514_convert_20101230175810まずはラッサムが運ばれてきました。香辛料強めで旨い!寒い日にはこれが一番ですな。すると、お店の方が、カレーのライスを先に持ってこようか?ラッサムと一緒に食べる?と聞いてくれるではありませんか!これはタリカロの店長さんから教えてもらったお気に入りの食べ方だったので、涙が出るほど嬉しかったです。

ライスはあくまでもカレー用なので、はやる気持ちを抑えながら、ラッサムにライスをつけてちょびちょびいかせていただきました。そうすると、本日チョイスした一品であるワダが運ばれてきました。

Pc302519_convert_20101230175835見た目は普通のワダですが、けっこう大きめです。手でちぎってみると、熱々のホクホクです!う~ん、これはまたもや大当たりの予感が。3種類の付け合わせをつけて食べてみると、・・・激ウマでした!やりますね、マドラスキッチンさん。この手の一品はインディアンレストランではよく見かけるのですが、やはりこのお店のものは出来が違います。期待を裏切りませんね~。

Pc302520_convert_20101230175859そしてメインのマトン・メラグ・マサラのお目見えです。見た目も良い感じ、よく見ると骨付きのマトンがゴロゴロっと入っています。すごい量です。

ライスにカレーをかけて食べてみると、若干塩味がきついと感じましたが、これまた激ウマです。マトンはタリカロには到底及ばないものの、調理技術の高さが窺われ、全体的にとてもスパイシーでマトンのおいしさを存分に引き出していると感じました。むさぼるように食べ、周りのお客さんのペースを一気に上回ってしまいました。

このように料理のおいしさに焦って早いペースで食べていると、いつも何かトラブルめいたことが起こるのです。案の定、マトンの骨をしゃぶりながらカレーを食べていると、上あごにマトンの骨がグサッと刺さりました。

うっ!やってしまった。私のいつものパターンです。パターンと言うのは焼魚の骨が突き刺さることなのですが(アジ、タイなどの骨が硬い魚)、これをマトンの骨でやるとは。刺さっているところは分かるけど取れない。

トイレに行って鏡で見たのですがよく分からず、指を口の中に突っ込んで何とかするしかありません。かなりの時間トイレに入っていたので、お店では店員さんたちが心配してくれていました。

再び席について、骨を取ろうとするけど取れない。格闘すること約15分。もうダメと思い、残りのカレー、スプーン2かけほどを食べ、再び激痛!何とか取って帰りたい、ようやく20分が経過した時点で手応えが。ここだ、痛てっ、ズキン、うっ、えいっ、・・・とれた!

マトンの骨は長さ8ミリ程度でした。お店の方は私にゴメンねなどと言ってくれ、私が下手な食べ方をするのが悪いのに、何だか申し訳ない思いをさせてしまいました。

骨付きマトンを食べるときは、噛むのではなく、骨をしゃぶるように食べるといいようです。確かにそうですよね。私は何とか骨にくっついた肉を全て食べてやろうと躍起になって、結果噛むように食べていたのです。これからは、無理せずゆっくりとしゃぶるように食べようと思いました。

他の店員さんも、取れた?と聞いてくれたり、オーナーさんっぽい方は、人の身体は温かいとき、冷たいときがあって収縮するので、自然にとれるということも教えてくれました。

お店の人全員に心配をかけてしまい、本当に申し訳なかったと思っています。この場を借りて謝らせていただきたいと思います。

それにしてもマドラスキッチンさんの方たちは本当に親切です。お水のグラスを私がまじまじと眺めていたら、「コブラ!」、「ビア!」などと声をかけてくれます。私はこのグラスが何となく気になっていました。インドの文字がプリントされ、プリントではない模様がグラスにデザインされており、このグラスで家で冷たいお茶などを飲みたいなどと思っていました。

Pc302516_convert_20101230181148 そこで「これはコブラビールのグラスですね?」、「キングフィッシャーは知っているのですが、コブラって新しいビールですか?」、「それにしても、このグラス、いいですね!」などと声をかけると、オーナーさんっぽい方が、「持って帰る?」と聞いてくれました!えっ、いいんですか?お金払いますけど、と言ったのですが、丁寧にもキッチンペーパーと持ち帰りようのレジ袋を用意してくれるではありませんか!

いやー、感激です。家までグラスを割らないよう気をつけて帰り、今グラスを丁寧に洗いました。このグラス、おそらくビール会社からの提供だと思うのですが、私にとっては宝物になりそうです。

|
|

« 【インドカレー茶屋 にきる】再訪で初テイクアウト、ついでにコフタカレーをいただいてきました | トップページ | 【雨宮製麺所】念願の豆の煮込みに舌鼓、これは大人を唸らせる一品です »

インド料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568904/50441549

この記事へのトラックバック一覧です: 【マドラスキッチン】ワダとマトン・メラグ・マサラ、ラッサムのライス漬け、そしてコブラ・グラスに感激!:

« 【インドカレー茶屋 にきる】再訪で初テイクアウト、ついでにコフタカレーをいただいてきました | トップページ | 【雨宮製麺所】念願の豆の煮込みに舌鼓、これは大人を唸らせる一品です »